長岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「長岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「長岡市」の項目を執筆しています。

長岡市(ながおかし)は、新潟県中越地方の中心都市、じゃなかった、「米王国」で有名な魚沼県の県庁所在地だっけ。

地勢[編集]

信濃川流域に位置する城下町。城主はの蓄えが無くては暮らして行けない程の心配性で、中央の権力者に米百俵を貢いでいるそうな。

城下町と言っても、二度の戦災(戊辰戦争の市街戦とリアル第二次世界大戦の空襲)により、長岡城をはじめとする古くからの遺構はほとんど焼け落ちており、城跡などを示す記念碑や「大手通」「殿町」「城内町」といった町名にしか城下町としての名残は見て取れない。郊外(といっても現在は住宅開発がかなり進んだが)の悠久山に城があるという人は騙されてはいけない。それは戦後に建てられた郷土資料館である。

平野部だが日本でも有数の豪雪地帯で、住民は冬になれば雪かきを強いられる。まれに首都圏が数センチの積雪で「大雪」と非常事態宣言を出し騒いでいるが、長岡市近辺で数メートルの大雪が降っても毎年のことであると見向きもされない。住民はこの点に不満を持っており、毎年一致団結して「ソイガーソイガー」と祈祷を行い首都圏に積雪をもたらす。首都圏の鉄道が麻痺するのもこの祈祷のため。

長岡は元来、内陸に位置する都市であったが、市町村合併によって寺泊を獲得し日本海に進出、寺泊・赤泊両港を結ぶ「両泊(りょうどまり)航路」によって、佐渡島にも勢力を伸ばしつつある。

余談であるが、長岡市に波浪警報が出た場合はそれは寺泊限定である。

戦略[編集]

偉大なる同志、森民夫(シン・ミンプ)総書記の指導の下、富国強兵を図り、弊政の廃仏毀釈に乗じて近隣市町村を一気に編入した。編入された自治体は、経済的・インフラ的な恩恵を受けておらず、長岡市は中核市を目指す上での人口条件パスの為の数合わせを行ったに過ぎない。その為、人口僅5000人で財政難の川口町には、川口側から合併協議を持ちかけられたが、たいした興味を抱かず、あっさり蹴った。

現在、長岡市は特例市へ移行を果たし、中核市へ移行を目指し併合の触手を更に延ばしつつある。特に、長岡による併合を逃れた見附市・小千谷市に再び併合工作を仕掛ける可能性が高い。

市民性[編集]

県庁所在地である事から、その市民性は、近隣他市町村を劣等と見なし、自らを優等と考える中華思想の典型である。特に併合をする事が出来なかった見附市・小千谷市に対する偏見は根強く、何かにつけて、こうした近隣市町村を「田舎」と呼び罵倒している。ただし隣接する新なんとか市には頭が上がらない。また、とっくに過ぎ去ったラーメンブームに未だにしがみついており、長岡のラーメンと花火は世界一と自負している。

その為、ラーメンと花火の話題で長岡以外の県内市町村が取りあげられる事に嫉妬する市民が多い。

交通[編集]

日本海側を「裏日本」って蔑む東京の権力者にきつ~い一発を食らわせた田中角栄の地盤だったせいか、日本海側同士と太平洋側の双方への高速交通網が比較的早く整備された。

「上り」といえば首都・東京の方角だが、日本海側では長岡(沿岸なら柏崎)の方角だ。これは、新潟鶴岡から東京に行く方向、春日山富山から東京に行く方向が、長岡で合流するため。なもんだから、長岡市民には「自分たちが日本海側の交通の中心地だ」という自負が強いようだ。だが、実際は東京と京都から等距離の商工業観光環境未来都市富山が、政治的に成長してきた新潟や金沢を差し置いて飛躍的な成長を遂げている。マイヅラーにも同じ特徴が見られるが。たまに阪急京都線がくる。茨木市から特急に乗ればすぐそこだ。

産業[編集]

季節限定の娯楽として花火が有名である。長岡には花火職人が多く、毎年8月にはスターマインが宙を舞っている。実はこの「スターマイン」は、中距離ミサイル内蔵偵察用衛星であり、宇宙からの侵略者の即時発見に役立っている。 花火の最後の方に上がる「不死鳥」といわれる花火では、比良原亜夜蚊の『木製』という音楽にあわせて上がる。市民はこの時代遅れの音楽を聴かされ悲しくなる。この花火を打ち上げるにあたり実行委員会が組織され、市民から金を巻き上げる。大半は公務員の給料になる。

尚、毎年打ち上げられる三尺玉が、国威昂揚を目的とした核弾頭の実験であることはいうまでもない。河原に捨てられた雪が河を塞いでダムと化すほどの豪雪だろうと、日本海側最大規模といわれる中越地震中越沖地震が立て続けにおころうと、びくともしない長岡市民の精神構造は、脳への被爆と密接な因果関係があると思われるが、被爆を経験していない県民が無きに等しい為、比較対象が行えず調査は一向に進んでいないのが実情である。

観光施設・娯楽施設[編集]

青少年文化センター[編集]

  • レトロな機械がタダで遊べてプールやプラネタリウムを兼ね備えた長岡の娯楽施設

長岡市立科学博物館[編集]

  • 科学博物館と言っても子供が想像するようなロボットや宇宙ロケットなどの展示は無い。

国営越後丘陵公園[編集]

  • 元々は日本がバブル経済のときに金が余っていた佐藤工業が長岡スペースネオトピアというテーマパークを建設する予定だったが、その後、バブルが弾けて佐藤工業も経営が苦しくなりテーマパークの建設を辞めてしまい長岡市が土地の再活用をすることになったが市も金が無いので色々と考えた結果、木と植物を植えるだけで誤魔化した大型公園。


この記事、長岡市田中角栄先生のお力でもう既に完成に近づいています。球団を誘致する時間資金人脈があるなら他の北陸地域と出羽地域開発してください。北陸新幹線出羽自動車道といった公共事業等は未だに完成、あるいは解決しておりません。 (Portal:スタブ)