選挙運動車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
選挙カーから転送)
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

選挙運動車(せんきょうんどうしゃ)とは、選挙カーとも呼ばれる騒音発生装置である。

概要[編集]

選挙運動車は主に議員選挙などで発生し、都心部から山村まで人間の暮らす地域に幅広く現れる。見かけは一般的にワンボックスであり、右翼街宣車のようにゴテゴテとしていて自己主張が激しい事が特徴。車両は特殊な改造により大きなスピーカーが取り付けられており、装置から大音量で酷く聞き取りにくい人名や誰に向けているのかも分からない感謝の言葉のような何かを発し続ける。選挙運動車はこのように周辺住民の暮らしと安全を阻害する事に長けており、主に安眠妨害を目的とした音声は「ありがとうございます!ありがとうございます!」と他者を妨害しながら感謝の意を垂れ流す事によってとても高い煽り性能を持っており、移動販売車(所謂石焼き芋や物干し竿)のように実用性も無い事から完全な妨害専用車両である事が分かる。

この車両を使用するためには供託金と呼ばれる無駄金を法務局などに預け、衆議院選挙を始めとした議員選挙選などに参加し、最低20万程度使用する事により使用が可能となる。そのような高額な資金が必要となる選挙運動車であるが、一般市民の生活を妨げたい一心で利用する者が絶えない。そのような外道が続々と政界入りを果たしてゆくのだから、まったくもって度し難い事である。