野岩鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
野岩鉄道の一般的な車両。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野岩鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野岩鉄道会津鬼怒川線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「野岩鉄道」の項目を執筆しています。

野岩鉄道(やがんてつどう←ノイワテツドウではない[1])とは、北関東三県同盟の真ん中の宇都宮人民共和国日光市にある新藤原駅会津藩南会津郡南会津町の会津高原尾瀬口駅を結ぶ会津鬼怒川線を運行している会社 (笑)である。 社名の「野岩」は所有路線の両端、すなわち栃木県の旧国名である「下野国」の「」と、福島県会津地方を含む範囲の旧国名である「岩代国」の「」とから来ている[要出典]"自称"専門家たちはのたまっているが、奴らの妄言なので知ってもたいした価値はない。

なお、このページでは、この会社(笑)の所有する野岩鉄道会津鬼怒川線についても記述するのかな?かな?

会社概要[編集]

原住民のように置き石をしてはならない。

この会社は、しR日本國有鐵道が赤字ローカル線運営の責任逃れのためにひろゆき氏を雇い考案した新システム「第三セクター」を担当する下請け会社である。(ちなみに、この会社のサーバーのHDD代替処理済みのセクター数は3つではなく768個ほどある。)[要出典]

資本[編集]

野岩鉄道の資本金は10億両であり、会津藩、宇都宮藩、糖武鉄道猿軍団などが主な株主であるが、そのほかにホテルおおるりそっち系の人日本野糞連合会ノッポンなども株主であると噂されている。なお、政府博打場はじめ、どこの賭場にも開帳していないので、ギャンブラーの方々は裏取引を通して株を入手しましょう。(業績悪化のこの会社を買う理由は見当たらないが・・・)

ちなみに、支援者の方の寄付は喜んでお受けしております。

施設[編集]

このような事になったら本当に廃線になってしまう。本当にやめて…

施設は酷鉄からジャイアン理論によりタダで借り、さらにジャイアン理論により昭和75年1月4日に自分のものとした。 さらに第3セクターでありながら電化できたことを誇りとしている。しかしながら、場所が場所で『とつぃぎ』のため、区間のほとんどが橋やトンネルである。したがって、近い将来に保守のために多大な山吹色のお菓子が必要になる。さらに利用者の減少や、ひがみっぽい群馬県民が侵入してきている今の状況では、へたをすると廃線になってしまうかもしれない。ですので、やはり………支援者の方の寄付は喜んでお受けしております。

営業努力[編集]

社員の給料を下げる。蛍光灯を一本残らず外す。乗客が来たら発車する(来るまで発車しない)。社長の給料を上げる。などで対応している。しかし、ある鉄道会社などのようにを駅長にするなど猫中毒者を集めたり、また、ある鉄道会社達のように電気を使わない電車を走らすなどして鉄分摂取過剰者を集めるなどの努力をしたり…と言うわざわざ客が来てくれる様な工夫はしていない。これでは客が減るばかりである。もちろん、駅でぬれ煎餅を売って経営を支えることなんかプライドがあるのでできない。実は営業課がドMであり、わざと会社を赤字に追い込みたいようである。(まぁ、赤字になっても自治体からお金もらえるし・・・)

野岩鉄道会津鬼怒川線[編集]

概要[編集]

会津鬼怒川線は上記の通り、新藤原駅と会津高原尾瀬口駅を結ぶ路線である。酷鉄が建設を途中で放り出した路線をこの会社がネコババしたものである。ばす鉄道と糖武鉄道を結び、中央林間から会津までを3~4時間で結ぶ架け橋となる路線であるが、初版投稿者ですら最近になって存在を知った路線である(糖武が管理しろよ!)。重要な路線のように感じるが、東北線があったり、郡山新幹線が止まったりするので、いまいち目立っていない。

鵜飼ルートとして[編集]

Winding tower of Shime.jpg
この記事は、かつて“現在進行中の事に関する記事”と呼ばれており、誰もが先を争って編集していたホットな記事でした。
しかし、今はどうでしょう。この記事が最後に編集されたのは、もう17ヶ月も前のことです。みんな、この記事のことも、この記事で扱われていた主題のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて54.226.34.209さんだけでも、この記事のことをいつまでも憶えていて下さいますように。

昭和86年3月11日東北関東大震災において、↑の東北線、新幹線共にあぼ〜んしたので、代替ルートとして活躍している。この場を借りてこの路線を見くびったことをお詫びする。この路線は今回の震災を予見して存続されてきたものであり、冗長化の極みである。この路線は被災者を支えているとも言えるし、さらに言うと日本経済を支えていると言えるだろう。素晴らしい!過疎化と老朽化と利用者減と赤字に耐えてよく頑張った!感動した!(…どうせ東北線か復活したらまた必要なくなるん粛清されました
楽しい仲間がポポポポーン!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野岩鉄道会津鬼怒川線」の項目を執筆しています。


結果… やはり忘れられました。

群馬県民の業務妨害[編集]

現在この路線は「とつぃぎ」の動脈をなす路線であり、とつぃぎの発展を許さない群馬県の過激派がとつぃぎ経済の転覆を狙って置き石などの妨害活動をしている。これに対してあのシーシェパードから「資源の無駄遣いだ!違法な置き石は即刻中止しろ!」というもっともなツッコミを入れられ、首謀者から群馬職員が事情を聞いて職員は今後の対応を協議している。(警察はない。)  
のいわ鉄道サイドにおいては、全区間地下鉄化や群馬県民用の土塁を設けるなどの対策が協議されたが、技術不足や予算不足のため、しばらくはちづるさんの結界でしのぐこととした。これに対し過激派は犹守 望(えぞもり のぞむ)氏に協力を依頼する方向で協議が進んでいる。

車両[編集]

このような新型車両はめったにお目にかかれない。

保守においては、5-56を差したり、ガラコを塗ったり、スタッドレスタイヤを履かせたり、かがみんのペイントをしたりしている。さらに最上記の一般的な車両は見た目とは裏腹に単二マンガン電池によって最高時速256kmを15時間の間継続して出すことができる。これは糖武の敵や我らの偉大なる将軍様もびっくりの省エネ車両である。(※通常時は気動車として80km/sの安全な運転をしております。)

職員[編集]

乗務員は車両などと同様、ほとんど糖武鉄道との使い回しである。公式HPに詳しいことが書いていない。これは『実際のところ、この会社は存在しないのではないか?』という説の裏付けになっている。

[編集]

(南から)新藤原駅__龍王峡駅__川治温泉駅__川治湯元駅__湯西川温泉駅__中三依温泉駅__上三依塩原温泉口駅__男鹿高原駅__会津高原尾瀬口駅(会津鉄道へ)
の9駅ある。↑お分かりのように、会社と同じく赤字である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • 上記のように中央林間駅まで行くためには乗り換えが必要になるが、浅草には確実に行けるので寝過ごさないように気をつけなければならない。一日を無駄にするだけでなく、べらぼうな料金が発生する。[2]
  • 糖武鉄道と車両を共用している。そのため、普通の人は糖武鬼怒川線の続きと勘違いをする。実際ほとんどそんなもんである。
  • 鬼怒川のきれいな景色をのぞみながら、大勢の人には迷惑をかけずにあの路線ではなくこの路線を使い、とある競技に参加しようと貴方がもし思っているならやめてください。周りの人が暖かくて実行に移せません。試そうとした人が言うのだから信じてください。あなたの気持ちはわかります。相談にも乗りますので絶対にやめてください。

  • ここだけの話であるが、会津方面(会津若松駅などの会津線)から関東に戻る場合、会津高原尾瀬口駅では野岩鉄道の切符を買わなくても新藤原行きなどの電車に乗りかえられ…ない。この際、貴方が糖武鉄道などの降りる駅の入場券を買って入場しておけば、何千円もの料金を浮かすことができ検閲により削除(行きの料金も糖武に関してはごまかせられ検閲により削除)(行きの時は野岩鉄道分は車掌に料金を回収される。…これは本当。)ただし、この魔法は、日付をまたいで利用することはできない。切符の期限が切れてしまうためである。
  • ↑これってキセル乗りって言検閲により削除

脚注[編集]

  1. ^ 『野岩鉄道』の読み方は(のいわてつどう)ではなく、(やがんてつどう)である。大事なことなので二回目です。もちろん、(やかんてつどう)でもない。
  2. ^ 執筆者も下り線で寝過ごし、気づいたら山奥にいた事にショックを受けた。

関連項目[編集]

Ueberfuellterzug.jpg この「野岩鉄道」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)

最後に…[編集]


支援者の方の寄付を喜んでお受けしております。