那覇空港

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Nuvola apps important yellow.svg 注意
「那覇空港」はニュー速厨が書いています。あなたの投稿が反映される時間は非常に短いです。でも怒らないでください。だってニュー即だから。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「那覇空港」の項目を執筆しています。

那覇空港(なはくうこう、Naha-kukou、Naha Airport、ナハクウコウ、ウチナーナハクウコウ)は、沖縄県那覇市にかつてあった空港。2007年8月20日に中華航空のボーイング737-800の爆発炎上で跡形もなく燃えて消えた。その中国の特務機関が闇夜に紛れてダンボールとガムテープを材料に復旧。現在はハブの異常発生に悩まされているためハブ空港とも呼ばれる。

概要[編集]

戦前の1333年に旧鎌倉幕府北条守時が建設した飛行場が前身と言われているが1998年に不発弾を解体する際に銅鏡と共に航空機が出てきたので邪馬台国と同期またはそれ以前から有ったと推測され、定説となっている。確かな記録が有るのは1336年の建武政権瓦解以降、1392年の南北朝の統一前までは鎌倉を占領下においた南朝が管理していたが後亀山天皇後小松天皇に三種の神器を渡したのと同時に北朝に返還された。現在では織田信長豊臣秀吉徳川家康が共用している。

田代がちゃんと亡命した事で一時有名になった。

就航路線[編集]

国内路線[編集]

田代航空(TAL)

ちゅるや航空(CAL)

国際路線[編集]

支那航空(CAL)

貨物専用[編集]

ギャラクシーエクスプレス(999)

支那航空120便炎上事故[編集]

避難する乗客

2007年8月20日、台北発の支那航空のボーイング737-800型機が検閲により削除によって禁則事項ですされ、炎上した事故である。萌え燃え方が激しかったのは機体に食用ダンボールを使用していたためではないかとの憶測も。

消火には青森の雪とナントカ還元水が使われた。あまりの散布に沖縄管区気象台の職員が沖縄に今年全国初の初雪を発表した。これは観測史上最速である。

報道体制[編集]

テレビ東京を除くキー局とNHK総合では、この事故に関して特別報道番組を編成して対応した。テレビ東京を除く局では支那航空の過去の事故と併せて報道した。・・・テレビ東京はどうしたかと言うと・・・言うまでもない。

NHKの報道によると「右からいきなり何かがやってきて左へ燃え広がった」らしい。そして、職員はそれを「左へ受け流した」といった情報もある。これに関して安倍総理は「でも、そんなの関係ねぇ!」とコメント。

関連項目[編集]


ハハハハ!記事がゴミのようだ!とっとと加筆したまえ!目がぁ!目がぁ! (Portal:スタブ)
(´・ω・`)やぁ。ようこそスタブ記事へ!
このスタブテンプレートはサービスだから、まず見て落ちついて欲しい。
うん、「またクソスタブ記事」なんだ。済まない。ヒヨコ将軍の顔も三度って言うしね、加筆するから許してくれと言っても許すつもりはない。
でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「反省」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐としたウィキの中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、このテンプレを発行したんだ。

じゃあ、加筆以外の注文を聞こうか。 (Portal:スタブ)