釜石県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三陸」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「閉伊郡」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「気仙郡」の項目を執筆しています。

釜石県(かまいしけん)とは、東北太平洋沿岸のの一つ。県庁所在地は釜石市

三陸県」と呼ばれることもあるが、三陸を構成する陸前陸中陸奥のうち、陸奥が含まれていないため、不適切な名称であるといえる。

概要[編集]

かつての閉伊郡釜石北部、宮古遠野など)と、気仙郡(釜石南部、大船渡陸前高田気仙沼など)に相当する。古代より製鉄が行われ、その高い技術力によって日高見国武器を供給するなど、北上川流域とも異なる独自の勢力圏を保持していたとみられている。

廃藩置県によって、閉伊地方は盛岡県に、気仙地方は一関県に属したが、県庁はそれぞれ盛岡一関といった北上山地のかなたに位置する内陸部の城下町に置かれたため、「遠い、不便、予算が来ない」と不満ずくめの太平洋沿岸部の港町によって、烈しい分離独立運動が展開された結果、製鉄業によって一大工業都市となっていた釜石を県庁所在地として、釜石県が成立するにいたった。

地理[編集]

リアス式海岸が発達し、多くの良港が存在するため、漁業という共通の産業形態を待ってはいるが、によって阻まれている港町同士の結束力は決して盤石なものではなく、内陸部からは「有象無象の寄せ集め」とこき下ろされる始末であった。

山がちで平野に乏しく、内陸部と比べて人口が非常に少ない三陸沿岸地方が、はたして一つの県として存続していけるのか度々疑問視されていた。その不安は見事的中し、釜石県はものの数年で解体され、岩手・宮城に切り売りされてしまう。

都市基盤の整備が進む内陸盆地との経済格差が拡大するなか、住民の間で不満が噴出し、分離独立の機運が盛り上がった。閉伊・気仙両地方が釜石県として切り離されたことで、見事復活を果たしたが、県人口は40万人を割り込んでおり、人口で圧倒的優位に立つ内陸部によって手綱を握られたままである。

気仙地方のうち、大船渡陸前高田が釜石県になった一方で、気仙沼の宮城残留問題が顕在化しており、宮城県に対して「気仙沼を返せ!」を訴えるも、むなしく響くのみであったが、女川・鹿嶋沖巨大地震で壊滅的な被害を受けたため、それまで気仙沼市民が抱いていた宮城県庁への不平不満も爆発して、気仙沼は釜石県に返還されることになった。

2011年3月11日の女川・鹿嶋沖巨大地震により、低地は津波で壊滅的な被害を受けた。多くの家屋が流された上に、翌月になっても行方不明者が多く、死者の数も特定できない。復興もままならない状況が続いている。

関連項目[編集]


この項目「釜石県」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)