都営地下鉄浅草線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都営地下鉄浅草線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東京都交通局浅草線」の項目を執筆しています。

浅草線(せんそうせん)は、都営地下鉄(通称:イチョウの葉っぱ)が運営する地下鉄である。別名:「時をかけるワープ地下鉄」。 トレードカラーは朱色。:BSicon TokyoAsakusa svg.pngA Aは「愛してる吾妻橋線」の頭文字とも言われている。

概要[編集]

銀座線とは別に、山手線内部に埋まっていると言われる徳川埋蔵金を外へ運び出すために建造された地下鉄である。埋蔵金こそなかったものの、金脈が掘り当てられたため帝国過激団から襲撃を受けたが、必死の抵抗により奪還。以後旅客営業することとして延伸工事が行われた。

都営・営団戦争の時にこの路線は大活躍したので「戦争線(せんそうせん)」と名づけることが決まったが、浅草(せんそう)とごちゃごちゃになってしまい、結局「浅草線(せんそうせん)」になってしまったと言う経緯がある。

路線[編集]

京浜急行電鉄の終点泉岳寺駅から都営地下鉄三田線三田駅で接し、新橋駅日本橋駅浅草橋駅とジグザグに縫いながら、浅草を抜け押上に至るルートをとる。

泉岳寺からはトレインサーファーに人気の京浜急行電鉄と相互乗り入れを行い、久里浜駅浦賀駅三崎口駅新逗子駅羽田空港などまでつながっており、押上からは京成押上線を介して京成本線成田空港までつながる。 さらに京成本線の京成高砂からは北総鉄道につながり、印西牧の原駅印旛日本医大駅にまで行くことができる。 そして同じく京成本線東成田駅からは芝山鉄道線につながり、PASMOSuicaが使えない芝山千代田駅に達する。

泉岳寺止まりのはずだが、泉岳寺方面行き電車で寝過ごすと、「中延」やら「西馬込」やら見知らぬ地名が出てくると言った証言もある。これに関して都営地下鉄は、「泉岳寺からの引込み線に駅が建設されている」と主張しており、研究家達を落胆させている。

運行[編集]

自社所有の専用形式も存在するが、ほとんどが他社線からの直通形式であり、正直半蔵門線に並んで自社所有形式の影が薄い。 自社所有の車両も含めてかっこいいデザインのものが多く、京急からは新1000形600形、京成からは3000形他3000番台の車両、北総からは7500形などすばらしい車両が大量に行き交う。

空港快特を運行しているが、他のイチョウの葉が通っている駅は構わず止める(日本橋&馬喰横山)のに、通ってないところは例えJRがあっても通過(浅草橋)。またマゾヒストの下品なえっち線が特に嫌いなのか、えっちの2駅とも通過。マゾヒストは直接叩くことができないので乗り入れ先の東急電鉄の大井町線急行にスルーさせてと頼んだ。ただ通過駅が車庫線だったので屁の河童だったみたいだけど。

浅草線内のみの運行は一日たったの2往復しか無い。また、泉岳寺 - 西馬込間の運行本数は、泉岳寺 - 品川間のおよそ2倍となっている。これは東京都の城南優遇政策による。

旧型車両[編集]

  • 5000形
    1960年に登場したポンコツ車両。80km/h以上の運転をすると、振動で床がめちゃくちゃ揺れるという恐ろしい事が起きていた。1995年にクーラーがついてねぇから、お陀仏となった。また、当初はトロピカル連合加盟のため、加盟承認権を持っていた京成電鉄に合わせたカラーリングをして京成電鉄に媚を売っていたが、加盟するやいなや独自のデザインに代えてしまった。
  • 5200形
    5000形のステンレス車体・冷房対応バージョン。ただそれだけ。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「都営地下鉄浅草線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)