野田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「野田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「野田市」の項目を執筆しています。
醤油戦士キッコーマソは日々、野田市の治安を守っている。ただし、アンチ醤油な発言をした者は、彼に徹底的に叩きのめされてしまう。
野田市市役所
市内を走るバキュームカー。
市民は常にこのような格好をしなくてはならない。

野田市とは、春日部の間にある、キッコーマンにより支配されている自治区である。別名、野田市。市内の土地の98%がキッコ-マンの私有地。残りの2%は東京理科大学霊波放送協会がそれぞれ所有している。

地理[編集]

千葉県の最北端の帝国である。そのため、下水道の整備が大幅に遅れ、郊外では今でもバキュームカーが走っている。 東武鉄道野田線「野田市駅」周辺には、キッコーマンがあり、日々全国に醤油が輸送されている。しかし、この醤油産業のせいで、地域住民は醤油のキツい匂いを嗅がされなくてはならない。洗濯物を干すと醤油の匂いが衣類に染み込むことから、野田市民が近隣都市(柏・春日部等)に出かけた場合、着ている服から醤油の匂いがするためすぐに野田市民だとばれてしまう。そのため、野田市から埼玉・茨城の学校・仕事場に通勤通学する醤油人間どもは、これによる多数の虐めにあっているという。 なお、埼玉県と茨城県に挟まれた土地柄、度々双方からの侵攻にあっている。その為、住民は野田ナショナリズム派、千葉中央思考派、親埼玉派、親茨城派に分かれてるとかいないとか。

また、特筆すべきことは、市内に「天守閣を持つ城が二つある」ことである。1つは隣の弱っていたやつから奪った「関宿城」であり、もうひとつは市内にある焼けた…......って、おいおい、こんな時間に誰だ?さてはまたキッコーマンの販売員か......しつこいな。「はーい、醤油ならもうあるのでいりまs(バキューン

隣接している市町村[編集]

市名[編集]

「野田」の市名の由来は、低湿地を表す「ニダ」に由来するニダ。でも半島の人とは関係ないニダ

野田ナンバー[編集]

『野田』は田舎のイメージが強いから」という理由で、2006年に「野田ナンバー」から「柏ナンバー」に変更されてしまった。

醤油[編集]

先述した通り、野田にはキッコーマンの本社と工場があり、昔から醤油の生産地として活躍してきた。そのため、野田市民は醤油には異常なこだわりを持っている。 例えば「目玉焼きには必ず醤油をかけて食べる」し、スパゲティは醤油味が主流であり、甘いお菓子にも必ず醤油をかけて食べるほどでもある。とんかつエビフライなどにも醤油以外の調味料(ソースなど)をかけて食べようものなら、周囲の者によって私刑のうえに死刑にされてしまう。

また、野田国民は子供の頃から「醤油といえばキッコーマン」と半ば洗脳に近い形で教えられながら育っているため、ヤマサ醤油銚子が生産地)に対して強いライバル意識を持っている。

そのため、(ヤマサ醤油の産地である)銚子から転校してきた小学生はかなりの高確率でいじめられてしまうから、銚子から野田に引っ越す際は注意が必要である。

以上のように、あまりの醤油好きと異常な生活様式から、野田国民は「千葉県のユダヤ人」と呼ばれている。

ほとんどのシェアをキッコーマソが握っているので意識されないのが常だが、キノヱネ醤油の工場も存在する。

ホワイト餃子[編集]

子供たちは冷凍のホワイト餃子(これが醤油に良く合う餃子と言われている)を解凍して投げてぶつけ合い、春の到来を待つという風習がある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野田市」の項目を執筆しています。

野田市民かどうかを判別するには?[編集]

まず、まぐろの刺身と、「ヒゲタ醤油(またはヤマサ醤油[1])」を用意。

そして、被験者を個室に連れ込み面接をする。その場で、「これを食べてください」と、刺身と醤油を渡す。

他市民「あぁ、すみません。いただきますね......。う~ん、うまい、うまい」

野田市民①「いただきま......?クッ......。ダメだ!ヒゲタ(ヤマサ)の醤油なんて使えない......ぐぁぁぁぁぁぁ!!!!(錯乱)」

野田市民②「醤油、醤油っと......?ばかやろう!ヒゲタ(ヤマサ)の醤油なんて使えるわけねーだろうがぁ!(醤油の入った小瓶を握りつぶす)」

脚注[編集]

  1. ^ ともに野田市の商売敵「銚子市」の醤油メーカー。大事なことなので2回言いました

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「野田市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)