兄者 (声優)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

野島裕史(のじま ひろふみ、1973年4月16日 - )は、著名な自宅警備員流石兄者 (さすが あにじゃ)中の人稼業時に名乗る、世を忍ぶ仮の名前である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野島裕史」の項目を執筆しています。

名前について[編集]

一部で勘違いしている連中がいる様なので、最初に忠告して置く。野島裕史と言う名前は、本名では無くリングネーム及び源氏名と呼ばれている奴である。コレは、真面目を自称する百科事典でも紹介されている真実である。嘘だと言うなら、真面目を自称する百科事典に文句を言いましょう。即座に抹消されるの確実ですが…。

なお、野島裕史と言う名前は、字画から仕事運が上がり恋愛運が下がるらしい。彼が担当する役が女に泣かされる役が多いのは、この縁起でも無い名前が悪影響を及ぼしているとも言われている。

略歴[編集]

著名な自宅警備員父者の第一子として1973年4月16日に誕生した兄者は、父者の自宅警備員振り[1]に嫌気が差し家出をする。ところが、親がニートなら自分もニートなので仕事が続かず、悲惨な生活を送る羽目となった。この窮状を聞きつけた父の莫逆の友・蒼月昇が、頭髪の無い著名なクリエイターに相談。この時語られた兄者の窮状を元に作り上げたアニメが、兄者の名前を轟かせる事になったOVERMANキングゲイナーである[2]

こうして、中の人産業成功の糸口を早くも掴んだ兄者は、その後も快調に戦果を重ねる事となった。ところが、この早すぎる成功が嫉妬を買ったのか、人切り包丁を振り回す貧相でちんちくりんなツンデレ少女の活躍劇では盛大な改悪を食らってしまう。この改悪は、スーパーロボット大戦参戦を希望している著名な酒代官の差し金と言われているが、この世界に毒された兄者にはこの行為は今や快感でしか無く、却ってスーパーロボット大戦参戦が絶望的になるリスクが高いと言う向きが少なくない。

代表作品[編集]

ツンドラ地帯を素っ裸で疾走する程にカミングアウトする自宅警備員な少年役を熱演。
  • ARIA(出雲暁役)
兄者の女運の無さを見せ付けた当たり役。
上記の改悪劇で知られる作品。なお、主人公ライバルが報復を受けていない事は検閲により削除
某ツンデレ物のアフターフォロー的作品であったが、アグミオンのイメージが強すぎて……カワイソス(´;ω;`) ブワッ
兄者の半生をファンタジー要素に振って描いた作品。なお、父者弟者がゲスト参戦していたりする。
兄者の新たなる代表作。見所は無論全裸マラソンである。
兄者の気持ち悪いパーソナルイメージを具体化したキャラクターを演じる。あまりの気持ち悪さに、業界一気持ち悪い男まで吸い寄せられるように出演する結果になった。

注釈[編集]

  1. ^ 『九州で自宅警備員稼業をしていた』事は、真面目を自称する百科事典でも紹介されている。
  2. ^ MSが登場しないガンダム第2弾のコンセプトも、彼の半生がベースになったとも言われている。

関連項目[編集]


Hayami.jpg この項目「野島裕史」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)