鈴鹿市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鈴鹿市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鈴鹿市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鈴鹿市」の項目を執筆しています。
「地震や台風が起こった時、紀伊半島の弦が救出してくれると信じるから、伊勢志摩や熊野の民は、地震や台風と隣り合わせの紀伊半島の先端でも暮らせるのです。」
鈴鹿 について、バロム大佐
「太平洋沿岸で交通の要所なのに、乗り換えに不便なんて、どんな街造りをしておるんだね?歩くのも面倒になっちゃうぞ。」
鈴鹿 について、デューク更家
「故郷やけど、みんな元気かい?!」
鈴鹿 について、小倉隆史
「伊勢詣でにはよく行くけど、ここはジャンクションだけで通過しちゃうんだよな。」
鈴鹿 について、堂本剛

鈴鹿市(すずかし)は、三重県の北部にある、F1の一大聖地である。

地理[編集]

伊勢神宮を擁して「神国」と呼ばれた伊勢国の国府所在地で、織田信孝の本拠地である伊勢神戸城(いせかんべじょう)の城下町だった事からも解る通り、紀伊半島東岸の交通の要衝である。隣の滋賀県で言えば長浜、紀伊半島西岸で言えば大阪のような位置を占める都市で、ここから新宮名古屋敦賀・大阪への道路網が分かれている。従って、住民は、「新宮に好い顔、名古屋に好い顔、奈良に好い顔、大阪に好い顔、安土に好い顔」をしている。
なお、伊勢神戸城は旧河曲郡の所在で、太平洋戦争中の合併のどさくさで「鈴鹿」を僭称したと伝えられる。

紀伊半島の弦の東部に位置するので、文化的には奈良県大阪府愛知県との親和性が強く、方言も奈良と同じ畿内辯である。奈良・京都・大阪から最も近い太平洋岸の都市でもあり、江戸時代から現在に至るまで「伊勢茶」と呼ばれる緑茶の大産地で、江戸時代には「日本海へは鯖街道、太平洋へは緑茶街道」とまで言われていた。鈴鹿川から木津川までの流域が緑茶ラインを形成してる事で解るように、滋賀県南部(甲賀水口、信楽など)や山城(京都、宇治など)の影響も受けている。鈴鹿と京都に挟まれた地域は、緑茶・忍者・焼物が「3点セット」として有名である。次の名物は狸の置物で、三重県北部と滋賀県南部を占拠したと言われてるが…。

近年では、ホンダがF1サーキットを建設して、それ以来はF1の聖地と呼ばれている。「F1」とは言っても、「青年女性」じゃなくて「カーレース」だけどね。一時、F1の地位を富士山麓の某所に奪われたため、市から降格されるのではないかという説も流れたが、三重県とホンダの根性もあって半分は取り復している。

F1[編集]

鈴鹿が本場と呼ばれるF1は、紅く分厚い服を着たドライバーが、豪華で細長い車に乗って速度を競う競技である。応援者は白黒の旗を振って応援する。しかし、F1を知らない熟年女性は、「車を超高速でぶっ飛ばすなんて、死にに行くようなもの。だから白黒の旗が立ってるんでしょ。縁起が悪い。」って吐き捨てている。

交通[編集]

F1が象徴するように、交通手段のメインは道路であり、鈴鹿サーキットを取り囲む「サーキット道路」も存在する。従って、市街地は分散しており、鉄道の鈴鹿駅は存在するが、敦賀駅のようなジャンクション機能が付与されていない為に、求心力には乏しい。鈴鹿を訪れる奈良市民や名古屋市民は、「あんさんの所は顔がないやね。中央駅はどこやねん?」って苦笑いし、近鉄奈良駅名古屋駅を自慢している。

これに対して、大地震台風の時に名古屋や奈良から多くの救援物資が送られた東牟婁郡(新宮など)の住民は、喉から手が出るほど鈴鹿にラブコールを送っており、「鉄道や高速道路の分岐点を、なんで鈴鹿に設けなかったんだ?」って思っている。敦名阪と新宮への接点である為、伊勢や新宮など紀伊半島南部の住民にとっては命綱と呼べる急所で、「名古屋人や敦賀人が琵琶湖大好きなのとは理由が違う!!」という意気込みである。

関連項目[編集]

鈴鹿関連
東近畿三県同盟

近隣の都市[編集]

奈良側
名古屋側
新宮側
草津側


この項目「鈴鹿市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)