鏡開き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鏡開き」の項目を執筆しています。

鏡開き(かがみびらき)とは、毎年1月11日に行われることが恒例とされている鏡餅の一斉在庫処分である。この日は三食全て餅ということも平然と行われるので日本国民の頭痛の種となっている。

年末に大量販売された鏡餅は、ほとんど全ての品が翌年1月11日が賞味期限となっており、賞味期限切れの餅が出ることを防ぐため全国共通で1月11日に鏡餅を食べてしまうことが法令で定められた。

用いられる鏡餅[編集]

昔は丸い餅を2段重ねにしただけの鏡餅が用いられていたが、最近では鏡餅の形をしたトレイの中に餅の小さな破片を詰め込んだ物を販売する悪徳業者が増え社会問題となっている。この形式の商売を初めて行ったのは「サ○ウ」と思われる。

なお、この際詰め込まれる小さな餅も賞味期限ギリギリの品が多く日持ちはしないので1月11日に食べつくすことが重要とされる。

関連項目[編集]

  • 正月
  • 1年
  • 赤福:1月11日に残った餅は再利用するため、鏡開きとは無縁の企業