酢昆布

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「酢昆布」の項目を執筆しています。
「ガペペ!なんですかコレすっぱい!じいやの脇よりすっぱい!」
酢昆布 について、そよ姫
「そのすっぱさがクセになるネ。きっとじいやの脇もそのうちクセになるネ。」
酢昆布 について、神楽
「味噌☆酢昆布…酢昆布☆酢昆布☆酢昆布☆酢昆布☆酢昆布☆酢昆布☆酢昆布☆」
酢昆布 について、佐渡島方治

酢昆布(すこんぶ)とは今、最もナウでヤングな遠足のおやつである[1]。最近では『キャンプにバーベキューはベタ。』といった理由で牛肉の代わりに焼かれることも多い。

歴史[編集]

  • 幕末に月の王妃神楽によって伝えられる。
  • 当初、酢昆布をかじる事は皇族のたしなみとされていたが、明治に入ると時の姫君の影響もあってその風習は庶民にまで広まった。
  • 「らららの唄」で日本初吹込みのレコードを制作したサド島ホウジが味噌をつけて食べることを推奨したが、味覚の点で難があったため普及しなかった。
  • キン肉マンに登場した中野さんが創業した中野物産が現在は業界最大手。

特徴[編集]

酢に漬け込んだ昆布に最終的にまぶされる「都こんぶパウダー」は水に溶かすと強酸性を示す。 酸味には強い中毒性があり、最近ではハッピーターンパウダーと並ぶ麻薬として規制が噂されている。 また、メロンパンやタコスと並び釘宮病感染源の一つにもなっている[2]

作り方[編集]

一般では昆布を採取した後に乾燥を経て、酢につけた後に砂糖をまぶすと認識されているが大間違いで、昆布を採取した後に水槽でさらに栽培する。この時に海水と全く同じ成分で塩分だけを抜き取った精製水と酢を5:5で混ぜた水の中で栽培しなくてはならない。 また、あの味わいを出すために一般的には完全加工されたカマボコを使用している。本当の酢昆布は梅干に匹敵する酸味でクエン酸が8割を締めている。

[編集]

  1. ^ 但し最近になって酢昆布はおやつに入らないのではないかという説が出てきている。
  2. ^ 業界筋の噂では、一部のロットでパウダーに隠し味として釘宮汁を使ったことが釘宮病感染の遠因になったのではないかといわれているが、会社側は否定している。

参考[編集]

関連項目[編集]


Kamiraku.jpg ・・・書きかけアル。この記事「酢昆布 」は書きかけアル。いいネ。ほっとけヨ。書き手には途中でやめたい時もアルネ。い・・・いらないネ、そんなチャラついた加筆

・・・・・・・・・オイ待てヨォォ!! 変アルヨなんかこの記事、このまま放っておいたら変ネ! やっぱ少しだけ書かせてあげてもいいアルヨ! (Portal:スタブ)