都営地下鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Troppy-R.png
この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都営地下鉄」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「都営地下鉄」の項目を執筆しています。

東映地下鉄(とうえいちかてつ)とは、通称「イチョウの葉っぱ」と呼ばれる、所謂カルト教団のひとつ。「イチョウ」とも略されるトロピカル連合加盟私鉄である。 事実上の地下鉄運営業者である。 東京メトロより規模は小さいが、東京23区に与える影響は凄まじく、現在東京マゾヒストといつ紛争が勃発してもおかしくない状況にある。

概要[編集]

イチョウの葉っぱは、銀杏教が地下鉄を運営するために作った組織で、 勿論マークは銀杏教と同じ「緑の銀杏マーク」であるが、たまにマークに嘔吐物が付着していて悪臭を放っていたりするので注意が必要である。 学者によっては「ハーケンクロイツより恐ろしい洗脳力があるマークだ」と言われ、実力行使の東京マゾヒストに対し、情報戦を得意とするとされる。

公にされている目的は「23区征服」という大きいのか小さいのかよくわからない目的だが、地下鉄事業にしてこの目的はいささか無謀だとする意見が圧倒的である。 あ、だからカルト教団呼ばわりされるのか。 と、いうより、「23区征服」が目的ならなぜ千葉まで路線を延ばすのか、やりたいことが分からない。

また、初乗り料金は関東の中でこやつの160円に次ぐ170円。さすが税金を使っている事業者だ。

路線[編集]

トレードカラー 記号 路線名 区間
  A 浅草線 三崎口~京急久里浜~品川・京急蒲田~羽田空港国内線ターミナル・西馬込~泉岳寺~押上(都営・京成)・押上(都営・京成)~京成高砂~印旛日本医大・成田空港・芝山千代田
  I 三田線 白金高輪~西高島平
(日吉・武蔵小杉~)目黒~白金高輪(※)
  S 新宿線 高尾山口~笹塚・橋本~調布・新線新宿~本八幡(千葉県
  E 大江戸線 放射部:光が丘駅~都庁前
環状部:都庁前~六本木両国~都庁前

※現在は東京マゾヒストに押し付けられないか検討中。

ご覧のとおり比較地味なところを通っている。さらに一路線ごとに規格が違うという日本的精神で建設されたため、整備が面倒。ある意味東京マゾヒストよりマゾである。

一方で三田駅での浅草線と三田線、蔵前での浅草線と大江戸線の乗り換えが不便だったり、浅草線と新宿線に至っては交差駅すらないといったサディスト性も有している。

また、浅草線は赤い電車青い電車経営が赤い電車に、新宿線はピンクの電車に支配されている。

歴史[編集]

地下鉄以前の歴史は東京都交通局を参照されたし。

1960年頃に埋蔵金を発掘するために東京都が浅草近辺に地下軌道を建設したことが起源とされる。 埋蔵金は見つからなかったが、代わりに大量に湧き出る金脈が発見された。

ところがこれを聞きつけた帝都高速度交通営団(現東京メトロ有楽町線担当)が地下軌道を襲撃。軌道を奪われる危険に晒された。 しかし彼等が占領した直後から金は出なくなり、現場監督による逆襲もあって奪還に成功した。

1970年代には爆撃に遭った営団だが、何故かイチョウが保有する鉄道はほぼ無傷だった。また、都の役人が霞ヶ関の役人に馬鹿にされていたことを背景に霞ヶ関駅をボイコットしていたので、結果的にコント集団オウム真理教によるサリン攻撃も受けなかった。 このため営団からは「イチョウの陰謀だ」とされ、都営と営団の初の抗争である都営・営団戦争が勃発することとなる。 現在都庁職員の通勤用路線が収益の足を引っ張っているが、なんとなく黒字になっている。

[編集]

東京メトロ同様、都営地下鉄にもそれぞれの路線に1つ以上謎が存在する。 しかしこれらの謎は緊急時の為に公表されており、東京メトロの謎を追う研究者などからは「サプライズできない」と批判が飛んでいる。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「都営地下鉄」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)