長妻昭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長妻昭」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「長妻昭」の項目を執筆してくれています。
この方は失脚しました。
亡くなってはいません。

長妻昭(ながつま あきら)は日本政治家クレーマープロ市民

政府追及の実績[編集]

この人黙ってたことあったっけ?

長妻は民主党衆議院議員として、政府の失政を厳しく指弾している。その手法として特筆すべきは、とくに膨大な質問趣意書を作成することである。政府・与党が長妻の質問に答えていく中で、失政や不正が暴かれるのである。その中でも代表的な例を紹介する。

消えた年金問題[編集]

長妻は「ミスターネズミ講年金」の異名をとり、いわゆる「消えた年金」問題を厳しく追及している。この追及によって柳沢伯夫は、消えた年金が5,000万件に達することを認めた。また舛添要一は3~4ヶ月で名寄せを完了させると発言しながらこれを断念したことについても厳しく批判した。年金記録の消失は老後の生活に大きく影響し、とくに低所得の高齢者の不安は大きい。長妻はまさに国民の怒りを代弁している。

ちなみに長妻は柳沢・舛添両大臣に対して再三再四、どころか再百再千くらいねちねちと年金の質問をしている。社会保険庁および厚生労働省はこれに対応するために、年金記録の名寄せや国民からの問い合わせにあたる職員を減らし、長妻への答弁書を作成している。とくに質問が厳しさを増した2007年12月以降は、名寄せを担当する職員をすべて国会対応に駆り出している。もしこうした対応が不必要であれば、名寄せは2008年3月中には完了していたとみられている。

一連の雑務から解放されている公務員もいることが最新の調査で判明している。長く高級官僚とバトルを繰り広げてきた自治労メンバーである。彼らは、タイピング業務がもたらす過労、定時帰宅の徹底などの主張が認められ、名寄せ・記録建て直し業務への関わりを免除されている。ただ、勤務時間中に他コルホーズで労働談義に従事するヤミ専については、国家経済を大いに刺激するものとして参加が奨励されている。

道路特定財源問題[編集]

道路特定財源国土交通省の使途不明金となっていることも多い。また、その財源は揮発油税などであり、地方在住者や農業従事者など低所得者の負担が大きいことも問題となっている。そもそも日本は無駄な道路を造りすぎなのであって、それもこれも道路特定財源という莫大な財源を国土交通省に与えるからいけないのである。……といった指摘を重ねている。行政の無駄をなくせという国民の思いを代弁している。

ちなみに長妻が所属する民主党は高速道路の無料化を公約に掲げている。日本の高速道路にはただでさえ物流面での国際競争力がないのに、これ以上渋滞を増やそうという公約である。また、ソウルなどアジアの主要都市と比較しても首都圏の高速道路はまだまだ整備すべきところが多い。加えて高速・一般道を問わず、橋梁やトンネルを中心に大規模な改修・補修をすべき時期にある。道路の耐震化もまだ進んでいない。このように財源が不足している中で、道路への予算を削減して、おまけに高速道路の無料化を推進して収入自体を減らそうというのが長妻ら民主党の主張である。

タクシー券の問題[編集]

霞ヶ関や国の出先機関にはタクシー券が大量にストックされていて、職員が頻繁に使っていると言われている。その額は億をはるかに超え、政府支出を少なからず増大させている。これはまさしく無駄な出費であって、血税を納める国民を馬鹿にしている。長妻はここでも民意を代弁する。

ちなみに長妻はこのタクシー券の問題でも各府省に何度も何度も詳細な説明を求めている。普通は衆議院の委員会の前日正午までに質問趣意書を提出するのだが、長妻の場合は数百ページもの質問書を前日の深夜に各府省に投げるのである。そこから調査・資料整理・答弁作成にとりかかる大勢の職員は、当然のごとく未明まで帰れない。あるいはさらに人手が必要で、夜更けに急遽職員を呼び出すこともある。電車も走っていないその時間に……もうこれ以上言う必要はないであろう。長妻の質問に答えるためだけに使われたタクシー代は数千万円に上ると見積もられている。

そもそも官僚は[編集]

そもそも官僚はロクな仕事もしないくせに口ばかり達者で、手当てはしっかり稼いですぐに外郭団体に天下る。長妻の攻撃は止まらない。官僚は信用ならない。官僚の不正をただし、官僚主導の政治は今すぐやめさせるべきである。長妻は語調を強める。自治労メンバーの責務であるサボタージュを取り締まろうとするエリート公務員はもう許せん。どんどん整理し、給与も厳しく見直すべきだ。長妻はさらに語る。

ちなみに日本政府をひとつの会社にたとえるならば、国会議員取締役、官僚は従業員ということになる。その役員が毎週朝礼に出てきては、「私は君たち従業員のことは端から信用していない。だから君たちからの意見は今後聞かないことにする。経営は我々役員の仕事だから、君たちは首を突っ込まないように。それから、君たちの存在自体が会社にとって利益になっていない。ついては近々リストラを実施しようと思っている。運よく残れたものもボーナスは支給しないからそのつもりで。あと自治労に触れんな」と話すのである。そんな会社、どこにあるだろうか

長妻を抱える民主党[編集]

長妻の論調は、以下の2点に集約される。

  1. 政府の施策はどれもこれも間違っている
  2. 公務員は信用ならない、無駄である

1点目は、なにも目新しくない。日本社会党日本共産党など、はじめから政権を取る気などない、ただ政府批判することに存在意義があった野党の論調である。2点目は上で述べたように従業員をけなす経営者の発言である。

厚生労働大臣[編集]

まずは霞ヶ関の大掃除からだ!!(キリッ

鳩山内閣では当初、長妻を行政刷新会議担当相に就任させる方向で調整が進んでいたのだが、長妻本人が年金関係のポストを熱望したため、長妻が厚生労働大臣に就任することになった。

初登庁で「これまでに溜まった垢や膿を出し切る」 「100年間の官僚の歴史があるから、改革は容易ではない」と職員たちに喧嘩を売り、拍手や花束贈呈のセレモニーを省略された。戦々恐々とする職員を前に、民主党のマニフェストを掲げ「これは国民との契約書」などと訓示した。

しかし、すぐに就任前の威勢の良さはどこかにいってしまい、「私は年金しか分からないんです。いろいろ教えていただけませんか」と前任者である舛添要一に泣きついた。長妻を憐れんだ舛添要一は懇切丁寧な引継ぎを行ったばかりか、大臣室に局長らを集め「長妻氏をいじめるな。国民のために支えてあげてほしい」と要請、独自の人脈でつくっていたブレーン集団もそのまま引き継いだのだが、舛添要一の配慮も空しく、「政治主導」とか言ってしまった手前なんでも自分で抱え込んでしまうことになり疲労困憊している。耄碌ジジイに「ダメな大臣の名前を挙げよう。長妻だ」などと陰口を叩かれっぱなしである。かつての長妻であれば「財務省の官僚たちの意のままに動いているご老人には引退してもらいたい(キリッ」などと反駁していたであろう。最近では、職員たちに、野党からの想定外の質問に「しっかりとメモを入れ、大臣をサポートすること!」という指示を出しているという。マニフェストに至っては財源無視の杜撰さが明らかになりつつあるので、「国民との契約」が履行されるかは雲行きが怪しい。

消えた大臣問題
自分が荷物であることを自覚しており、2009年10月15日夜の2010年度予算概算要求に関する記者会見をすっぽかして貨物用エレベータに乗って帰宅した。
落ちた書類
大臣室に局長らを集めた際、机の書類が床に落ちたことがあった。「上に立つ大臣は取っちゃいけない。君たちが拾わなきゃいけないんだよ」。長妻大臣はそう告げた後、自分で拾いはしたものの、「本当は私とあなた方はそういう関係です」とみなにクギを刺した。
厚労省の目標
「厚生労働省の目標」と題する、民間の一流企業並みのマニュアルを策定し、全職員に配布。
「子どもの昼寝に敷布団が必要か? 床に直接寝かせればいい」
担当部局と保育所の設置基準面積の緩和を議論した際、そう言い切った。子どもを床に雑魚寝させれば1人当たりの基準面積を小さくでき、その分保育所を増やすことができるとの趣旨だった。出席した幹部はみな、民間企業並の発想力に、目から鱗が落ちました!と感服した。
「おばあさんは、おかゆが好きなんですか」
老人施設で食事介助を体験した時、そう問いかけた長妻氏に、女性は「歯がないからね。おかゆしか食べられないのよ」と諭すように答えた。
ハローワーク職員に名刺義務化
「名刺を渡した結果、つきまとわれて殴られたり灯油をまかれたりするのは、民間企業ではあたりまえのこと」と、ハローワーク職員に名刺義務化を強要。
卒業アルバム(カルタ付き)
失脚後発行された厚生労働白書にはありし日の彼の活躍を写した写真が13ページにも渡って掲載されており、娯楽にも配慮して付録としてカルタが添付されていた。一流企業と遜色の無い広報誌であり、有意義な費用の使用法と考えられている。

家族[編集]

上記のように、特定民族を敵視・迫害してきたいつぞやのドイツの独裁者のごとく、政治家人生を通じて公務員を敵視し、迫害を続けてきた長妻だが、なんと驚くべきことに実の父は元・警視庁幹部(世田谷警察署長)。れっきとした地方公務員なのだ。ビックリ。

しかも、もっと驚くべきなのは、父は退職後、大手鉄道系建設会社の部長として再就職している。これって、長妻センセが「死に値する大罪」として批判し続けてきた天下りとどう違うんだろう?と誰もが首をかしげてしまう。ある意味、世襲政治家を批判しながら自分の息子を選挙に出したミスター居眠りよりハイレベルかもしれない。

ちなみに、長妻の大臣就任直後、お父さんは「長期にわたって地方公務員としてよくがんばりました」ってことで民主党政府から勲章をもらったんだって。

関連項目[編集]