金沢市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金沢市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「金沢市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「金沢市」の項目を執筆しています。

金沢市(かなざわし)は、北陸地方の西部に位置する。富山福井を植民地としていると思い込んでいるが、県総生産額等で比較すると富山よりも1桁少ない。和歌山では、常に「金だわし」と呼ばれる。面積は石川県より大きい。ここにおける記事の充実度も石川県をはるかに凌駕する。北陸の首都は新潟である。って言うかいつの間に新潟は北陸の仲間入りしたんだよ。図々しい。おめーらは東北、東北の首都は仙台わかった?

「おのれ石川金沢!どこまで北陸じゃない事を知っているんだ!許さない!!」
金沢市&北陸三県同盟 について、新潟県

概要[編集]

空気や水は綺麗で過ごしやすく、地震も起きにくい地形にあるため、安心して住むことができる。ただし、住む人の人間性に問題がある。バス会社の料金が高すぎる(でも隣の地鉄に比べればだいぶ安い)という批判があるものの、ほとんどの人が車を有している。そのため渋滞が発生しやすいこと以外はあまり問題にならない。

米騒動の際に「金沢県」を結成したが、2回戦で真のおばちゃんに敗れ石川県に編入した淡い思い出がある。ただ、現在でも悔し紛れに金沢県と呼び続ける一部市民もいる。なお、かつては嫌われていることに気づかずに野々市町へ果敢にアタックし、見事玉砕したという逸話を持つ。

ナンシー市とは義の契りを交わしたはずが、なぜか都市扱いされていることに困惑している。

町の中心部では都会らしさを演出するための無意味なビルが多く、治安が悪化する一因になっている。これらは本当に無意味であって、雇用にも何ら好影響を及ぼさない。基本的に「加賀百万石のお膝元」で片付けられる傾向にある。

能登かわいいよ能登。これに尽きる。

歴史[編集]

1640年に開始されたイギリス革命、1789年に発生したフランス革命、これらヨーロッパの市民革命に1世紀以上先立つ1485年、世界最初の市民革命である加賀の一向一揆が起こり、現在の石川県の南部加賀を制圧した。その後築かれた尾山御坊(アクロポリス)が金沢の発端である。

アンシャンレジーム[編集]

石川県の南部地区である加賀国は、元々越前国に属していたが、この地域の住民は何かいやになるとすぐに逃げ出す癖があり、ありとあらゆる悪事を繰り返していたたため、越前の国司は困り果て、朝廷に泣きを入れ、結果、律令体制最後の国として加賀の国が誕生した。

元々、この地域の誕生の理由はそんなにポジティブなものではない。ただこの地の住民は元々扱いにくいということの証明である。 名前の由来は、国に加わってめでたいだろ?って誰に出したのかわからないような適当な理由からつけられた。

その後、よそのご多分に漏れず開墾とか、荘園とかできてくるんだけれど、長くなるので割愛する。

住民は自分勝手に好き勝手に暮らしていたが、人口も増えて、農業生産も安定し、生産性もそれなりに上がったのはいいが。治安も悪くなったし、昔から偉そうにしている富樫氏はなんだか頼りないしで、農民達は地域ごとに固まり始めて自治組織を作り始めた。それを利用して布教したのが一向宗、本願寺6世蓮如である。宗旨は単純なのですぐに広まった。

室町幕府も中期になった頃、日本全国で兄弟喧嘩がブームになり、全国の諸大名がしょーもない理由で兄弟喧嘩を初めて住民達をあきれさせた。(応仁の乱)。ご多分に漏れず、富樫氏もしょーもない理由で喧嘩を始めたのだが、頼りない富樫兄は蓮如に泣きつき兄弟喧嘩の鎮圧に協力を依頼して、鎮圧させた。ただ、元々ヘタレであるこの富樫兄は一向門徒の力にびびり。一向門徒を弾圧しはじめたもののはなから馬鹿にされているため全然効果なく、挙げ句の果てに室町幕府に泣きついた。(幕府は相手にもしなかったが)。また、よせばいいのに別の兄弟喧嘩にも首を突っ込み、馬鹿だから室町幕府にもパシらされて、結果金欠。困ったのでほぼ一向門徒の多い住民が搾取された。

この体制を旧体制(アンシャンレジーム)という。

革命勃発、アクロポリスの建設[編集]

富樫兄のあまりのボンクラさに住民の怒りが爆発。市民革命が発生した。なんだかんだで富樫兄はギロチンにかけられた。 革命勢力は、その後、現在の金沢市中心部に尾山御坊(アクロポリス)を建設し、本願寺と革命勢力の拠点とした。 なお、富樫兄の屋敷は現在の野々市にあり、現在まで続く野々市と金沢の対立の原点は、富樫家復古を願う王党派と民主政治の継続を主張する共和派の対立が根底にある。(但し、現代においては公共料金が何かと安いからという銭ゲバ派が野々市において多数である)。

蓮如に見放される[編集]

蓮如は、兄弟喧嘩に協力したのは自分の宗派にとっていいことだが、一向門徒の野放図な行動のおかげで幕府からは怒られるは、よその宗派からは破門にしろといわれるわで一向門徒の行動にどん引きしていた。ので、俺は関わりがないと京都・山科に行きその後石山へと移った。

革命政権生活[編集]

市民はアクロポリスを中心に集住(シノイキスモス)していた。アクロポリス市民は彼等の絶対仏である阿弥陀仏を信仰しており、真宗本願寺を崇拝していた。しかし、本願寺6世の蓮如は"君臨すれども統治せず"の原則を消息(マグナ・カルタ)で発布したため統治に関わることはなく、実際の統治は市民による民主政治によって行われることになった。

市民同士は平等が原則で、彼等は自由 ・ 平等 ・ 博愛 ・ 極楽浄土を信奉し、アクロポリス神殿や加賀哲学など独自の高度な文明を生んだ(加賀文明)。

アクロポリスの政治は、農民層、地元の武士である国人層、商人の中から自然発生的に評議会(ソヴィエト)を結成し統治していた。後にソヴィエトはコミンテルンを結成し、地上における極楽浄土を実現するために旧制度(アンシャンレジーム)の打倒を目指し他地域への革命を指導した。

当初、本願寺はマグナ・カルタにあるように、革命に熱中し信仰心の薄いソヴィエトに距離を置く姿勢をとっていたが、室町幕府や他宗教による圧力もあり、無視することもできなり、次第に革命の指導層に加わわらざるをえなくなった。後、コミンテルンは真宗の当時の本拠地である石山本願寺に移動した。

コミンテルンの指導した伊勢国、長島における革命は、当時素朴なヤンキーだった織田信長を魔王に変えてしまった。織田信長は革命勢力を虐殺による鎮圧に乗りだし、長島における革命は失敗に終わった。織田信長はその後、北陸地区に侵攻し、執拗な殺戮によって革命勢力を鎮圧していった。 加賀の東方にある越後の国では春日山の怪僧、上杉謙信が分裂した越後国内の武士層をまとめ、越中に侵攻し、その後、能登加賀にも侵攻し始めた。

織田軍と上杉軍は加賀で衝突した(魔怪大戦争)。魔怪大戦争により、加賀の国は荒廃し、それに対して何もできないソヴィエトに対して、信仰心の厚い農民層は絶望した。やがて織田軍はこれら信仰に厚い農民層や機を見るのに敏な商人層の取り込むことに成功し、アクロポリスへの侵攻を開始した。結果、1580年にアクロポリスは陥落し、ソヴィエトによる支配は終了した。

その後、アクロポリスは現在の金沢と名称が変えられた。金沢の名前は元々、信仰心に厚い農民層の代表藤五郎の名前からトーゴローグラードとつけられる予定だったが、家族からこの土地でそんな名前ではいじめられるとなきつかれたため、藤五郎のホラ話である金が出てくる沢がそこら辺にあるということから適当に名付けられた。その後、織田信長の配下、前田利家が金沢を支配することになった。

革命政権滅亡後、前田家の栄枯盛衰、その後ただひたすら衰退[編集]

征服領主である前田家は、革命家の血を受け継ぐ市民と革命に熱心ではなかった農民層も高圧的に支配し農奴と変え、絶対領主制を強いた。また、これにより前田家の官僚である加賀藩士が市民に変わる政治・行政の中心となり現在のこの地域の中心的産業、公務員が発展する基礎を作った。また、加賀文明やアクロポリスを徹底的に破壊し、アクロポリスは金沢城へと変えられた。このときに土建屋が誕生した。また、前田利家の出身地である名古屋から商人を金沢に呼び土着の商人層を没落させて、名古屋の商人に特権を与えた。ここに現在まで続く名古屋による経済支配も開始された。

コミンテルンは、その後、石山本願寺を中心に革命を指導していたが、織田信長による鎮圧の影響で革命の存続は困難な状況になり、その後、豊臣秀吉の懐柔により、石山本願寺を明け渡し解散した。(なお、石山本願寺も秀吉により徹底的に破壊され大坂城となる)。その後、この明け渡しを発端に本願寺内部に対立が発生したため、弱体の機会を待っていた徳川家康により本願寺は東西に分裂した(大シスマ)。大シスマの影響により真宗は弱体化することになる。

250年間に及ぶ前田家の支配はかつてのアクロポリス市民を洗脳させ、アクロポリス市民の信条である自由 ・ 平等 ・ 博愛 ・ 極楽浄土を服従 ・ 差別 ・ 自己中心 ・ 極楽浄土に変えた。この文明の破壊と市民への洗脳は加賀文明の痕跡をほぼ消し去ることに成功したため、現在その痕跡を探るのは困難である。

また、前田家は自分の権勢を誇示するため現在も続く無駄に豪華絢爛な伝統産業の礎を作った。この頃が前田家支配と金沢の絶頂期といえる。

しかし19世紀中頃、日本全国が倒幕に向かう中、保守的で富裕な財産を持ち変える必要のない前田家は時代の空気を読めず時代に乗り遅れ、1871年の廃藩置県にてその支配を終えることになった。その間に育成された豪華絢爛な伝統産業から文化水準が高いという勘違いを元にした無駄に高いプライド、服従 ・ 差別 ・ 自己中心 ・ 極楽浄土というゆがんだ市民性、DNAに刻まれた革命家の本性は薩摩 ・ 長州 ・ 東京の新しい支配者には理解に苦しむものでありきわめて扱いにくいものであった。

廃藩置県後に金沢へ赴任した金沢県知事内田正風は、その扱いにくさのため金沢県の県庁を石川(後、美川)に移し県名を石川県に変更した。これが金沢第一の衰退を招く。

しかし、金沢ほど整備された都市は北陸にはまだなく、ある種の妥協から県庁所在地は再び金沢にもどされ、国家にとっても同様の理由から国の北陸地区の役所は金沢に作られた。これにより国家公務員という公務員の新しい分野が生まれ、同地の公務員産業はより拡大した。これは一時的に金沢に繁栄を取り戻すことになった。しかし、北陸地区の役所が金沢におかれたのは現実的な妥協論でしかないのに、金沢の市民は勘違いし増長してしまった。そのため、金沢市民の扱いにくさはさらにひどくなった。中央からきた役人や会社員はその扱いにくさのため精神に異常を来す者や、家族がだめになり家族離散になったりと破滅へと向かう者が少なくなかった。

やがて時代は流れて戦後の高度経済成長を迎え、かつて被征服民で金沢よりも下とされた富山県民は経済成長を果たし、北陸三県の経済の中心は富山へと変わった。中央の大手資本も、金沢に置く人材はつぶれても何ら影響がないものへと変わっていき金沢の重要度は低下した。

1990年代に起こった第三の革命 ・ 情報革命は世界の一体化を生み。特に中央資本は金沢に支店を置く必要がなくなりつつあるため、金沢はさらに衰退していくことになる。

食生活[編集]

最近では主食が和菓子からアイスクリームに移行しつつある。その過程で世界有数のアイスクリーム消費国となった。乱獲のため、アイスクリームの総量規制が敷かれたことがある。

名古屋県から刺客バローコロナワールドが派遣され、無量寺~木曳野地区の味覚を名古屋化すべく暗躍している。ナルックスが対抗するも、この地区の主食がアイスクリームから味噌カツ・天むすに移り変わりつつある。

2010年にはセブン-イレブンがオープンし、大々的にニュースにも取り上げられた。ちなみに、某セブンイレブンはファミリーマートのすぐ隣にあり、隣のファミリーマートは蒸発してしまった。

金のない若者を中心に、焼肉は「えびす」に依存してしまっていた市民が多い。曜日問わず大盛況満員御礼だった。あまりに依存しすぎてしまっていため「えびすがないなら焼肉は行かない」という一部市民も増えている。

市民性[編集]

日本地図を大雑把に描くときに能登半島はよく省略されるが、金沢市民は正確に表記することにこだわる。このため、金沢市民の書く日本地図は能登半島が異様に大きくなる傾向にある。

基本的に地元愛が強すぎる傾向があり、プライドが高く排他性は強い。

加賀百万石の城下町であり文化水準は高いと思い込んでいる金沢市民は、金沢以外の人、金沢出身でも東京から帰ってきた人間についてはバルバロイ(訳のわからない言葉を話す人)として明確に差別する。バルバロイのなかでも、石川県の住民については白札として比較的扱いはよいが、それ以外の人(特に富山県民)については奴隷や犬猫並みの扱いを行う。

なお、観光などで比較的短期にくる来訪者については金沢市民以上に丁重なおもてなしが行われているためか、表面的には人情味のある温かい人々と思われている。

このように二面性のある市民性であるため、バルバロイとされている人たちの激しい憎悪を生み、明治期に富山県が石川県から出て行く大きな要因となり、平成の大合併、特に富山市が周辺地域と合併し市域を大きく広げたのに対して、金沢市は周辺町村との合併をすべて断られることにつながった。産業面でも悪影響を及ぼし、きわめて内向きで扱いにくい性格なため大手資本を地元に呼ぶことができず、現代的な産業については停滞状態が続いている。

若年層[編集]

金沢市民の若者は、いわゆる腰パンを好み、周囲の人間に下着を見せつけることを嗜む。もはや臀部の下まで下がっている者までいる有様である。いわゆるケツパンである。また、絶えず悪影響な薬品の付いた髪を指先でいじっている者が多い。新竪町(金沢の原宿みたいな位置づけ)や香林坊(金沢の渋谷みたいな位置づけ、109ビルもあったりする)に行けば見ることができるであろう。

スニーカーやスリッパみたいな靴にスニーカーソックス、長めのスカート、ブランド物のリュックという独特なスタイルの女子高生が異様に多い。「紺or白色ソックス ・ ローファー ・ 割と短いスカート ・ 近年の定番の通学バッグ」という全国の一般的なスタイルから見れば極めて特異な光景である。

また、金沢市の小 ・ 中学生は県外(主に都会)からの転校生を排撃する傾向にあり、教師はその対応に追われている。そのために、高校への進学率を含めいろいろ破綻している中学校がある。公立中学校の選択制がいち早く導入された経緯もここらへんにあると思われる。

中年層[編集]

金沢市民の中年層は、一部を除き若年層の人たちのようなイタイファッションはしない。 稀に、非常に老けて見える30代~40代の女性が若者のようなファッションをしていることがあるが、これはまさに脳殺である。

喫煙率が異常に高く、これをごまかすために臭素スプレーを体にぶちまけている者が居る。これに遭遇すると呼吸困難に陥ることがしばしばあるため、ガスマスクの類を準備しておくことが強く推奨される。喫煙率の高さ故に金沢市の企業が貸切バスで慰安旅行を行うと、非喫煙者が何人か死亡する。

高年層[編集]

おばちゃんを筆頭に、車道の横断を好む。これは車が間近に迫ってきていても変わらず、多くのドライバーを悩ませている。 このことから、金沢の住民の高年層の人は、自分勝手(=自己中心的)であることがわかる。

方言[編集]

だら[編集]

「馬鹿」の意。特に「だら」というのは金沢市民が良く使う表現の一つで、冗談で言う場合や感情が高ぶった場合などいろいろな場面で使われる。「だら」の起源は「金ダライ」と「金沢」をかけたものだと言われている。

「だ」→「や」変換[編集]

「だし」「だから」が「やし」「やから」になる。香具師ではない。

げん[編集]

語尾に付けるげん。

  • 例)アンサイクロペディアって、すごいサイトやと思うげんw

まっし[編集]

「~してはいかがですか?」を「まっし」の一言で表現する。県外への広報活動では、この「まっし」が多用される傾向にある。

  • 例)まだクソの山やし、もっと愉快にしまっしw

なお、「まっしま」になると強い推薦の意味になる。靴下を買いに行った時などに、「しましまにしまっしま!」(縞々にしなよ!)は、 若干おせっかいではあるものの普通に使われる言い回しである。

~題目(だいめ)[編集]

歌の「~番」のこと。方言だと思わずに使っている率99%。

  • 例)うちの中学校の校歌、5題目まであるげんw

めろ[編集]

駄目な女の人を指す。最近では別Ver『おろ』も使われている。

  • 例)そいつのめろがな~、

きんかんなまなま[編集]

金沢でも失われた言語となりつつある言葉。この言葉が通じるのは大正文化を謳歌した人だけである。 雪が圧雪され氷のように堅くなり(きんかん)、表面が磨かれ艶めかしく輝く様(なまなま)を指す。

  • 例)寒いさけきんかんなまなまやろうし、気ぃつけて行きまっし

教育[編集]

金沢の文化水準を高めることを目的とした、美術館と称された宇宙人研究施設がある。現在、「まるびぃ」と名付けられた宇宙人が研究者たちによって飼育されている。ただし、小中学生からの評判は悪いため、やがて宇宙人保護施設と化してしまうことだろう。建物は時空を越えて存在しているため、市に存在した期間よりも老朽化が進んでおり、ひび割れた床の隙間からは植物が生えている。施設の中には、人間を真空パックに閉じ込めてしまう恐ろしい装置も備わっている。水中でも酸素無補給で生物が生息できるプールも開発された。

また、「いいね金沢」という教科書を使用した愛市教育を行っている。基本的に総合などの時間が愛市教育に割り当てられている。首都圏や関西圏への人口の流出の防止が主な目的であるが、恐るべき事にある程度は成功している。したがって市民は地元愛が強い。しかしそれが強すぎるため周囲に嫌われている。気の毒なことに嫌われていることに気づいていない。また、この活動は市内の出版社をも巻き込んで行われており、ふるさと不足なる新たな疾病を発見する契機となった。なお、これを発病した場合には、すみやかに田中美里に治療してもらうこと。

泉鏡花徳田秋声室生犀星といった文豪とされているあまり知られていない人が生まれた町であり、MROホールで開催される同人誌即売会が週イチのペースだった時期もあった。

市が主導して造ったITビジネスプラザ武蔵には、税金を充てて作られた時間貸しの光学式モーションキャプチャーがある(1時間2,950円)。しかし、その低い知名度故かいまだにモトがとれておらず、市職員は常に頭を抱えている。というか誰が何に使うんだよ。

教育界では、地元紙北國新聞社が勢力を誇り、教育委員会、教職員組合、私学校長会、果ては金沢文壇などを支配下に置く。福井県富山県のテレビ局も支配しており、意図的に情報格差を発生させている。北国新聞社自身も学校経営をしており、その資金投入金額はまさに「最貧国が瞬時に先進国になるくらい」と言われている。北國新聞ビル1階にタイムマシン「北斗」が格納されており、「ふるさと探査チーム」と称されるスパイグループがこれを用いた未来予測を行っている。そして、北國新聞社のパトロンは………。

交通[編集]

鉄道[編集]

金沢駅が中心である。東京(正しくは乗換駅である越後湯沢) ・ 名古屋 ・ 大阪への特急列車が数多く走っており、特急銀座とも呼ばれる。金洗いの沢が湧き出る危険性を考慮して、地下鉄の建設は見送られている。

贅沢すぎるほどの新型車だらけのバスや特急列車に反して、普通列車はいつまでたってもオンボロ国鉄型が行き来する。

2010年3月、新型車両の(関西地区を走ってる223系のパクりの)521系がやっと金沢市内(ただし金沢市内では野々市町境~金沢駅と、一本だけしかたなく津幡町境のみ)にも走るようになった。クソ短い2両運行のため連日エクストリームスポーツが繰り広げられている。 普通列車の終電は福井・富山・七尾各方面とも22時台とクソがつくほど早い。 繁華街が離れているにもかかわらずクソ早い。飲み会シーズンでも関係ない。片町から金沢駅に行き普通電車で帰るときは少なくとも22時20~35分ごろにはもうバスかタクシーに乗ってなきゃ間に合わないという悲惨さである。 JR線だけに限定すれば県庁所在地では「津」、「宇都宮」が金沢に匹敵するほど早い。が、こちらは近鉄や東武があるから… 結局全国で一番終電時刻がクソな県庁所在地は金沢で間違いない。

どこかで見たような列車が走っている

JR以外にも北鉄という別会社が運営する浅野川線(金沢~内灘)と石川線(旧金名線)(野町~鶴来)の2路線がある。しかしこの二つの路線はなぜか未だに繋がっていない。理由は過去を遡り時は戦国時代、加賀軍と能登軍が領土を巡り激しくこの地で戦っていた。この時、一本だった路線の金沢~白菊町(後に廃駅)を爆撃、跡形もない。そして二つに分断された路線は北側は能登軍が、南側は加賀軍がそれぞれ占領した経緯がある。この二つの路線を走る車両はそれぞれ別々に置かれ離散家族状態にある。その為鶴来から金沢市内へは新西金沢で西金沢駅に、野町で路線バスに乗り換えるしか方法がない。 数年前までは準急やら急行やらがあったり、日中も割と等間隔で毎時2本は確保されていたが、近年、白山市のオネーチャンを雇ったばっかりに全便各停化され、本数も毎時2~1本に間引きされた。夕方や夜の通勤通学時間帯でも1本しかない時間帯があり、おまけにJR線との相性もますます悪くなり、かなり悲惨である。運行会社はさっさと捨てたがっている。それにしても、なぜあの福井県の福井-越前武生が毎時2~3本も運行できるのか?なぜ富山県の富山駅-岩瀬浜が毎時4本も運行できるのか・・・特に鉄分夥多気味&金沢至上主義の市民の疑問は尽きない。

バス[編集]

北陸鉄道がほぼ独占している。バスの車体に赤が塗られているせいか、通常の3倍で走行する場合がある。このため、たびたび国土交通省からおロープを頂戴している。

がい者やお年寄りが乗りやすい、低床の「NON STEP BUS」を運行している。しかし、まれに「MONSTER BUS」が混ざっているので注意が必要だ。ヤツに乗ったらオシマイだ!!

非接触ICカードを使った運賃支払いシステム「ICa(アイカ)」を採用している。入金時に「チャージしてください」と言うと、ムスっとした顔で「積み増しですね」と言い直されてしまう。注意が必要だ。

商店街が中心部100円循環バスを、北鉄が引き受け好調な滑り出し。 金沢市からのふらっとバス長町ルートの運行依頼は一応拒否。こちらはJRバスが快く運行を引き受けた。 2011年現在、ふらっと此花・長町・菊川・材木、マチ、兼六園、城下町の4種7ルートも循環バスがあり、慣れた市民でなければわけがわからない。観光客に全然優しくない。兼六園バスに関しては「ICa利用者100円、その他200円」と、完全に観光客をナメている。

車社会が浸透している為にバスが遅延することは日常茶飯事であり、時刻表は殆ど当てにならない。これも注意が必要である。

道路事情[編集]

「金沢の町は曲がり角がたんとあるがや。」
金沢の道路 について、アルベルト・スイドライス
  • 駕籠が飽和状態であり、深夜の繁華街では大名行列を見る事ができる。
  • 交通量に波があり十分に渡れると思わせぶりな道が多い。50メートルなんて、大した距離ではないでしょ。
  • 交通マナーはあまり良くない。以下はその具体例。
    • ウインカーを出さないドライバーが多いため、ウインカーはディーラーオプションである。
    • 融雪装置の散水を避けるために、特例として横断歩道を停止線として使用しており、その手前の停止線のようなものはフェイクである。このフェイクの線で停止すると舌打ちされがちなので注意が必要である。
    • 交差点では基本的に直進よりも右折を優先する鉄の掟がある。
    • 右折レーンの無い交差点が多いので、特殊な商売が成立している。右折渋滞を意図的に発生させ、燃料の消費量増を図る事で石油会社からのリベートを受け取る新しいビジネスモデルである。
    • ドライバーの6割が斜め30°で座り、ハンドルの頂点を掴んで運転する。
  • 目印として「金沢ナンバー」が採用された。
  • 公道サーキットを建設中。山側は全線開通した。
  • 市内の道路幅が狭いため、車同士がすれすれで走行するため街中でもサーキット気分が味わえる。
  • 「町名復活」と称し、交差点の名前が変わることが近年は増加傾向にある。
  • うっかりコイルスデバイスを装着して路地を徘徊しているとはざま交差点の入り口が開くので注意が必要。もし見つけても、18歳以上の人間は絶対にヌル・キャリアーに触ってはいけない。命に関わる問題に発展する可能性がある。
  • 富山に比べると鉄道に関しては全く意欲の無い地域ではあるが、道路のためなら線路をまたぐ高架橋を作ったり踏切に自動車用信号を取り付けたりする。道路や車のためなら何でもする。
  • ただでさえ狭いのに東山~森山辺りに自転車レーンなるものを設置した。車道は片側2車線どころか1.5車線で、残り0.5車線が自転車レーンである。いつかやらかすだろうと思ってたが、ついに北鉄バスが自転車レーンの自転車と接触事故を起こした。最近は東金沢駅前から359号線にかけても丸々1車線を潰して自転車レーンを設置中。
  • アイカたんはぁはぁ。

経済[編集]

基本的に江戸時代においてだけ先進大都市であった典型的な武士の都市なので、市民に経済や商売の才能はない。(ごくたまに銭屋五兵衛のような天才が出ることもあるが、彼は市民の嫉妬をかいつぶされてしまった)。よって他県の資本に侵略され放題である。 ただし、大手資本が参入しないようなすきま工業においてはトップシェアを誇る会社が意外とおおい。ただし、あまり目立たない。

代表的な産業[編集]

  • 金箔 …日本全国の99%を生産
  • エロゲー …ソフトウェアハウスぱせり、U・Me SOFT、D'z
  • 電脳メガネ …メガネ会社最大手「メガマス」直売の最新型を入手可能
  • 公務員 …地方であれ国家であれ、太古の昔から公務員であることが伝統的にこの地域のステータスである。
  • 土建屋 …無意味に立派な道路や無駄で凝った建物ばかり作っている。自分たちが文化レベルが高いと信じきっていて経済観念のない市民はそれが普通に作ったよりも高いことに気づいていない。また、市民生活の向上に役立っていないことに気づいていない、

本社を置く企業[編集]

雇用[編集]

条例によって正社員の新規雇用が制限されている。そのために、企業は偽装請負で労働力を確保している。

市街中心部[編集]

過度の期待を促す記述があるが、基本的にはドーナッツの中心なので廃れつつある。どうでもいい事に、そのドーナッツの中心の中心にはドーナツ屋がある。 町の規模は八王子よりも小さい。北陸で唯一のスクランブル交差点がある。

香林坊 
大和(やまと)百貨店、渋谷店とうりふたつの109など、まことに都会的な雰囲気を目指そうとした商業施設が林立している。なんとミスタードーナツスターバックスまであって、ほとんど東京と変わらんげん!残念なことに金沢市民の希望の証、109は東急スクエアに変わってしまった。東京は東京でも八王子と変わらないという極めて現実と同じこととなってしまった。
片町
みんな靴を片一方しかはいてない片町ルックが大流行。
深夜の片町
自称、北陸を代表する歓楽街。日本で有数の性悪で卑屈で高慢でどこか人として根本的に間違っている金沢市民を相手にしているため、元は素朴な夜の店員をダークサイドに落とし、深夜0時を過ぎると店員はグレムリンへと変化する。街はいつもパニック状態で無謀にも24時間営業を行っていた全国チェーンのファーストフード店に攻撃して2店を閉店へと追い込んだ。そのうち1店は前代未聞のハレンチな事件でYahooニュースにトップにまでもなった。なお、マクドナルドが生き残っているのはいくらおバカなグレムリンでも対米戦争を起こす気まではならないせいである。
サウスタウン
2008年11月より旧町名復活で香林坊の一部がサウスタウンとなった。企業間の戦争により荒廃した地はまだ世紀末覇者が訪れていない状態である。現在はレッドフェザーホールを根城とする某企業が通信をはじめいろいろを牛耳っている。
竪町
東京で流行していたものが大量販売されている商店街。なぜか市内の多くの若者が喜んで買ってしまうため、金沢のファッションに悪影響を与えている。中年層の方がある意味まともなファッションをしている。 パティオがオタショップ排斥運動を実施してしばらく平和になったが、ベルセルという異空間が発生したことにより無意味となった。
市民の台所、近江町市場が隣接して賑わっている。市民の台所というだけあって、市場内には長さ300mもの巨大な台所施設が市民に提供されている。金沢市の民家の居住スペースが他県に比べて大きいのは、この近江町に集合キッチンがあるためである。現在、この集合キッチンは改装中であり、何人か飢えている。ヲタをタテマチへ隔離するためにゲーマーズが8月をもって撤退した。
横安江町
金沢の巣鴨。仏壇屋や靴屋や婦人服店や食堂、和菓子屋が所狭しとズラーっと並び、連日年寄りで大盛況!!というのがこの商店街の理想の姿である。
金沢駅
多くの地方都市の例に漏れず、駅前は非常に寂れており、近年までは歩くものもまばらな有様であった。これを哀れんだイオン様が勇敢にもフォーラスというファッションビルを建築した。 富山県民は金沢市民に嫉妬しつつも駅に近いためよく遊びに来るらしい、ツンデレ。

郊外[編集]

かつてはバスの営業エリアに合わせて、東部、割出、柳橋、南部の4地区に分けられていた。しかしバス会社が分裂を起こし、どの営業所が何処のエリアという法則が通用しなくなってきたため、この分け方は定着しないまま終わった。

市内北部[編集]

ラーメンなど様々な物の不毛地帯と呼ばれている。バスで言うと茶色のところ

柳橋
バスの車庫があり、発着するバスも多い。バスのおかげで市内では割と知名度のある場所。ここ辺りを境に北はどんどん寂しくなっていく。柳橋から先を河北郡に戻そうという運動も行われている。
瑞樹団地
「みずき団地」の表記の方がパッとする。これもバスの行き先表示のせい。みずきちゃんハァハァ
木越住宅
北部のベッドタウン。昭和50年頃、田んぼを埋め立てて大規模に造成された。当時、平屋の低廉な庭付き一戸建て住宅が大量に供給されたため、低学歴、低収入DQNの入居が多く、荒んだ環境の町である。
木越村
一向一揆の拠点となった寺がある。農業従事者が多い。隣接する木越住宅とは、僻み妬み敵視し合う関係にある。
大浦
大浦小学校がある。
蚊爪
蚊に爪なんてあるんでしょうか?
福久
金沢北部最大のショッピングセンター「イオン金沢」がある。天下の「金沢」の名が付くのだから、さぞ巨大で立派なイオンかと思いきゃ規模は圧倒的に「イオン金沢」<「イオンかほく」である。周辺はパチ屋が異様に多く、その敷地には石川最北端の王将もあるぞ。そしてけいおん!この町の名前そのまま!のラーメン屋の存在も忘れてはいけない。

市内西部[編集]

バスで言うと白ベースに橙字、茶字、青字のところ。

駅西
駅の西だからという安易な理由でつけられた名前。「駅西新町」、「駅西本町」などがある。が、「駅東」、「駅北」、「駅南」なんて地名は無い。富山の場合も同様で、「駅南」だけが存在する。『マックスバリュ 金沢駅西本町店』の店内放送のテープの発音が『マックスバリュ 金沢駅 西本町店』になっているのはみんなおかしいと気づいている。でもそっとしておいてほしい。
広岡
JRのための町。町民の殆どがJR職員そのものだったり家族がそうだったり先祖が元国鉄職員だったりする。近くの小学校の生徒もほとんどが親や先祖が関係者なのでJR小学校と化している。
金石
かないわと読む。バスターミナルがある。昔は駅だった。西部では一番バスの多いところ。『60番 金石行き』が毎日行き来している。余談だが富山には『60系統 石金行き』というバスがある。これも何かの縁である。最近京都のこってりラーメンの2号店がオープンした。日本海に面しているため昔は海水浴場を営んでいたこともあるが、現在は見る影もなく汚い。江戸時代に貿易が発達していた。その名残でいまだに『金石は都会だ』とのたまう高年層もいる。
割出
近年のエコブームにならい、MY割箸持参で○○円引きといったサービスを行う店が多い町。
大豆田
運動場は何故「おおまめだグラウンド」ではなく「まめだグラウンド」と書かれているのか疑問。また、このグラウンドとは別に広大な広場があり、この広場一体は金沢市ではなく『ゲイ村』として金沢市から独立しているので注意が必要である。パフォーミングスクエアやPIT1,2と呼ばれる舞台では連日男達による男達のためのショーが行われている。男塾と呼ばれるワークショップも開催中である。

市内東部[編集]

バスで言うと緑と黄色のところ

角間 
その名の通りクマが住んでいる山。しかし北陸で唯一大学が存在する貴重な場所でもあるため、毎年多くの学生がクマに襲われている。
卯辰山
かつては動物園や健康ランドみたいな物があったが、両者が無くなってからこれと言うものがなくなってしまった。強いて挙げるなら墓地と相撲場くらい。
寺町
やたらと寺の多い町。ずらーっと寺が並ぶ姿は圧巻である。テラオオス。あまりに多すぎるため寺町一丁目~五丁目まである。増え続ける寺の建設に歯止めがかからず、寺町ニュー寺タウンの計画もある。小学校の男子生徒の殆どがマルコメ状態でテラワロス
平和町
とにかく平和な町。戦争が起きたとしてもこの町だけは被害を受けないらしい。なんというチートな町だろうか。いざという時にはお隣の野田町にある陸上自衛隊金沢駐屯地の人達が守ってくれる。最近はイナズマイレブn...ではなくセブンイレブンとか言うコンビニが出来たおかげで荒れ気味に。
天神町
北陸を代表する中華料理屋チャイナーハウスがある。はるばる東京などの遠方から食べに来る客が多いらしい(Yahoo!ラーメン口コミサイトより)が、近所に住んでいる筆者は一度も食べに行ったことがない。地名に天神と入っているが菅原道真との関係があるかどうか定かではない。
旭町
朝は朝日が差して来て、暑すぎる町。隣町はが深く広がっている。葬儀場が2箇所あるため、とても寂しい。それの裏腹に夜中はとても騒音がうるさい町である。

市内南部[編集]

おそらく最も栄えている郊外の地域。バスで言うと青のところ。

有松
有松にありまつ。もうそれだけで十分。
寺地
有松の隣にありまつ。寺町の寺がテラパンク寸前なのでここに新しくニューテラタウンの建設が進められている。
久安
6丁目まである割と広い町。『きゅうあん』なんて読んだら偽市民だとすぐバレる。一部は工大の敷地。工大も金沢なのか野々市なのか分からないしどっちでもいい。
大額
久安から最短で行くには一度野々市に入らないと行けないと言われている奇妙な町。市民なら慣れたもんだが市外の人には読みにくいはず。石川県の105円均一の回転寿司のお初はこの町である。
光が丘
都民が目にすると二度見してしまいそうな町名だが、○○銀座や小京都などと名乗らない辺りは実に慎ましやかなリスペクトである。その名に恥じぬ金沢のベッドタウンで、人口なども実に慎ましやか。
円光寺
一時期その名の通り援助交際の盛んな地として一世風靡した。そういえばそんな名前のラーメン屋があったのもここ。
太陽が丘
冬ソナのロケ地そっくりだとして全国(営)放送にも取り上げられたことがあるニュータウン。金沢市唯一イルミネーションがある町であるため、山奥にもかかわらず夜になると若者が頑張って登山して、はぁはぁする。

伝統行事[編集]

百万石まつり[編集]

金沢市の公立学校のみに適用されるローカル祝日。金沢駅~武蔵ヶ辻~片町とメインストリートを閉鎖し、マスゲームと改造車の低速走行を白昼堂々と行う百万石行列が主な催しである。旬を過ぎたタレント扮する前田利家が行列のクライマックスを飾る。戦国BASARAの発売を受けて、前田利家の衣装が全裸に近いあの衣装に変更される予定である。

百万石行列は、国営放送も含めたすべてのテレビ局が同時生中継する。このため、(特にテレビ東京系の番組を見ようとした)ニートがVIP板で暇を潰すので、VIP板の石川県民率が極端に上昇するという統計データがある。

若い力[編集]

かつて金沢市の公立小中学校で踊られていた伝統的な盆踊り。男子は上半身裸になって踊るという、その筋の人にとってすれば天国のような光景が、小中学校で見られたという(なお、女子は体操服のまま)。ただ、近年の教師による不祥事を受け、現在では見ることが出来ない。

この盆踊りが小中学校で踊られていた経緯については不明だが、起源は前田利家の入城にあるのではないかという説も見られる。

アスレバル[編集]

ょぅι゛ょファンなど、幼児愛好家にはたまらないお祭り。当の本人たちはその筋の人にハァハァされている何が何だか分からないまま踊りやパフォーマンスを繰り広げている。金沢市と近郊のみのイベントなので、県外では理解してもらえない。

温泉[編集]

金沢の奥座敷と呼ばれる湯涌温泉というのが山の方にある。付近の小さな凍える山小屋とその敷地を巡って幾度と無く闘争が続けられてきた。その他、富山ブラックならぬ金沢ブラックなる温泉が大人気である。非常にヌルヌルしていてまるで醤油のような濃い茶色である。一体誰が風呂の中でウン(ry

人物[編集]

金沢市出身ではない石川県民(白山市、野々市町、河北郡など)は、県外に出ると出身地が金沢市になる為、本項ではこれらを分けて記述する。

金沢市出身者[編集]

金沢市出身ではない者[編集]

関連項目[編集]


この項目「金沢市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)