那覇市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「那覇市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「那覇市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「那覇市」の項目を執筆しています。

那覇(なーふぁ)とは、琉球帝国首都である、首里の衛星都市にしか過ぎない。首里出身は自分の出身を、”那覇の首里出身です”とは言わず”首里出身です”と呼ぶのが常である。首里人にとっての那覇の扱いは、”ちょっと、那覇まで往ってくる”と言うのが正しい用法である。

概要[編集]

日本首相や、外国要人は、外港である那覇でしか交渉できない事になっている。ここでまず県知事の謁見を受けるが、極一部だけが、首里まで登るのを許される。その際、”古都っ”とも音を立ててはならない事になっている。

那覇(なーふぁ)は凄まじく人口が密集しており、渋滞が酷い。自動車で那覇(なーふぁ)から脱出するには、歩いた方がずっと速いと言われている。沖縄に観光に来た人は、那覇空港までもう目前と云う所で、もの凄く時間がかかるので、飛行機発着時間については十分な時間の余裕が必要だよ。

選民思想[編集]

案外、那覇(なーふぁ)市民は選民思考的な所があり、他の沖縄地域より優れているとの感覚がある。東京帝国人が他の日本の地域を知らない様に、那覇人も国頭村、恩納村、宜野座村、旧石川市、東村(おっと忘れそうだった)がどこにあるか知らない人も多そうである。

基地が集中する中北部の事は、実はあんまり興味が無い。どこか他人行儀の所があり、実際基地収入が10メガある富裕層は、うるさい地元を離れ、優雅に那覇(なーふぁ)に住んでいる事が多い。

水道水も、沖縄にしてはえらく上質である。北部のダムは、中部を素通りして那覇(なーふぁ)に優先的に送水しており、中部は地元のドブ川から取水しているためである。中部の水道を生で飲むと腹をこわすので観光客は注意。

核持ち込み問題[編集]

核兵器の貯蔵地であったりした事もあるが、そこは現在は返還されて新都心になっているため、今は、嘉手納と辺野古だけである。(ナイキ基地もナイ)

那覇軍港も、ほぼ米軍艦はやって来ない。うるさい那覇(なーふぁ)を避け、中部のホワイトビーチに軍艦や原子力潜水艦が寄港する。表向きは補給であるが、実際には休養である。

原子力潜水艦の補給とは、即ち、兵士の休養なのであり、娯楽施設が満載(ゴルフ、ダイビング、ドライブ、ディスコ、買い物)した沖縄は、横須賀、佐世保とは価値が違う。(米兵士談)(おっと、那覇(なーふぁ)とは、全く関係無い話になった)

国際通り[編集]

国際通りは主に観光客相手の商売であり、相手がじもってぃー(地元人)だと分かると、明らかに態度が変わる。故に、沖縄人は国際通りに買い物に行かない。行くとすれば新都心か、北谷のハンビーである。

この様に沖縄といえどもかなりの地域性があり、那覇(なーふぁ)も沖縄の極一部分に過ぎない。

関連項目[編集]