遺書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

遺書(いしょ)とは、死後に自分の意思を伝えるために残すものである。

概要[編集]

死人に口なしという言葉があるように、人は死ぬと意思表示ができなくなる。そのため生きているうちに文書などに残しておくのである。身内、親戚、友人などへの最後の言葉と言える。

残された人々を不幸にするのは名探偵コナンなど数々の作品で証明されており、また自明であるので、なるべく作成しないのが望ましい。最悪の場合、これが火種となり殺人事件が起きて、終わりのない遺書のループが発生してしまう。

書き方[編集]

必須事項として、署名、作成した日付、住所、享年、初恋の相手、好きなジブリ映画がある。これらを満たさない遺書は認められない。

この他の内容は自由だが、遺族に伝えることを意識して作成することが大切である。以下に内容の例を挙げる。

生前のお礼
遺書のメインといればこれである。しかしあまり長くしてしまうと、遺族は退屈したり、体調を崩したりしてしまう。朝礼における校長先生の話と同じである。
遺産について
作る者から見たメインがお礼なら、受け取る側から見たメインはこれである。これを聞きにきているようなものである。
古くからの風習に従い、長男に全額を配分するのが良いだろう。思いやりのつもりで均等に配分したりすると、理解が得られずかえって遺族を不幸にすることになる。
ダジャレ
愉快な老人として死んでいける効果がある。しかし遺書を受け取る側からすると、人が死んで悲しみを表さないといけない状況でダジャレを聞かされて
笑うと非常識な人扱いされるという罰ゲーム状態になってしまう。でもまあたまにはこういう遺書があってもいいよね。

遺書を作成した後はこれを弁護士の先生に預けなければならない。といっても、その人が何を担当しているのかは自分の死後のことなので知ることはできないのだが。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「遺書」の項目を執筆しています。