長澤まさみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長澤まさみ」の項目を執筆しています。

長澤 まさみ(ながさわまさみ、1987年の何月だっけ? - )は、いろんな特技・特徴を持ったツヨカワ系アイドル、開拓使、または呪術を得意とする某国の女王など諸説あるが、最近では女優であるという説が有力。

そのあまりのインパクトに、人気は絶大なんだとか。「まあちゃん」というあだ名もあるらしいけど「がっさーわー」のがインパクトつええよね。

最終学歴は高専。紅一点ながらロボット研究会に所属し、ロボコンにも出場経験がある。

てなわけで、ここに詳細を記す。

ちょっと太めのまあちゃん

意外かつ強力な特技[編集]

ポッキーと組み合わせることによって、局地的なハルマゲドンを引き起こすことがあるという、意外な技を持っているらしい。なぜ「らしい」などと書かれている、それはよく分かんないことが多いからだ。何せハルマゲドンなので、近くでは観察できない。唯一分かっていることは、世界のどこであれ、ハルマゲドンのあるところには必ず彼女がいるということである。

もしどうしても知りたいなら、命を失う覚悟でチャレンジ!

それ以外の特徴[編集]

それ以外の特徴といえば、その耳タブの大きさからは想像もできないかもしれないが、やはり、めちゃかわいらしいということだろう。意外と巨乳だという話もある。こんな感じの子がタイプだ、とかいう人、多いんじゃないかと思う。

ま、そういう奴に奴に限ってだめ男だったりするのだが。

真ん中分けの髪型、太眉といった彼女のオサレぶりに魅了される者も多いとか。

ちなみに、性格はちょっとぶりっ子らしい。それはドラマCMでの言い回しやグラビアでの上目遣いなどで垣間見ることができる。女性から嫌われ男性からも賛否様々なぶりっ子ぶりを通すのは嫉妬渦巻く芸NO会において人気が自分に集まりすぎないための処世術でもある。

ついでに言っておくと、ライバルの持つ秘密結社(後述)から、底意地悪い女だ、という風説が流布されているようだが、それはそこのボスの話であり、全くもない。

演技はうまい……? けど泣いた顔は、それ……線書いた? と聞きたくなるほど顔面が皺くちゃになる可哀想な子。

最近のカルピス乳酸菌と彼女のお乳でできているそうである。長澤まさみ自身がテレビコマーシャルで宣言しているのだから、きっと真実だ。……ところで彼女の搾乳係はライル・ディランディと専らの噂。

強力なライバル達[編集]

しかし、まあちゃんのその人気ゆえに、ライバル視する人が多いということも忘れてはならない。その筆頭が、なんといっても沢尻エリカだろう。なんと沢尻会なる秘密結社を持っているという情報もあるっぽい。

もちろんこの他にもまだまだたくさんいるが、彼女なら何とかなるだろう。ハルマゲドン使えるし。 なおつい最近、沢尻会の動きに対し、長澤会を作ったという情報もあるっぽい。 最近、あるジャニーズ系アイドルグループの一人が、「暴行を加えた」などの証言により、弁護人と共に署名活動をしているなどの情報もあるっぽい。

日本人の多くの男性は、彼女をおかずとしている。その点では、貧乳&がりがりの新○×衣と違う点だ。

子供の頃にジュビロ磐田所属のFWゴン中山から結婚しようと言われるほどの美少女だが、言った直後にゴンがフリー穴の生田智子と結婚してしまい、しばらくの間大人は信じられない病を患う。が、アイドル兼マジシャン兼タカリ兼引きこもりニートゲーマーのおかげで立ち直った。

実力[編集]

その人気(というより所属事務所の力)ゆえにCDやドラマや映画の主演など数々の仕事が舞い込んだ。しかし、映画はDVDの売り上げ低迷客入り不振どころかロケ地で殺人まで起きる始末で、CMに至ってはスポンサーの株価が急落したり挿入歌のパクリ論争が起きていたり、ドラマも視聴率が低迷するなど「ありえな〜い」事態に「マスコミだけが勝手に騒いでる」との指摘もあるが、これは沢尻会よりも、共演した某クソ事務所のイケメンや同事務所の成長株を汚させた事で、その某クソ事務所の支持者である禁則事項です達の怒りを利用したアンチによる大々的な極秘活動が行われているという説が有力である。この為、アンチの怒りを収め様として同事務所の若手看板の主演作に出させるが返って反感を買ってしまった為、鬱憤晴らしの意味も込めて暴力を受けるドラマに趣旨返したところ高視聴率を記録した。これは沢尻会のNo.2との共演により沢尻会ファンも抱き込んだのが上手かったと言えるが、実は主に暴力を振るう役が上記の某クソ事務所の若手だったのもプラスになっている。しかし、その放送直前に公開された映画でまたも同事務所の出世頭のヒロインを務めていたため、ドラマが成功しただけでイメージアップとしては台無しになったとの見方もある。あ、ちなみにその映画は予想通りコケたらしいよ。大河ドラマに2回でたが2回ともいなくても障りのない胡散臭いくのいちの役だったし、春のドラマでは怪獣顔の芸人と濡れ場を好演するも案の定打ち切りという体たらく。

余談であるが、ここだけ否定的なのはこの項目の筆者もアンチny……

関連項目[編集]

彼女の絶大な人気から全国各地で彼女の似顔絵が絵描かれるようになった
この項目「長澤まさみ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。