出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


(Ferrum)

一般特性
名称, 記号, 番号, Fe, 26
分類遷移金属
族, 周期8, 4
密度7.874 g/m3
金属色
原子特性
原子量55.845 u
原子半径140 pm
酸化数2,3,4,6
一応なるべく国際単位系使用
及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(てつ、英:iron,ラテン:Ferrum,元素記号:Fe)とは、すべての金属の基準となっている元素である。

概要[編集]

すべての金属は常識的に考えて「鉄であるか否か」で表されており、大分して鉄である金属すなわち鉄金属鉄でない金属すなわち非鉄金属の2分野に分類される。その判別法は極めて単純であり、磁石で吸引できるか否かによって判別することができる。一時期「真空を注ぎ込んだ空間における磁力作用の無効化」を提唱した科学者もいたが、そんなトンデモ学説など誰も気にしなかった。ともあれ鉄の存在と、この「世界は鉄か鉄でないか二分論」の発見および提唱によって、この世界における重要な指針が導き出されたのは言うまでもない話である。

性質[編集]

鉄化症状の進行によって、間もなく彼女は物言わぬ塑像となってしまう
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

あまりに大きな「世界は鉄か鉄でないか二分論」の反響によってつい忘れられがちな鉄そのものの本質であるが、鉄は自身の不純物と空気中の湿度に反応して容易に酸化する(=錆びる)性質を持っているが、逆にきわめて純度の高い(99.99999%以上)状態においては逆に抗酸化耐性を発するようになり、硫酸や液化ヘリウムの中においても形状を保つほどの高い可塑性を有するようになる。つまりこれを一言で言うと「何においても完璧主義で、きわめて高いスペックを誇るものの、ちょっと何か些細なミスや気に入らないことでもあろうものならたちまち機嫌を悪くして、そのままグダグダな結果に終わるタイプ」と言った性質を持っていることを表している。

「ちゃんと鉄分とってるぅ?」
鉄 について、水銀燈
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

また、栄養学的には人体に構成する上できわめて重要な役割を担っており、ホウレンソウに多く含まれているためにそれを食べたポパイの肉体が一瞬にして鋼のごとく倍加増強される事例は有名である。また、プロイセン黒いサンタクロースこと鉄血宰相・ビスマルクにいたってはまさに体中に流れる血に液状化された鉄が溶け込んでおり、まさに看板に偽りなしの剛腕を発揮したのは有名な話である。しかし、いくら肉体や精神を強固にするからと言って過剰に摂取してしまうと、身体そのものが鉄と化学反応を起こし、鉄になってしまう危険性があるため、何事もほどほどが一番である。

判別された重要な事実[編集]

母なるソフィア。ユーモアを判別する磁石としての機能も持っている。

先述した「世界は鉄か鉄でないか二分論」は磁石を使った鉄金属と非鉄金属の判別のみならず、さまざまなものを媒介としたさまざまなモノの二分化に応用が利く事が判明した。ここでは判別するための媒介としたものと判別することに成功したモノについて紹介する。

ユーモアを媒介としたアンサイクロペディアの記事判別法
別名「この記事はクソであるか否か二分論」。
馬鹿にならずバカバカしく振る舞うことで真面目腐った退屈な日常から解放されるユーモアとウィット、そしてエスプリを標榜する地上の楽園、それがアンサイクロペディアである。すべての基準は「そこにユーモアがあるか否か」であり、いかに権威ある人間によって書かれた記事であろうと、それがつまらなければネ申の見えざる手によって削除されてしまうし、それとは逆にいかに新参の、地位も権力もない人間によって書かれた記事であろうと、それが(アンサイクロペディア的な意味での)愛とユーモアにあふれている面白い文章であれば秀逸な記事として栄光と称賛の絶頂に上り詰める事さえ夢ではないのである。
この辺りが「何が正しいか(=どう書かれた文章が面白いか)」よりも「誰が正しいか(=誰によって書かれた文章が面白いか)」に重きが置かれてしまう、いわゆる権威至上寡頭独裁主義者の巣窟である石頭似非百科事典とは大きく異なる革新点であり、その結論を導き出したのがこの「世界は鉄か鉄でないか二分論」改め「この記事はクソであるか否か二分論」なのである。

鉄の色[編集]

実はいまいちはっきりしていない。

鉄色(#005243)説
日本の伝統色には鉄色という名の色がきちんとある。よってこれこそ鉄の色である。
鉄黒色(#281a14)説
いやいや、鉄が緑など笑わせる。鉄は古くから鈍い黒さから「くろがね」と呼ばれていたのだ。よって鉄黒色が鉄の色に違いない。
鈍色(#727171)説
何を言っているんですか。鉄は緑でも黒でもございません。灰色です。鈍いという文字も入ってますし、金属の色にも近い、鈍色が鉄の色ですよ。
錆色(#6c3524)説
異議あり!昔は鉄は野ざらしであったから、錆びていることのほうが多いはずだ。だから錆色に決まっている。[1]

ようは、金属の色、つまりスチールカラーで済む話である。

よく鉄が使われるもの[編集]

鉄とよく間違われる物[編集]

[編集]

  1. ^ 黒錆(四酸化三鉄)も存在することや、純粋主義者からの「そもそも錆は酸化物であるから既に鉄とは言えない」との主張から、やはり黒なのではないかとの懐疑的な見方もある

関連項目[編集]


NRV remove.gif 第1回ノー削除デー作成記事
本項は記念すべき第1回ノー削除デーに作成されました。