かまくら幕府

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
鎌倉時代から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かまくら幕府」の項目を執筆しています。

かまくら幕府とは、かつてあったかまくら製の王朝(幕府)である。棟梁の姓から、源北条王朝(みなもとほうじょうおうちょう)ともいう。

キャッチコピーは「いざ、かまくら」。

概要[編集]

やかまくらが大好きな源頼朝は、皇族に変わって政権を手に入れたのを機に「かまくらで政治を行いたい!」という強い願望を持つ。そこで頼朝は、日本中の雪を持ってくるよう全国に指令、雪は北陸、東北を中心に大量に頼朝のもとに集まり、その後地元の住民を総動員してかまくら100棟を建設させた。こちらは1192年「いい国作ろう」の年に竣工。

その後三代にわたって源氏が管理人を勤めるが、かまくらが夏に融けてしまうなどの不祥事が続き、直系は断絶する。以降、摂関家ないし皇族から名目上の管理人を招聘し、北条氏が代行を務める体制が続いた。

歴史[編集]

  • 1185年 - 源頼朝が平家を殲滅し、新国家の成立を宣言。
  • 1192年 - 源頼朝がかまくら100棟を完成させ、ここに入る。
  • 1203年 - かまくらの管理に疲れた当時の管理人・源頼家が過労で倒れ、源実朝が管理人を継ぐ。後に病が癒えた頼家は管理人の地位を返すように要求するが、そのゴタゴタのせいでかまくらのほとんどが融けてしまうという始末になったため、北条氏によって暗殺される。
  • 1219年 - 源実朝が暗殺され、7年の間かまくらの管理人不在となる。
  • 1221年 - 大の雪嫌いで有名な後鳥羽上皇は「かまくら撲滅計画」というとんでもない発表をする。結果、この頃のかまくらの管理人代行であった北条義時雪合戦を行うが、雪嫌いの上皇が勝てるわけなく、あっさり敗退。結果、京都に「六波羅探題」というかまくらが出来てしまった。
  • 1232年 - 北条泰時、かまくらの管理方法についてまとめた「御成敗式目」を発表。
  • 1243年- かまくら大仏が完成する。当時は大仏を覆うかまくらも建設されていたのだが、当然の事だが既に融けてしまい現物は存在しない。ちなみに大仏自体は雪像ではなくて銅像だったので、今でも存在する。
  • 1274年 - おとなりの国が「日本の天皇の威厳が下がったのはかまくらのせい」というトンデモない言いがかりをつけて幕府軍と雪合戦を展開。おとなりの国側は巨大な雪玉「てつはう」を使って幕府軍を苦しめたが、途中で猛吹雪になり幕府側が有利なまま中止。1281年にも同様な雪合戦が展開された。
  • 1297年 - かまくらの建設で生じたローンを帳消しにするサービス「徳政令」を発表。
  • 1333年 - 後醍醐天皇らプロジェクトチームの捜査の「幕府が使用しているかまくらは、夏場は融けないように業者を使ってかまくらを保全していた。だから夏でも解けて崩壊しなかった」との発表に基づき、この年に熱い戦いをかまくらで展開。結果、夏場だと言う事もあり業者の対応が間に合わない全てのかまくらは解けてしまい。政治が不可能に(事実上の崩壊)。

その他[編集]

北条政子 - かまくら大好きな尼。かまくらの中で発表した「皆のものよく聞け、これが最後の言葉である。頼朝公がかまくら建設に掛けた金は、かまくらの気温より高く、かまくらの数よりも多い」という愚痴言葉はあまりにも有名。「この言葉に涙した」ともよく書かれるが、この涙は政子の愚痴言葉に共感出来すぎたが為に、感極まり涙したのである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

後世の評価[編集]

作家の海音寺潮五郎は、「かまくらで政治をやるなんて面倒な事をするくらいなら、幕府なんか作らなくても良かったのに」と、批判している。

歴代管理人[編集]

氏名 院号 官位 在職期間 出身家 享年 墓所
1 源頼朝
みなもとのよりとも
- 正二位権大納言 建久3年(1192年7月12日
- 建久10年(1199年1月13日
河内源氏 53 大倉法華堂
白旗神社
2 源頼家
みなもとのよりいえ
法華院 正二位左衛門督 建仁2年(1202年7月22日
- 建仁3年(1203年9月7日
河内源氏 23 修禅寺
3 源実朝
みなもとのさねとも
大慈寺 正二位右大臣 建仁3年(1203年9月7日
- 建保7年(1219年1月27日
河内源氏 28 寿福寺
白旗神社
4 藤原頼経
ふじわらのよりつね
- 正二位権大納言 嘉禄元年(1226年1月27日
- 寛元2年(1244年4月28日
藤原氏九条家 39 -
5 藤原頼嗣
ふじわらのよりつぐ
- 従三位左近衛中将 寛元2年(1244年4月28日
- 建長4年(1252年2月20日
藤原氏(九条家) 18 -
6 宗尊親王
むねたかしんのう
- 一品中務卿 建長4年(1252年4月1日
- 文永3年(1266年7月20日
皇族 33 -
7 惟康親王
これやすしんのう
- 正二位左近衛大将
二品
文永3年(1266年7月24日
- 正応2年(1289年9月14日
皇族 63 -
8 久明親王
ひさあきらしんのう
- 一品式部卿 正応2年(1289年10月9日
- 延慶元年(1308年8月4日
皇族 53 -
9 守邦親王
もりくにしんのう
- 二品 延慶元年(1308年8月10日
- 元弘3年(1333年5月22日
皇族 33 -

歴代管理人代行[編集]

氏名 官位 在職期間 享年 出身家
1 北条時政
ほうじょう ときまさ
従五位下
遠江守
建仁3年(1203年) - 元久2年(1205年 78 北条氏
2 北条義時
ほうじょう よしとき
従四位下
陸奥守
元久2年(1205年) - 貞応3年(1224年 62 得宗家
3 北条泰時
ほうじょう やすとき
正四位下
左京権大夫
貞応3年(1224年) - 仁治3年(1242年 60 得宗家
4 北条経時
ほうじょう つねとき
正五位下
武蔵守
仁治3年(1242年) - 寛元4年(1246年 23 得宗家
5 北条時頼
ほうじょう ときより
正五位下
相模守
寛元4年(1246年) - 康元元年(1256年 37 得宗家
6 北条長時
ほうじょう ながとき
従五位上
武蔵守
康元元年(1256年) - 文永元年(1264年 36 極楽寺流
7 北条政村
ほうじょう まさむら
正四位下
左京権大夫
文永元年(1264年) - 文永5年(1268年 69 政村流
8 北条時宗
ほうじょう ときむね
正五位下
相模守
文永5年(1268年) - 弘安7年(1284年 34 得宗家
9 北条貞時
ほうじょう さだとき
従四位上
相模守
弘安7年(1284年) - 正安3年(1301年 40 得宗家
10 北条師時
ほうじょう もろとき
従五位下
相模守
正安3年(1301年) - 応長元年(1311年 37 宗政流
11 北条宗宣
ほうじょう むねのぶ
従四位下
陸奥守
応長元年(1311年) - 応長2年(1312年 54 大仏流
12 北条煕時
ほうじょう ひろとき
相模守 応長2年(1312年) - 正和4年(1315年 37 政村流
13 北条基時
ほうじょう もととき
従五位下
相模守
正和4年(1315年) - 正和5年(1316年 48 極楽寺流
14 北条高時
ほうじょう たかとき
従四位下
修理権大夫
正和5年(1316年) - 正中3年(1326年 31 得宗家
15 北条貞顕
ほうじょう さだあき
正五位上
修理権大夫
正中3年(1326年 56 金沢流
16 北条守時
ほうじょう もりとき
従四位下
相模守
嘉暦元年(1326年) - 元弘3年(1333年 39 赤橋流

関連記事[編集]

先代
第一次天皇王朝
552年-1185年
日本の歴史
源北条王朝
1185年-1333年
次代
後醍醐政府
1333年-1336年
先代
平安時代
794年-1185年
日本の歴史
源北条王朝
1185年-1333年
次代
南北朝時代
1333年-1392年
みなさん、松平です。 この項目「鎌倉幕府」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)