長尾為景

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長尾為景」の項目を執筆しています。

長尾 為景(ながお ためかげ)は、かの有名な上杉謙信の父である。非常に慈悲深い武将として知られている。

生涯[編集]

英雄誕生[編集]

永正4年(1507年)、越後の魔神上杉房能から虐げられ不遇の日々を過ごしていた上杉定実を救うべく房能に反乱を起こした。その後、関東の大魔神上杉顕定が攻め入った時も、定実を棄てて逃げることも出来たにも関わらず忠臣・為景は定実を守り続け、やがて顕定をも斃すことに成功した。顕定が橋の下で拾って育てていた上杉憲房は「長尾為景は人々が恐れていた大魔神を二体も滅ぼした。敵ながら天下に比べもののない英雄である。」と評している。 しかし上杉定実は温室育ちだったため周囲の奸臣に惑わされやすく、一族や重臣を糾合して為景の排斥を狙って挙兵した。為景はなんとか春日山から脱出したが、忠信を誓った定実に討伐されかけたショックは大きかった。乱を鎮圧した後には、定実の未来を案じて自身の館に幽閉した。

テロリストとの戦い[編集]

心優しき為景は、越中国の支配に困る畠山氏からの相談にも応じた。つまり越中ひとつろくに支配出来ないロクデナシのために無償で越中国の支配をお手伝いしようというのである。隣国の好とはいえ上杉謙信も真っ青の義将である。そのためには越中国の癌・神保慶宗を討伐する必要があったが、彼は父・能景の仇でもあった。為景は「右の頬を叩かれたら、左の頬を向けなさい」の精神で慶宗への遺恨を忘れようとしていたのだが、この事に同情した同志長尾房景の助けがあって、無事討伐は成功した。

かねてより慈悲深さを伝えるエピソードには事欠かない為景だが、この時の合戦で身内の者を多く失い嘆き悲しむ房景に送った手紙は特に有名である。

「今回の合戦で各々が討死され、嘆き悲しまれていることはお聞きしました。しかし負け戦でさえ合戦のならいはそのように悲しむものではありません。まして今回のような勝ち戦の討死ならなおのこと、決して嘆くものではありません。特に若い人はこれからの事を祝うものです。傷心などしてはいけません。」

要約すると「若いんだから家族が死んだくらいで泣くな。祝え。」ということである。戦国の世でこのような細かい心遣いをみせる武将は稀であり、これも為景の特殊なまでの慈悲深さを示している。

永正18年(1521年)、為景は越後国内に一向宗の禁制を発した。内容は一向宗徒を黙認する者は即死罪あるいは改易という大変厳しいものであった。しかし誤解してはならない。これは宗徒を人とも思わぬ自爆テロ軍団である当時の一向宗から領民の安全を守ろうとしたものなのである。その後、為景は越中・加賀に蔓延る一向宗徒に対し、再び正義の戦争を挑んだが、やがて平和を願う心から和睦した。

為景を慕う人々[編集]

為景の人柄は関東や京都にも広く知れ渡っていた。関東では北条氏綱扇谷上杉朝興が為景を巡って戦争を起こしていた。氏綱は為景を落とすためになりふり構わず贈物を贈り、親しみを込めてあだ名で呼んだりしたが、これが高潔な為景にとっては媚を売る下賤な行為に思えたのだろう。為景は朝興のものとなった。このことにショックを受けた氏綱は病気になってしまい湯治療養をしていた記録が残っている。

大永7年(1527年)に為景に男児が誕生した時には三条西実隆も我が事のように大変に喜び、為景に祝いの品を贈った。決して青苧座の公事をしっかり納めろという無言の圧力などではない。

最期[編集]

以上のように為景は常に人のために生きることを信条としていたが、その高潔な精神は欲深い国内の武将たちにはなかなか理解されなかった。

上条定憲(一説には大魔神上杉顕定の子、つまり悪魔の子であるという)はそのような欲深き武将たちを糾合し為景に戦いを挑み、遂にこれを打ち破ったのである。それはまさに正義が悪魔に敗北した瞬間であった。

関連項目[編集]


Korsk.png この項目「長尾為景」は、執筆者が途中でサジを投げてしまったので、今はまだクソの山です。スプーンを曲げてくれるエスパータイプのポケモンを求めています。 (Portal:スタブ)