金玉均

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

金玉均(きんたまひとし、または、きんたまきん)、またの名を“岩田秋作”。1851年2月23日(旧暦1月23日) - 1894年3月28日)は、朝鮮王朝のコメディアン。福沢諭吉に高く評価された事で知られる。

概要[編集]

彼は朝鮮に生まれ、1872年に科挙文科に合格した。しかし当時の朝鮮宮廷において、文官の定員が余っていたため、やむなく彼は朝鮮王朝の宮廷に使える道化、今でいうコメディアンとなった。中世以来の西欧の宮廷には道化師が雇われており、彼らは自分が使える君主や貴族ですらも、ギャグのネタにして笑い飛ばした。そこで朝鮮の宮廷においても、近代化のためには道化師の存在が必要不可欠であるとして、金玉均がその役目を担う事となった。

彼のギャグは宮廷内部で大いにウケて、国王一族をはじめ大勢の者たちを笑わせた。しかしギャグを飛ばす中で、ついうっかり明成皇后[1]をネタの俎上にあげてしまった。西欧の道化師を模倣する上で、道化師が王族や高官をネタにしても、笑って許すのが暗黙の了解となっていたが、ユーモア欠落症患者で空気が読めない明成皇后は、金玉均のギャグにマジでキレてしまったのである。これが後の悲劇の伏線となる。

しかし、コメディアンでありながらも、非常に洞察力に長け、国際状況を理解できないに等しい無能な朝鮮王朝の国王、及びその取り巻きに対し憤りを覚える。そして英霊たちと甲申政変[2]を起こし、朝鮮が日本の植民地となる原因を作った[3]

クーデター失敗により日本に亡命。そこで彼は朝鮮の宮廷と同様に、コメディアンを生業として糊口をしのぐ事となる。彼の飛ばすギャグは日本でも多いにウケ、各地で笑いを取る事になった。しかし彼にとって不思議な事に、岩田秋作という変名を使った時にはあまりウケが良くなく、あえて本名である金玉均を名乗った時は多いに笑いをとった。彼自身にとっては非常に不審な出来事であったが、日本人なら容易に理解できるであろう。特に福沢諭吉は「きんたま…たまきん…最高だ! うわっはっは!」と、大学の講義の真っ最中でも思い出し笑いをするほどであった。

しかしながらこの金玉均の行動は、朝鮮の宮廷をますますもって怒らせてしまった。日本において朝鮮民族の名前が笑いものにされているという事実は、彼らの誇りを多いに傷つけるものであった。特に明成皇后の怒りは著しいものであった。

日本中を渡り歩いた金玉均は、次に中国に渡ってコメディアンとしての活動を継続しようとした。しかしながら上海において、明成皇后の放った刺客によって、ピストルで暗殺されてしまった。その遺体はバラバラにされ、胴体は川に捨てられ、首手足は朝鮮国内各地で晒しものになった。

偉大なる功績[編集]

上述の通りコメディアンとして知られるが、本来は科挙に合格した知的エリートであった。留学生派遣や朝鮮で初めての新聞である『漢城旬報』の発行に協力したとされるが、韓国においては誰も気にしない。日本の幕府転覆計画を模範とした清朝からの独立、朝鮮の近代化を目指したが、実際のところ、それは当時の朝鮮の状況(リアル北斗の拳状態と言われている)では無謀なものであった。

ただ、やはり日本ではコメディアンとしての評価が高い。福沢諭吉は金玉均が暗殺された件について激しく憤り「朝鮮民族はユーモア欠落症の集まりだ!」と厳しく糾弾している。福沢が脱亜論を唱えるのは、ちょうどこの時期である。

明成皇后をギャグのネタにした事で、結果として喧嘩を売り、結果明成皇后は朝鮮を混乱させ、日清戦争の原因を作った。[4]

そして朝鮮民族はユーモア理解能力に欠けることをも証明した。朝鮮民族がようやくユーモアを解するようになったのは、アンサイクロペディアの韓国語版ができて以降の事である[要出典]

なお、今は東京青山の青山外人墓地で、数々の英霊とともに眠っている。しかし、韓国には絶対に帰ろうとはしない。なぜならば韓国には未だユーモア欠乏症患者が多数存在し、日本で笑いを取った金玉均の行動を国辱と感じており、今に至るも金玉均が売国奴扱い[5]されているからである。アンサイクロペディアによって、朝鮮民族にもユーモアが根付く事を祈るしか無い。

脚注[編集]

  1. ^ みんぴ。1851年 - 1895年 当時の朝鮮王朝の王である고종の正妃であり、その地位を利用して一族を王朝内部に送り込み、朝鮮王朝の腐敗を促進させた人物。江華島条約を日本と結んだ売国奴の一人であるが、なぜかなかったことにされている。なお、当初開化政策を採ったものの、旧軍の賃金未払い等による反乱のため保守派に転向、その後、親中国、親ロシアと保身のため政策を変更し、結局乙未事変にて暗殺される。
  2. ^ 朝鮮において1884年に発生したクーデター未遂。清朝袁世凱清朝及び中華民国の軍人。中国における朝鮮統治の担当者。中国最後の皇帝。が空気を読まなかったため失敗。この騒動のため、朝鮮の一番切手は「未使用よりも正規の使用済みのほうが珍しい」というある意味恥ずかしい状況になった。
  3. ^ 当時の世界状況では、朝鮮は植民地化しなければとても凶暴である日本軍に侵略されている可能性が高いため、どちらがよいかは一概に言えない。
  4. ^ 実際には日朝修好条規を引き金とした甲午農民戦争の後処理のいざこざがこの戦争の原因とされる[要出典]
  5. ^ これは金弘集朝鮮の政治家、1894年7月より甲午改革と称される内政改革を推進したが、明成皇后を軽く扱い信頼を失い、親露派のクーデタによって殺害された。や、李完用朝鮮の親国王派。にもかかわらず、日本に朝鮮を売りつけ、さらに朝鮮王を皇族にまでした(はっきり言って日本は迷惑です)ため、親日派扱い。なども同様である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金玉均」の項目を執筆しています。


日章旗 【拡散希望】この項目「金玉均」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗