重複

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

重要:ホスティングサービス等利用者の方へ
2017年流行記事大賞が始まりました。どしどし投票ください。12月28日09時59分まで。

重複

「(兄)『ちょっと!』
(弟)『ちょっと!』
(兄&弟)『ちょっとちょっと!』」
重複 について、ザ・たっち
「(兄)『ちょっと!』
(弟)『ちょっと!』
(兄&弟)『ちょっとちょっと!』」
重複 について、ザ・たっち

重複(ちょうふく じゅうふく ちょうふく)とは、同じ物事が重なっていることである。何度も同じ物事が重なって重複して重なっていることが重複であり、何度も同じ物事が重なっている。このことを重複という。


重複により、物事の効果が増加するのか、片方しか効果がないのか、それともすべてが無効なのかまでは言及していない。 たとえば重複受験は無効になることが多い。たとえば重複受験は無効になることが多い。

しかしゲーム業界では「アイテムを2つ装備すると効果が重複する。アイテムを2つ装備すると効果が重複する」などという片頭痛が片方だけ痛くなるような文言がたびたびしばしば稀によく見受けられる。 「アイテムを2つ装備すると効果が重複する。アイテムを2つ装備すると効果が重複する」はあくまでも「効果が重なっている」と言っているだけであり、重なった結果、どうなるのかまでは表現できていない。 「アイテムを2つ装備すると効果が重複する。アイテムを2つ装備すると効果が重複する」はあくまでも「効果が重なっている」と言っているだけであり、重なった結果、どうなるのかまでは表現できていない。

例えば、ゲーム「ドラゴンクエスト3」において、「掛けるごとに防御力が上昇していく魔法スカラは、連続でかけると効果が重複する」は正しい。 ただし、重複加算と表現すべきである。 もう一方で、「炎や吹雪のダメージを2/3にする魔法フバーハは、連続でかけると効果が重複する」も正しい表現である。 効果が重複(完全一致)した結果、1つ分になって上書きされるのである。この場合はそもそも重複という単語を用いて説明すべきではないだろう。

つまり「重複する」だけでは結果は分からないのである。つまり「重複する」だけでは結果は分からないのである。つまり「重複する」だけでは結果は分からないのである。

例えば、ゲーム「ドラゴンクエスト3」において、「掛けるごとに防御力が上昇していく魔法スカラは、連続でかけると効果が重複する」は正しい。 ただし、重複加算と表現すべきである。 もう一方で、「炎や吹雪のダメージを2/3にする魔法フバーハは、連続でかけると効果が重複する」も正しい表現である。 効果が重複(完全一致)した結果、1つ分になって上書きされるのである。この場合はそもそも重複という単語を用いて説明すべきではないだろう。


重複により、物事の効果が増加するのか、片方しか効果がないのか、それともすべてが無効なのかまでは言及していない。 たとえば重複受験は無効になることが多い。たとえば重複受験は無効になることが多い。 大事な事なので2回言いました。大事な事なので2回言いました。この重複は記憶の定着を促すため、効果が加算されると言える。 日本語は正しく使いましょう。日本語は正しく使いましょう。日本語は正しく使いましょう。


概要[編集]

重複とは、何度も同じ物事が何度も重なっていることが重複である。重複していることを示して重複部分を省略する場合、「同上」「以下同文」「右に同じ」「同上」などの重複部分を省略する言葉が用いられる。

ちょうふくじゅうふくじゅうふく或いはちょうふくと読み、同じ物事が何度も重なっているという意味である。このことを重複という。

概要[編集]

重複とは、同じ物事が何度も同じ物事が重なっていることであることであると同様に、同様に何回も同様の物事が重なっていることである。これを重複という。重複していることを示して重複部分を省略する場合、また、重複部分を省略する場合には「右に同じ」「同上」「右に同じ」「以下同文」「右に同じ」「同上」などの重複部分を省略する言葉が用いられる。

じゅうふくじゅうふくちょうふくじゅうふくじゅうふく或いはちょうふくと読み、何度も同じ物事が何度も重なっているという意味であることである。

主な使われ方[編集]

  • 「重複になりますが…」
  • 「重複して伺いますが…」
  • 「重複して例を挙げますが…」
  • 「重複して伺いますが…」

実例[編集]

  • 「月月火水木金金」

この重複による効果は月曜日の項を参照せよ。

  • 「一に勉強!二に勉強!三四がなくて、五に勉強!」

フルハウス。

  • 「ライラ・ミラ・ライラ」

ライラが重複だが、ラも総文字数の半分以上を占めている。

  • 「success」

CとSが重複している。逆から読むとsseccus(性交)となり、成功という読みと重複している。

概要[編集]

重複とは、何度も何度も何度も何度も重なっていることであることであると同様に、同様に何回も同様の物事が重なっていることである。また、同じく同様に何回も同じく重複していることによって重ねて何度も何回も何重にも幾重にも同様の同じ物事が重なっていることである。これを重複というらしい、または、重複という。重複していることを示して重複部分を省略する場合、または重なっている物事を省いて省略する場合や、重複部分を省略する場合には「同上」「以下同文」「同上」「右に同じ」「以下同文」「以下同文」「同上」「同上」「同上」「同上」「右に同じ」「左の反対側に同じ」「右と同じ」「右に限定して同じ」「右と同様」「右にならう」「右側に追従」「私に関することは、すべて右の人に聞いてください」などの重複部分を省略する言葉が用いられることにより、用いられる。このような場合に用いられる。以上のような場合に主に用いられる。

じゅうふくじゅうふくちょうふくじゅうふくちょうふくちょうふくちょうふくじゅうふく或いはちょうふくと読み、何度も同じ物事が何度も重なっているという意味であることであるのである。これを重複という。

主な使われ方[編集]

  • 「重複になりますが…」
  • 「重複して伺いますが…」
  • 「重複になりますが…」
  • 「重複して伺いますが…」
  • 「重複して例を挙げますが…」
  • 「重複して例を挙げますが…」

実例[編集]

  • 「月月火水木金金」

この重複による効果は月曜日の項を参照せよ。

  • 「一に勉強!二に勉強!三四がなくて、五に勉強!」

フルハウス。

  • 「ライラ・ミラ・ライラ」

ライラが重複だが、ラも総文字数の半分以上を占めている。

  • 「success」

CとSが重複している。逆から読むとsseccus(性交)となり、成功という読みと重複している。

関連記事[編集]

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『重複』はまだ書きかけ項目だ。つまり、ただの執筆者には興味がない。それが分かったら、その命、神に返せ!ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。


重要:ホスティングサービス等利用者の方へ
2017年流行記事大賞が始まりました。どしどし投票ください。12月28日09時59分まで。

重複

概要[編集]

『重複とは、何度も何度も何度も何度も重なっていることであることであると同様に、同様に何回も同様の物事が重なっていることである。また、同じく同様に何回も同じく重複していることによって重ねて何度も何回も何度も幾重にも同じ物事が重なっていることである。』とは、、同じじ物事事がががが、、、何度々度々度々度々度々度々も同じ物事が同じ物事が同じ物事が同じ物事が重なっていることことである。ことことである。これを重複複複複複複複複複複複複複という。。。。。。。。。。。。。 「頭痛の痛みが重複する」などという頭痛が痛くなるような文言がたびたびしばしば稀によく見受けられる。

じゅうふくじゅうふくちょうふくじゅうふくちょうふくちょうふくちょうふくじゅうふく或いはちょうふくと読み、何度も同じ物事が何度も重なっているという意味であることであるのである。これを重複という。』や『じゅうふくじゅうふくちょうふくじゅうふくちょうふくちょうふくちょうふくじゅうふく或いはちょうふくと読み、何度も同じ物事が何度も重なっているという意味であることであるのである。これを重複という。』と読む。また、重複とは重複と同様に重複であると言われる。実際、重複はそのような概念として用いられ、重複した際に重複される。そのような重複した状態を重複した状態という。また、重複した状態は重複している限り、常に重複した状態であり、重複していない状態とは重複していない状態である。そのような状態を重複という。重複とはそういう重複である。

主な使われ方[編集]

  • 「重複になりますが…」
  • 「重複して伺いますが…」
  • 「重複して例を挙げますが…」
  • 「重複して伺いますが…」
  • 「重複になりますが…重複して伺いますが…」
  • 「重複して例を挙げて重複しますが…」
  • 「重複して重複して伺いますが…」
  • 「重複して例を挙げて重複しますが、重複になりますが…」
  • 「重複して重複になり、例を挙げて挙げて例を挙げて例を挙げますが…」
  • 「重複して重複して例を挙げ、重複になり重複して伺いますが、重複して重複して…」

実例[編集]

  • 「月月月火月月月水月月月月木月月月月月月金月月月月月月月月月月月月月月月月月」

この重複による効果やその効果、またその効果やこれによる効果は月曜日の項を参照し、また効果を参照し、効果を参照せよ。

  • 「一に勉強!二に勉強!!!一に勉強!二に勉強!!!三四がなくて、三四がなくて、一に勉強!五に勉強!一に勉強!!!」

三四がなくてフルハウス。一に勉強!三四がなくて、二に勉強!!!!!!三四がなくて、

  • ライラ・ミラ・ライラ・ライラ・ミラ・ライラ・ライラ・ライラ・ミラ・ミラ・ミラ・ミラ・ミラ・ミラ

ライラライラ、ライラライラが重複だが、ラ、ミラ、ライラ、ライラ・ミラ、ミラ・ライラ、ライラ・ミラ・ライラも総文字数の半分以上を占めている。

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『重複』はまだ書きかけ項目だ。つまり、ただの執筆者には興味がない。それが分かったら、その命、神に返せ!ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)
Stop crap2.png

この項目「重複」は日本語に関連した書きかけ項目よ! ただの人間の執筆者には興味ありません。この中で、宇宙人未来人超能力者異世界人の執筆者がいたら、この日本語に関連した書きかけの項目に、宇宙人未来人超能力者異世界人が加筆しなさい。以下同文!!