都城市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

都城市(みやこんじょ)とは、元都城県の県庁所在地であり、南九州(熊本県を除く)第三の都市である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都城市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「都城市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「都城市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

宮崎市鹿児島市の中間地点に位置しており、その事から地理的な意味で南九州の中心都市を自負している。元薩摩藩領であったために、宮崎弁よりも鹿児島弁に極めて近い諸県弁(もろかたべん)を操り、某もののけに宮崎弁は「どげんかせんといかん」でなく「どんげかせんといかん」だと突っ込まれたが、発言を行ったところがアレであったために誰も気にしなかった。そのため、都城市は薩摩の文化の影響を強く受けているが、当の都城市は、宮崎県鹿児島県のいいとこ取りのハイブリット都城市だと自負している。地下には膨大な劣化(正しくは裂罅であり劣化はしていない。だって水だもん。)水が眠っている。また味噌・醤油会社や日本一をねらっている焼酎会社があり発酵LOVELOVEな土地でもある。幕末のかの英雄剣を引っこ抜いてまた刺した山のふもとであることでも有名。

地理と歴史[編集]

  • かつて行われた関が丘の戦いにより、あまりにたくさんの人員がこの地に押し寄せたため、土地は陥没、都城盆地となった。
  • 1871年 - 廃藩置県により都城県誕生。県都として都城市は栄華を誇るはずだった。
  • 1873年 - 宮崎県誕生により、都城県が宮崎県と鹿児島県に分断される。
  • 1906年 - 分断による暴徒鎮圧を目的として、陸軍省が第六十四聯隊本部を設置(市内初の洋風建築)。
  • 1924年 - 都城町が市制施行。
  • 1925年 - 暴徒鎮圧を目的として、熊本県熊本市より歩兵第二十三聯隊が転営。
  • 1951年 - 暴徒鎮圧(中略)旧陸軍の敷地を駐屯地にし、警察予備隊(現陸上自衛隊)第12連隊第2大隊が国分市(現霧島市)から移転。
  • 1962年 - 暴(略)第43普通科連隊に改組。現在に至るまで、都城周辺においてPKO活動を実施。
  • 2006年 - 市長室内で行われた各地の長による壮絶なじゃんけん大会により、辺境の地北諸県郡に属する高城町高崎町山田町山之口町が都城市に合併された。なお、このとき裏で暗躍した『高山連合』を名乗る組織により、同郡に属していた三股町は、合併されなかった。

交通[編集]

宮崎市と鹿児島市の中間地点に位置している事から、早くから宮崎自動車道(えびのIC〜都城IC〜宮崎IC)が開通した。調子にのった都城市は、都城ICから鹿児島県志布志市志布志港につながる都城志布志道路を計画し、宮崎市にも鹿児島市にも頼らない独自の物流ルートを確立して都城県を復興しようと企てている。そのために、志布志港から大阪港を結ぶ主要航路さんふらわあが宮崎港に移ると話があった時は、都城市は宮崎港よりも志布志港の方が明らかに近い串間市ともども日和見を決めた。もっとも、その話は宮崎港の敷地がさんふらわあを受け入れるだけの余裕がないという理由でお流れになったが。

2009年現在、都城志布志道路は有明北IC〜末吉ICまで部分開通しており、全国に先駆けて高速料金無料であり最高速度は70km/h、片側一車線のエコ設計である。

他の輸送手段としてJR九州日豊本線がある。代表駅は特急停車駅でもある都城駅で、ダイヤは普通列車が概ね一時間に一本、鹿児島まで2時間かからない(1時間59分という何ともねらったような時間)という利便性を誇る。都城駅からは吉都線への乗り換えもできるが、これはあくまで理論上の話である。以前は志布志駅に通じる志布志線が存在したが、空気輸送を実施しても採算がとれなかったため、っていうか100円儲けるために847円かかっていたため、1987年に廃止された。

産業[編集]

完熟マンゴーの生産が盛んであり、おでこがマンゴーの東国原英夫、お乳がマンゴーの青島あきなの二大ブランドの知名度は全国クラスである。

南日本酪農協同が発売している、酪農家の奥さんがヨーグルト風味の乳性炭酸飲料に愛という名のアーン♥♥を注入した「愛のスコール」は、ソフトドリンク愛好家の間でカルトな人気を誇っている。ちなみに、愛を注入していない愛のスコールは「アンバサ サワーホワイト」である。

教育[編集]

  • 都城泉ヶ丘高等学校という秘密組織があり、体育の時間には宗教的な踊りをする。この踊りはテニスなどの競技の準備運動として最適であるらしい。組織内にはSOS団支部があるようだ。英検の会場としてよく使われる。2010年に組織内部にエリート養成組織ができた。
  • 都城工業高等専門学校という極秘の組織があるが、極秘すぎて正体がよく分からない。こちらも英検の会場としてよく使われる。
  • 宮崎県立都城工業高等学校とかいう変人の集まりな組織も存在する。体育の時間には都城泉ヶ丘高等学校のパクりである謎の踊りを行う。英検の会場として使われることなんてないがリスニング検定とかいうよく分からない資格の会場としては使われている。部活に熱心などと言ってはいるもののバレーボール部が全国優勝したことやサッカー部が宮崎県で2位になったこと以外、たいした記録は残していない。

関連項目[編集]