過労死

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

過労死(かろうし)とは、社会人がサービス残業という社会特有の処刑制度によって殺害されることを指す。日本固有の殺害方法であり、世界共通においてもKAROSHIと表記される。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「過労死」の項目を執筆しています。

概要[編集]

原始より勤勉な人種とされてきた日本人は、高度経済成長期にも決して仕事の手を休めることなく、時間に急かされる毎日の中でも、上司へのおべっかはさることながら、仕事を優先しすぎるあまり家庭を蔑ろにし、やがて残業という名の制度を社会の中に確立させた。それはやがて、サービス残業という残虐な処刑制度へと形を変えていき、多くの労働者たちを処刑するようになった。

具体的な処刑の内容としては、上司と呼ばれる執行人が、部下と呼ばれる死刑囚に対して大量の仕事を背負わせ、就業時間外にも労働させ続けるなどして大きなストレスを背負わせる。これにより、死刑囚は徐々に心身ともに不調をきたし、最終的には血管が破裂したり何らかの臓器が機能不全になったりすることで殺害される。ここまでには長い時間が必要になるが、それは、処刑を受ける社会人がそれより先に自ら命を絶つよう促す効果もあるからである。この過程で死刑囚が過労死する前に自らの命を絶つことを過労自殺という。

こうした処刑方法は無論ながら違法であり、過労死を発生させた企業は処罰を受ける。ただし、その前には裁判においてそれが本当に過労死なのかを言い争うこととなる。過労死の多い近年ではこの手の裁判は絶えることがなく、あまりの多さに裁判官たちも過労死するので負のスパイラルへと迷い込んでいるらしい。

原因[編集]

結論から言うと、企業が残業代をケチった結果、企業による殺人認定が下り、残業代の未払い+利子で1億円相当の支払いを、企業が裁判所より命じられるのが落ちである。

バブル期 : 企業はサラリーマンという囚人には、残業手当を十分に支払ったため、現在の過労死ラインの死刑執行みたいな行為をしても、囚人はゾンビのように元気に働いていたのが実情である。

バブル崩壊 : 企業が囚人への残業手当の支払いを渋り、現在の過労死ラインの死刑執行を実行した時に、ゾンビになりきれずに昇天する囚人が増えた。

氷河期 : 企業が囚人への残業手当を停止した上で、現在の過労死ラインの死刑執行を実行しすぎて、社会問題になる。厚生労働省の役人は企業の残業手当の未払いには目を塞ぎ、労働時間の制限で囚人をいじめる政策を次々打ち出す。

現在 : 労働時間の制限が原因で、逆にそれを悪用した残業手当の未払いが横行、囚人は死刑執行に耐えきれずに天に召される者が続出。

予防策[編集]

これくらいの気持ちが必要らしい

働き過ぎて死ぬくらいなら働かないのが一番である。

もし、働かないという選択ができないのなら、1日でも良いから残業をしない日を自分で設けて、その日はしっかり寝るようにしよう。

囚人生活の残業で体が残業に慣れてしまい、1日8時間で出来るような刑務を12時間使って作業している事に気が付くようになる。

残業するという苦行が無駄だと気が付くのが、死刑台に立たされないための第1歩である。

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 過労死 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)