鈴木重秀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鈴木重秀」の項目を執筆しています。
うっす!俺様は強い。

鈴木 重秀(すずき しげひで、天文15年(1546年)? - 天正14年(1586年)頃?)は和歌山が生んだ数少ない有名人でストリートパフォーマンスグループ「雑賀」のリーダー。

おとんは鈴木佐太夫

日本のストリートパフォーマンス史と鈴木重秀[編集]

TEAM雑賀お抱えの伝書鳩部隊。動きのみで高度な情報伝達能力を持つ

古来より日本では大衆芸能としてストリートパフォーマンスが一般市民に支持されていた。 記録上一番古いパフォーマーは琵琶法師で琵琶という楽器を路上で演奏していた。現代でいうストリートミュージシャンのはしりである。

その後無名の農民が始めた田楽から日本にダンスというパフォーマンスが生まれCan-AmyeXe-amyeというスーパースターが室町時代に誕生し、日本にダンスが確立した。そして戦国時代に入り鈴木重秀が誕生した。

重秀は当時日本に入ったばかりの火縄銃でパフォーマンスができないかと師匠で父であるSaturn-uと所属芸能プロダクションの社長のK-'N'yoに相談し、鉄砲S戦闘99という能力を得てTEAM雑賀を結成した。

時代の申し子であるTEAM雑賀の能力は凄まじく、あの織田信長さえも苦しめたという伝説さえも残し、また彼が中心となり設立した「雑賀ダンススクール」の練習生達はその射撃の確かな腕前から傭兵及び陣中鼓舞のパフォーマーとして全国より引き手数多の人気ぶりを見せた。

芸能活動を引退後はやはり派手好みで彼と馬があった伊達政宗が完成させようとしていた騎馬鉄砲という人馬一体のパフォーマンスを指導するため仙台に移住した。そしてついに完成した騎馬鉄砲隊の実力は凄ましく、馬上からの発砲によるリズミカルなハート直撃の8ビートの直後に騎兵達が突撃するド迫力のダンスパフォーマンス、という流れのあまりもの華麗さに押し寄せたファン達はなすすべもなく放心状態であったという。

その後江戸、明治、大正、昭和、平成と時代は流れ現在はEXILEが中心となりその流れを受け継いでいる。海外でもニューヨークの人気ミュージカル「スタンプ」やロンドンシアターの代表公演「オペラ座の怪人」等、一流の舞台でTEAM雑賀のパフォーマンスが受け継がれている。

TEAM雑賀のメンバー[編集]

得意なパフォーマンス[編集]

  • BAN.BAN.BAN
    • 日本語で言うと「三段」と言う技。雨さえ降らなければ日本で彼にかなうものはいない。建物の上で演じると向かい合う人は卒倒するほどの素晴らしい技。ちなみに他にBAN.BAN.BANの使い手は織田信長島津義弘明智光秀がいるが重秀ほどの切れは無い。三人一組で千手観音のようなポーズで時間差で発射する。使用される曲はChoo Choo TRAIN。重秀が腕を一振りするだけで重秀を一目見ようとライブに押し寄せた1部隊(平均700人)もの彼のファンが卒倒するほどの過熱ぶり。
  • 1.2.3ダァー!!!
    • 当時の言葉で言うと「騎鉄突撃」と言う技。これぞ重秀の真骨頂という技で、誰も真似できない。これを演じられると上杉謙信だろうが武田信玄だろうが誰もかなわない。馬上から三段をかましてから突撃するというエクストリームスポーツチックな技である。使用される曲は炎のファイター。


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 鈴木重秀 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)