長宗我部盛親

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

長宗我部盛親(ちょうそかべ もりちか)とは、戦国時代末期に京都で寺子屋の先生をやっていた一般人である。あの長宗我部元親の四男だが、戦国武将でもなんでもない。ただの一般人にも拘らず、大阪の陣の後、江戸幕府に「豊臣秀頼に荷担していた」という無実の罪をでっち上げられて、一族共々処刑された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長宗我部盛親」の項目を執筆しています。

生涯[編集]

1575年、土佐の戦国大名、長宗我部元親の四男として生まれる。長男の長宗我部信親がいたため盛親に家督相続のお鉢は回ってこなかった。その信親は仙石秀久の無謀な突撃に付き合わされて戦死してしまい、次男の香川親和も病死してしまうが、まだ三男の津野親忠がいたため、盛親は家督相続とは無縁の存在であった。

家督相続に縁のない盛親は、親元を離れて自立し、京都で寺子屋の先生として活動し食い扶持を稼いでいた。長宗我部家の出身だが、長宗我部とは無縁の存在となっていたのである。関ヶ原の合戦の前後、長宗我部家中では揉め事が起こり、その混乱の中で親忠は何者かに暗殺される。

この時盛親は京都で寺子屋の先生として活動しており、親忠暗殺には一切かかわっていない。しかしどういうわけか、彼が暗殺の首謀者だったということに、後世の歴史では断定されてしまっている。当主を失い混乱を極めた長曾我部家は自浄作用がなく措置なしと判断され、改易されてしまった。

もっとも、寺子屋の先生として自立していた盛親には全く関係のない出来事である。

その後も盛親は寺子屋の先生として活動していた。教え方が上手であり生徒の評判は極めて良かった。しかし、15年後の1615年、大阪の陣が勃発すると、その戦役の後、どういうわけか盛親が豊臣秀頼に荷担していたということにされ、無実の罪をでっち上げられ、他の長宗我部一族共々処刑されることとなった。

誣告について[編集]

盛親は全くの無実である。しかし、何故彼は兄を殺しただの西軍に荷担しただの、ここまで罪をでっち上げられ、処刑されてしまったのだろう。

藤堂高虎が暗躍したという説が有力視されている。高虎は、殺された盛親の兄貴である津野親忠と友人であった。しかし、久武親直など、一部の家臣は親忠を当主として認めず、盛親を呼び戻して当主になってもらいたいと考えていたのだ。親忠暗殺も、暴走した親直らの仕業だと言われている。友人の親忠を暗殺された高虎は、背景には盛親の暗躍、策謀があったに違いないと判断し、あることないこと徳川家康に吹聴、その結果、盛親=兄殺しの悪党、豊臣軍のスパイという認識が定着し、最終的には処刑されたと考えられている。

もう一つの理由として、真田幸村後藤又兵衛ら、大阪の陣で豊臣秀頼に味方した浪人達と友人関係にあったことが根拠として有力である。こいつらと昵懇の仲だから、豊臣の味方に違いない、そう安易に判断して、幕府は盛親を処刑したのである。

後世における捏造[編集]

20世紀になって、有名な小説家の司馬遼太郎が、彼を主人公にした小説、「戦雲の夢」を執筆した。この小説の中では、盛親が兄親忠を暗殺した、大阪の陣で西軍に荷担したというデマが採用されている。有名小説家である司馬の作品であったため、相応の人に読まれた。一般人は歴史を調べる時どの史料が信頼できるかなんて考えず、小説でも平気で情報源として扱う。その結果、虚構だらけのこの作品は「史料」として巷間に浸透してしまい、盛親は兄殺しの大罪人で大阪の陣で豊臣に荷担した時勢の見えない馬鹿という誤謬が定着してしまうこととなる。司馬遼太郎の罪は大きい。

関連項目[編集]