銀座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀座」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「銀座」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「銀座」の項目を執筆しています。

銀座(ぎんざ)は東京にある日本最大級の繁華街。多くのブティック百貨店が立ち並ぶ。

歴史[編集]

もともとはを取り扱う独占的商工業者()が存在した。銀は貨幣であったことから、銀座とはすなわち指定銀行組合であり、銀座とは金融街だったのである。金融街といえば無機質な高層ビルが立ち並ぶ様子を想像するかもしれないが、江戸商人が町をそのままにしておくわけがない。金融街に通う者は越後屋をはじめとする大商人が多いため、商人たちはそこにこぞって高級品を売る店を出した。こうしていつの間にか繁華街となってしまったわけだが、肝心の両替商や酒屋はうるさいと言って大手町に引っ越してしまった。そんなわけで繁華街だけが残ったのである。で、また、日本初のマクドナルドの店舗もここにあると言う。

地理[編集]

大手町六本木から地下鉄で一本であることから、今でも大企業のエリート社員たちが買い物をするには好都合な場所にある。

霞ヶ関からも地下鉄で一駅だが、こちらにお勤めの人々はお金を落とさないからあまり意味がない。

別れた渋谷で会って、赤坂で思い出を語ったあとに来るにも好都合な場所にある。ただ銀座は、原宿で雨に打たれてずぶ濡れの格好で歩くべき場所ではない。

また築地から地下鉄で二駅(実質一駅)の距離にある。前掛けをして長靴を履いたおじちゃんがやってくることもあるかもしれない。だからと言って、「銀座の雰囲気ぶち壊しよ、いやね」と言ってはいけない。銀座の料理屋や百貨店のレストラン街で食べられる新鮮で美味しい魚は彼らが仕入れているのだから。

文化[編集]

銀座はガス燈発祥の地として知られる。ガス燈はその後すぐに電灯にとって替わってしまった。また赤レンガ街も銀座の象徴であった。これは関東大震災で甚大な被害を受け、一気に廃れてしまった。銀座で流行したものには飛びつくべからず!

また明治時代には「銀ブラ」が流行した。銀座オリジナルブラジャーのことである。ただし明治時代にブラジャーをつける女性はごくごくまれで、ブラジャーをつけていること自体がモガの証であった。

現在の銀座は様々な店舗が立ち並ぶが、銀に恨みでもあるのか、エスカレータなどをすべて金色にしてしまう店が多い。そのうち地名も金座に変ってしまうことだろう。

また意外に思われるかもしれないが、牛丼チェーン店の松屋本店があり、大々的に宣伝している。高級店ばかりでなく、お金のない庶民も立ち入りやすい町なのかもしれない。