進化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

五ヶ月経過。この記事は見事に記憶喪失から復活。これよりこの記事はしばらく停滞期に入る。


進化(しんか)とは、例えるなら時間がかかる面倒な加筆修正のようなものである。

進化とは・・・[編集]

進化とは、本来は、世代を重ねるごとに、生物が段々と変化・進歩する事であった。

進化とは、例えばプロレスなどで、負けキャラが装い新たに登場するときに「大きく進化して戻ってきました!」という風にリサイクルに用いる便利な言葉である。

進化とは、無意味でああああああああああああああまりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいみがない。

進化とは、レベル16と36で訪れる、期待してたのに落胆する事もある瞬間である。

進化とは、キリスト教に反する考えである。神がこの世界を7日で作ったそうだからです。そのため、キリスト教史上最大の国家は、キリスト教原理主義のリーダーを出し、その進化を自ら止めた。

進化とは、退化の対義語である。そして退化の対義語の対義語の対義語でもある。さらに退化の対義語の対義語の対義語の対義語の対義語でもある。

進化とは、スペースが発生すると、新たな進化がそこを埋める。

進化とは、ちょっぴり大人に近づくという事である。

進化とは、進歩と似て非なるものである。

進化とは、excite先生曰く、発展である

進化とは、めんどくさいからしないほうがいいらしい。
進化
進化とは、ウィキペディアアンサイクロぺディアのための言葉である。
進化
進化とは、ボケの上にボケを重ねる笑い飯のような芸風を重ねていくことである。
進化
進化
進化とは、終わりのない真っ暗な道を手探りで進む事である。時には足を踏み外す事だってあるが、それでも諦めずに進む者だけが栄光を掴み取る。
進化
進化とは、その大半が目に見えないものである。

収斂進化[編集]

収斂(しゅうれん)進化とは、本来無関係なモノが似た環境に置かれ、同じような姿に進化する事である。例えば虫メガネと手鏡の形状が似ているのは、「何かを覗く」という使用目的のために両者が改良されていった結果である。

3歩進んで2歩下がる進化の例[編集]

合理的な進化の例[編集]

今でこそ生物の最高峰として君臨している爬虫類だが、その裏には未熟な生物である哺乳類の努力があった。
これぞ最強の進化である。
君の手で新たな場面を作り出そう。ただしルールは守らないとグルーに食べられますよ。

無駄な進化の例[編集]

おせっかいの過ぎるミュージシャンのせいでエアギターの奥深さは見向きもされなくなり、野暮なギターが流行してしまった。
やられやすさ倍増。
そこは残しておこうよ。
無駄に容量を増やしやがって。
どっちもそれぞれ良さがあるんだから勝手に進化させるんじゃねぇ!!と、先生が申しております。
(これはニコニコ動画に限った事ではないが)メンテナンスと偽って改悪の日々。何とかしろ。
俺の名前は○○!14歳の中学生!今日もつまらない一日が終わるのか、そう思ったとき空から魔王が現れて(以下省略)
サルのままで居たほうが楽だったのではないか。

止まった進化の例[編集]

進化しないもの[編集]

進化に見える進化でないもの[編集]

しんか違い[編集]

下記のもの目当てで来られた方は下記の記事を見ていただく(もしくは執筆していただく)ことをお願いする。

進化の歴史[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「進化」の項目を執筆しています。