鈴村健一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Chakuwiki.png
Chakuwiki認定
このページはChakuwikiっぽいです。
サイト趣旨に沿った形に編集するか、Chakuwikiのほうに書いてください。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
本件に関する詳細はノートを参照してください。

鈴村健一(すずむら けんいち、1974年9月12日 - )は、INTENTION所属。妻は坂本真綾

代表キャラは、主役を取られた奴剣の名手なのに大砲ぶっ放すドS語尾がおかしい奴享年:23歳答えは聞いてない鼻毛電波都市の町長モミアゲピアスなどである。

役柄[編集]

  • 忍者。
  • かわいそうな役・ブラコン・シスコンが多い。
  • 基本的には元気でやんちゃな役柄が多く、主人公は少ないが、やたらもてるダメ男、はたまた喋るクラゲやブラコンの双子の片割れなど奇想天外なキャラクターも多くこなす。
  • 近年では、語尾が特徴的であったり、喋り方がおかしかったりするキャラクターを演じる機会が多くなっている。

活動[編集]

  • 主にアニメゲーム中心だが、ラジオのパーソナリティも多く務めており、第二回声優アワードにてベストパーソナリティ賞に耀いた。
  • 2008年以降は本来のアフレコの仕事が少ない割に、メジャーCDデビューや写真集発売など声優というよりタレント的な活動が相次いだため、「鈴村は何をしたいんだ」「調子に乗るな」などと批判するファンも少なくない。
  • 某イベントでは湿布臭を漂わせつつメイド服を着こなし美脚を披露。

人物[編集]

  • 風呂のアフレコの最中、「スピリットエボリューション!」というセリフを叫んだ時にぎっくり腰になった。救いようがない奴だ
  • 特撮が大好きで語るときは少年のような目になる。いい年したただの特撮オタクである。
    • 特撮好きが嵩じて、超人タイツに変身できるようになったのではないかと噂されている。
  • ゲームの開発者と飲みに行くと「あれって、○○のオマージュじゃないんですか?」等と元ネタの話題で盛り上がるのが常。いい歳したただのゲーマーである。
  • 「らりるれろ」の発音がクレイジー。
  • 常に鼻が詰まっている。いや、詰まっているのは鼻だけでは無いのかも知れない。
  • 似非関西弁使いのエキスパート。
  • 下積み時代のおかげか、動物役も得意。
  • 主役のアニメは駄さk…ごにょごにょ。
  • 謎の新ユニットの発案者
  • 2011年8月8日、坂本真綾と結婚。これにより一部の種死ファンを狂喜させる。

伝説の特撮『超人タイツ』との関係について[編集]

1973年4月5日から放映が開始された『超人タイツ』は、後期『超人タイツ ジャイアント』を含めれば6年に及ぶ長寿番組でありながら、その知名度の低さ、ほとんどが公園でのロケであるなどのもろもろの事情から、一部では伝説の特撮とも言われている。

当時のフィルムや資料も消失しており、確認できる情報はきわめて少ないが、その主題歌である「伸びろ!超人タイツ ジャイアント」ほか、挿入歌などに、「作詞:スズムラケンイチ」「歌:すずむらけんいち」というクレジットが見られる。ただし、歌手であるすずむらけんいち氏のコメントとして「鈴村健一さんという同じ名前の方のイベントにビデオメッセージを送った」というものがある[1]ため、彼らが同一人物であると断定するのは尚早であろう。なお、このコメントがおそらく唯一、二人の接点を示す公的な資料となっている。

また、鈴村が長く携わっているWebTV番組に「鈴村健一の超人タイツ ジャイアント」「鈴村健一の超・超人タイツ ジャイアント」が存在するが、その番組内容は街を歩いて紹介したり、限られた予算で食べ歩きをしたりなど、日常的な範囲に収まっており、特撮番組ではない。よって、番組タイトルの著しい類似は、特撮好きの鈴村からの熱いリスペクトであると考えられる。

なお、特撮番組『超人タイツ』についての情報は現在、そのすべてが上記のWebTV番組の関連商品に由来しており、そもそもの実在自体を疑問視する向きもある。そのため、鈴村サイドによるエア特撮では?という声が検閲により削除

脚注[編集]

  1. ^ 出典:CD『鈴村健一の超人タイツ ジャイアント 続・思い出のヒーローソング集』ブックレットより。

関連事項[編集]


Hayami.jpg この項目「鈴村健一」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)