週刊新潮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

週刊新潮(しゅうかんしんちょう)は「日本」の週刊誌。新潮社発行。

概要[編集]

「発売日」は毎週「木曜日」。同日発売である「週刊文春」とは犬猿の仲かつ「同性愛的」関係にある。チラシの裏的「芸能ネタ」を重視しながら、巻末に「鬼畜ババアのコラム」をさりげなく載せるなど、「ふたなり属性」週刊誌の「パイオニア」である。

今日の週刊誌の「大半」が週刊新潮の「劣化コピー」になったと言われており、特に「週刊文春」は、宣伝広告、表紙、内容、方向性など「あらゆる分野」で劣化コピーであるとも指摘されているともいう。他社が検閲により削除する「創価学会」関連の記事が充実していることでも有名。

2ちゃんねる」を参考に記事を作っていたりいなかったりする。

記者は暇らしく、「ウィキペディア」という無名のサイトの「週刊文春」の項を書き換えたりして暇を持て余している。

「ここまで読んだ人」はもう気づいていると思うが、「かぎ括弧」を意味もなく「多用」することでも知られている。

内容[編集]

  • 表紙
  • グラビア(セミヌード)
  • 芸能スキャンダル
  • スポーツスキャンダル
  • ギャンブル特集
  • 医学、医療
  • 料理店、飲み屋の特集
  • 具が拝める事で有名な富士出版の人妻ヘアヌード写真集広告(通販専門1冊1万円)※広告は不定期!見逃すな!
  • 三流コラム
  • 三流女優スキャンダル
  • ヤン・デンマン

逸話[編集]

  • 「表紙」の直後に極めて妖艶な女性の「全裸」や「半裸」を掲載することで「発情期の少年」の読者を獲得。
  • 「漫画」に親しんだ少年達を読者にさせるために漫画を連載。もちろん他社がそれを見すごす訳も無く、「ヤング雑誌」を発行。少年には見せられないような「過激な描写」を避けたり、少女漫画を少々「成長」させたような漫画を扱うなどの「方法」で少年層の獲得合戦が始まった。
  • 記事による「名誉毀損」うんぬんによる「裁判」は、もはや恒例行事でもあるといえるだろう。
  • ついに小なりとはいえサンマリノという「れっきとした」一国家と闘い始めた。
  • 群馬の女は「日本一」ブサイクと書いたことで有名。
  • 両方大嫌いな「創価学会」と「日本共産党」、どっちかに味方しなければならないとすればどっちだ!と問われると、どうやら日本共産党の方がマシだ!と考えているらしい。

愛読者[編集]

関連項目[編集]


この項目「週刊新潮」について57. 2%がスタブにしなくても良いと回答しているが、この記事を読まなかったサイレント・マジョリティを考慮に入れて追加したほうが良いと結論付けられる。 (Portal:スタブ)