鉄道事故

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

鉄道事故(てつどうじこ)とは、かつてあったエクストリームスポーツ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鉄道事故」の項目を執筆しています。

概要[編集]

鉄道の乗客、施設、車両をいかに破壊するかを競うスポーツとして作られたが、「もっとも総合的な謝罪競技であるエクストリーム・謝罪に統合できないか。」という声が相次ぎ、たくさんの反対と惜しむ声のなかで廃止された。が、競技のファン達の声によって、「自主的な大会」ということで復活した。現在でもJRグループ日本民営鉄道協会によって引き継がれている。

ルール[編集]

決勝1次ラウンドにて[編集]

エクストリーム・謝罪の死亡者がでれば10点×人数、重体は7点、重軽傷は5点のほか、ビルに突っ込めば×30点、ほかの列車に突っ込めば×25点、住宅に突っ込めば×20点、臨時ニュース号外を出させれば×10点、見た人をPTSDにかければ×3点、会社役員に暴言を言わせれば×2点さらに会社経営体質を暴ければスペシャルボーナスとして+10,000点である。

決勝最終ラウンドにて[編集]

倒産50点、解散40点、上場廃止30点、1,000人以上のリストラ20点、ライバル企業に吸収される25点、ハゲタカファンドに買収される20点、経営者が逮捕される15点(保釈できれば加算ポイント5点、不起訴処分になれば加点ポイント7点)、関係者が自殺10点のほか、国土交通省から列車運行停止命令が下れば35点である。なお、グモッチュイーーンなど、小規模の事故では門前払いである。また、単純に死傷者が多ければいいというものではなく、これらの条件を加算して出たものが最終的な得点である。

過去の勝負[編集]

記憶に残る名勝負[編集]

山陽本線特急列車脱線事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山陽本線特急列車脱線事故」の項目を執筆しています。
当時最上級だった特急列車にダイブさせるという衝撃的なパフォーマンスで死者点340点を獲得。また、当時の鹿児島市長などの著名人を溺死させるという事態に、当時の鉄道省は各界から猛烈な賞賛を食らうことになった。
西成線列車脱線火災事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西成線列車脱線火災事故」の項目を執筆しています。
戦時中の西成線(現在のJR桜島線)で、ガソリンカーキハ42000を駅員が故意のポイント変更で脱線させ、複線ドリフトを成功させた。その後踏切にあった電柱に最後尾が衝突。燃料のガソリンに引火し、死者点1870点、重軽傷点345点を叩き出した。この事故で駅員2名が起訴された。総合点では比較的低い部類に入るが、死者点では屈指の点数と言われている。
八高線列車脱線事故
1947年2月、超超満員の乗客を乗せた蒸気機関車+客車が、カーブを曲がりきれずに脱線。木造だった客車は畑に落ち大破して、多くの死者を出した。死者点1840点、負傷者点2475点をたたき出し、死傷者、負傷者点のみの記録は現在でも破られていない。八高線は1945年の終戦直後にも事故を起こしており、戦後の混乱期を象徴する大きな出来事となった。
桜木町事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桜木町事故」の項目を執筆しています。
架線の工事のフリをして架線を断線、それの電車パンタグラフに絡ませて発火させるという一風変わった方法で起こしたのである。しかも競技場である車両をわざわざロクサンという非常に発火しやすい車両に選び、また変電所鉄道の名誉のために給電し続けた結果、死者点1,060点、重軽傷点460点という大量得点を弾き出し、昭和26年度優勝に輝いた。その後のエクストリーム・謝罪にもぶっちぎりで優勝したが、戦後の混乱期で充分な資料が無い。
三河島事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三河島事故」の項目を執筆しています。
まず貨物列車が脱線して下り常磐線の線路を塞ぎ、下り電車を突入させて上り側に脱線させた。その後7分かけて下り電車の乗客が線路上に降りて移動し始めるという入念な下準備を行い、満を持して登場してきた上野行き上り電車が現場の乗客と貨物列車に渾身のアタック。共に先頭車両が粉砕され、線路脇の倉庫にまで車両の返り血が飛ぶという激しいバトルの結果、死者点1600点、重軽傷者点1480点というハイスコアを叩き出した。この勝負の余波は当時国鉄が所有していたプロ野球球団国鉄スワローズの身売りにまで発展し、決勝最終ラウンドで2500点の追加ポイント(リストラボーナス)をたたき出し、昭和37年度優勝を飾った。エクストリーム・謝罪ではわずかにチッソに及ばず準優勝に留まったが、最初の脱線から登り電車の突入まで約10分もの時間をかけた入念な下準備は高く評価されている。
京福電鉄鞍馬線列車衝突事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京福電鉄鞍馬線列車衝突事故」の項目を執筆しています。
東京オリンピックが開催されるという戦後で最も縁起のいい年の新年早々に、単線区間の二ノ瀬駅で下り鞍馬行きの運転士がいつも通り発車したつもりが、どこでどういうマジックが繰り広げられたのか、二ノ瀬駅から2駅手前の二軒茶屋駅ですれ違った気がする出町柳行きの電車に単線区間で真っ向にアタック。その結果、桜木町事故みたいに架線が断線、ロクサンならぬニーイチ同士のアタックだったため、2両とも発火して、両方ともあぼーんしたという事故である。結果的に、死者は無かったが、現場は鞍馬川の崖っぷちなところであり、上手いこと行ったら1964年度優勝という縁起のいい年最大の功績を残せそうだったが残念ながら及ばず、準優勝にとどまっている。
この事故で開通当時の叡山線専用のゼロイチと事故った分の計8両は廃車処分となり、かといって戦後の復興期に替えの車両を導入しないのもあれなので、おけいはんから…ではなく、半身電鉄から10両ほど盗んだ。
この事故で叡電の信頼は観光客からも、挙句の果てには地元民からもガタ落ちとなり、1964年は昭和時代の中でもっとも叡電の乗客が多かった年だったが、翌年以降誰も乗らなくなり、1978年に同じく事故で信頼を失った相手の京都市電が廃線になると、根本的に他の鉄道との接続も無くなり、それから11年間は廃線問題で駄々苦しみだったという。現在はどうなってるかお察し下さい
鶴見事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴見事故」の項目を執筆しています。
三河島事故と同様、まず貨物列車を脱線させて上り横須賀線の線路を塞ぎ、上り電車を突入させて脱線させ、さらに停止していた下り電車の横に豪快にアタックしたというトリプルパフォーマンスを披露。結果として死者点だけで1610点を叩き出した。重軽傷者点は600点。原因調査では間接的に原因不明を誇示しポイントを重ね、昭和38年度優勝を飾っている。
青山トンネル事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近鉄大阪線列車衝突事故」の項目を執筆しています。
近鉄特急が自分勝手なATSのせいで停止。見るとそこは急勾配だった。そのため応急処置を施した。ところがどっかののやつのせいでブレーキを抜くと走り出した。ブレーキが利かず大暴走し信号所で大脱線し線路を塞ぐと対向の近鉄特急がアタックしてきたというパフォーマンスである。死者点250点、重軽傷者点1135点。エクストリーム・謝罪により見事準優勝に輝いた。
京阪電気鉄道置石脱線事故
大阪府枚方市の中学生達が、線路に置石をして脱線させるという斬新なパフォーマンスで当時最新鋭だった京阪5000系を民家にアタックさせる。死者点は無かったものの、重軽傷者点520点と民家突っ込みボーナスで総合点10400点を獲得した。しかも、事故後に加害者達の親が「子供は悪くない」「置石程度で脱線する鉄道会社の方が悪い」と叫び出した為国民から賞賛を食らい、エクストリーム・謝罪1980年大会の優勝候補にまで上り詰めた。
阪急神戸線六甲駅列車衝突事故
ゴールデンウィークの真っ只中に山陽電鉄回送電車の運転士がATSの電源を切り、阪急電鉄特急にアタック。死者点無しの360点。その後突っ込んだ車掌がエクストリーム・自殺に、山陽電鉄がエクストリーム・謝罪に参戦した。
なお、アタックされた阪急の特急には団長のおつかいをしていたキョンが乗車しており、部下の悲劇にキレた団長によって阪急王国が衰退したといわれている。(どうなったかについてや、事故の日付とキョンの年齢に矛盾が生じていることについてはお察し下さい。)

信楽高原鐵道列車衝突事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「信楽高原鐵道列車衝突事故」の項目を執筆しています。
下の福知山線のパフォーマンスと合わせてJR西日本の王道と言えるパフォーマンスであろう。信楽高原鉄道電車JR西日本臨時電車が2本ともども正面からアタックした最強のパフォーマンスである。死者点420点、重軽傷者点3070点と言う超がつく高得点を叩き出している。その後は責任逃れに終始する。事故原因を信楽高原鉄道に押し付けするのはもはやJR西日本にとっては当然な話である。このようにポイントを重ねたためもちろんこの年は優勝し、さらに1991年度エクストリーム・謝罪でも堂々の優勝を飾っている。
広島新交通システム橋桁落下事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「広島新交通システム橋桁落下事故」の項目を執筆しています。
建設中の橋桁を真下の道路にフリーフォールさせるという大パフォーマンスを披露。死者点は100点と高くないが、車高が20cmまで圧縮された乗員付き乗用車が何台も並んだ姿がテレビで報道されて大反響を呼んだ。後日、ちょうど事故発生時刻に現場を通過するはずだった地元の幼稚園児達が、出発直前にトイレに立て篭もっていたせいで通過が遅れたため死者点を970点もロストしていたことが判明した。これがなければ同年の優勝はこの勝負になるはずだったと言われている。列車そのものは勝負に参加していないという点で、他の鉄道事故とは一線を画す。
JR福知山線脱線事故
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR福知山線脱線事故」の項目を執筆しています。
電車マンションにアタックさせるというウルトラパフォーマンスで死者1,070点、重軽傷者2,810点という大量得点を出し、さらに事実婚であった被害者の内縁の妻を自殺させて10点追加。さらに日勤教育や無理なダイヤ、不正の横行を見事暴きだし10,000点を追加させた。さらに「事故原因は不明である。」などの暴言、引責辞任した社長天下り、徹底した人々の感情への逆撫でなどで過去に無い大量得点を出し、ついに平成17年度鉄道事故大会を優勝し、さらになんと2005年度エクストリーム・謝罪大会でダントツの成績を残して見事優勝した。また、この事故をきっかけとし、小学生にまで便乗事件を起こさせたことは、もはや鉄道事故のと言って差し支えはないであろう。
また同年にJR羽越線脱線事故も起きている。これは自然現象なので例外である。
中国新幹線追突脱線事故
営業運転中の新幹線が合体変形して空を飛び、穴を掘って埋まるというパフォーマンスで、世界に向けて独自技術を披露。鉄道ファン、メカ物ファン、雪歩ファンからパクリとの声を集めることにも成功した。しかし、営業運転中に空中アクロバットを見せる演技は世界中を見ても歴史に前例がなく、そのうえ穴に埋まるというアイディアも類を見ない発想であることから、他のパクリでこのようなパフォーマンスをする事自体がそもそも不可能である。したがって、その本質はパクリではなく、中国がついに独自の技術開発に成功した証拠ではないかとも思われる。
スペイン高速列車脱線事故
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目はたくさんの人達の犠牲によって出来ました。どうか皆さんは、このような悲劇を二度と繰り返さないためにも加筆してください。どうかよろしくお願いします。 (Portal:スタブ)