日本の重要無形文化財

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
重要無形文化財から転送)
移動: 案内検索

日本の重要無形文化財では、文化財保護法の規定に則り文部科学大臣により指定された、日本が将来に渡って保存すべき重要無形文化財について述べる。

概要[編集]

日本には、古来から様々な行事や儀式、芸能、工芸が存在している。しかしながら、無形文化財の保護は有形文化財と比べると遅れており、日本においてその重要性が認識されたのは戦後になってからであった。以降、文化財保護の意識の高まりとともに、現在に至るまで様々な無形文化財が重要無形文化財として登録され続けている。

重要無形文化財一覧[編集]

重要無形文化財は、無形の「わざ」そのものを保護するものである。国は、重要無形文化財を指定し、それとともにその担い手である保持者を認定する。保持者の認定には、個人を認定する「各個認定」、団体の構成員を認定する「総合認定」、団体自体を認定する「保持団体認定」がある。各個認定された個人は、人間国宝と一般に呼ばれる。

人という人が箱のなかに吸い込まれていく。まさに芸術である。

人の塊を直方体に詰め込んだ芸術作品を作る技術[編集]

  • 保持団体:JR各社・私鉄各社及び同社員
  • 指定の理由:本文化財は終戦直後の買い出し列車に始まり、戦後を通して首都圏の代表的な情景の一つを構成してきた事を踏まえて指定された。駅員と乗客が一つになって作品を作り上げる、迫力ある映像がyoutubeにアップロードされて外国人に大人気となっている。最近では観光案内所で本文化財の見学を希望する外国人観光客の姿が見られるなど、積極的に海外に発信していくことが期待されている文化財である。

証拠を造る技術[編集]

  • 保持団体:桜田門組及び同組員
  • 指定の理由:特高警察の時代から続く自白強要や証拠捏造といった匠の技をよく受け継いでいることを評価され、指定された。また、転び公妨のような特殊な技能を要求される高度なわざは、本文化財の芸術性を高めている。本文化財は基本的に非公開であるが、近年は自白強要についてマスコミで取り上げられるなど話題になっており、ぜひ一般公開してほしいという希望が日弁連等から寄せられている。
このような古文書を根拠として死刑は執行されている。

死刑の執行[編集]

  • 保持団体:法務省及び同職員
  • 指定の理由:明治6年に公布された太政官布告に定められた様式を、今日に至るまで140年以上もの間忠実に守り、頑なに絞首刑の方式で執行してきた功績を踏まえて指定された。世界的に死刑廃止の流れが広まる中、今後一層貴重なものとなっていくことが予想される文化財である。近年では世論調査で大多数の国民が本文化財の存続を求めるなど、注目が集まっており、それを受けて死刑執行施設の一部が保持団体によって公開された。なお、特定の死刑執行人が定められていない我が国では、死刑執行の人間国宝というのは存在しない。

戸籍に関する業務[編集]

  • 保持団体:法務省及び同職員
  • 指定の理由:漢字文化圏独特の制度である戸籍制度を、共産化された中国に代わって韓国・台湾と共に受け継いできたことを評価され、指定された。本文化財は、婚外子差別を始め我が国の様々な風習に影響を与えており、社会に根づいた文化財であると言える。

姑の嫁いびり[編集]

  • 保持者:息子夫婦と同居する母親
  • 指定の理由:古くから行われてきた姑の嫁に対する苛めを現代まで存続させ、不法行為の域に高めたことが評価され、指定された。ドラマやバラエティー番組の題材としてしばしば取り上げられるなど、現代文化に強い影響を与えている文化財である。また近年、母親の行為を見守っていた息子も母親と共に文化財の保持者であることが裁判所によって認められた。

スポーツにおける体罰[編集]

  • 保持団体:大阪市立桜宮高等学校戸塚ヨットスクール時津風部屋
  • 指定の理由:体罰を駆使して教え子を調教しスポーツで優秀な成績を納めようとする文化は、世界的な体罰禁止の潮流の中で風前の灯となっており、今や先進国では日本でのみ広く普及している文化である。その日本でも、生活の欧米化、人権意識の高まりなどから、徐々に体罰文化が衰退する傾向にあり、早急な文化財保護が求められる。

関連項目[編集]