通勤特快

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

通勤特快(つうきんとっかい 痛勤特快痛特とも。表示例:)とは、JR東日本中央快速線で運行されている、特別快速シリーズのひとつ。平日のに、上り列車(東京行き)が5本だけ運行される。

後述するように非常にカオスな状態に陥りやすく、エクストリームスポーツのひとつ、「満員電車」の舞台になりやすい。

概要[編集]

特快シリーズの中では最も停車駅が少なく、パッと見滅茶苦茶速い種別に見える

ところがご存知の通り、都心の真ん中通る中央線は朝ラッシュ時は2分に1本列車を走らせる暴挙に出ている関係で、「特別快速」とは似て非なるほどのノロノロ運転となる。そのためか、所要時間は何の変哲もない快速と変わらない

それどころか、黄色い各駅停車や東西線直通電車に抜かされることもしばしば

停車駅[編集]

中央本線オンリーの列車は高尾駅まで、青梅線からの列車は中央線との合流点である立川駅まで各駅に停まる。全部書くのも面倒いので、高尾~東京間だけ記してみる。

高尾駅 - 八王子駅 - 立川駅 - 国分寺駅 - 新宿駅 - 四ツ谷駅 - 御茶ノ水駅 - 神田駅 - 東京駅

注目すべきは、国分寺から新宿までひたすら停まらずに走る点。はっきり言ってそんなことするくらいならおとなしく全部快速にして、どんどん乗客降ろしたほうがええじゃないか

満員電車[編集]

通勤特快による満員電車の様子

上で触れたように、エクストリームスポーツ満員電車の舞台になりやすい。停車駅が少ない割りに追加料金が不要であるためか、乗客が異常に飛びつく。その様子を区間ごとにここに記す。

高尾~国分寺間[編集]

中央本線大月駅から来た列車は各駅に停車した上で高尾駅にいたる。ここから怒涛の通過戦線の幕が切って落とされる。大月発は1日2本、高尾発は1日1本である。

一駅すっ飛ばして、そこは八王子駅。ここは横浜駅に行けない横浜線と、痴呆交通線であるハチ公線との乗換駅で、両線の利用者が大量に流れ込む。

さらに二駅ほど華麗にスルーすれば、touch川駅だ。青梅線南武線との乗換駅である。青梅線からは直通列車が多数確認されており、通勤特快も青梅線青梅駅から1日2本ほどやってくる。乗客も流れ込む。

一方南武線は、基本的に川崎市民向け路線なので流れ込む客は少ない。(南武線の記事も参考にしてほしい。)

また二駅程度無視して、国分寺駅に到着する。西武線系統から乗客が流れ込む。 この時点で乗車率は180%くらいで、国分寺では乗客がほとんど乗ることができない状態になっている。

そしてここから、新宿駅まで怒涛のカオスタイムが始まるのであった

国分寺~新宿間[編集]

国分寺から新宿までの通過駅は実に10駅に上る(この区間は無停車)。この中には、緩行線の末端三鷹駅、朝ラッシュの鏡とすべき路線井の頭線との乗換駅吉祥寺駅中野駅といった、いわば中央快速線の重鎮ともいうべき駅も含まれるから大変だ。この区間の走行時間は平均25分程度だが、これはあくまでも時刻表がソースである

ノロノロ運転の中央線に配慮されているかは不明であるが、一般利用者はかなりの覚悟が必要だ。

一方、満員電車の競技を行っているものはここが決戦の場である。お姐さんの匂いでハァ・・・ハァ・・・している人も見受けられるが、痛勤サラリーマンの加齢臭に倒れてリタイアする人が後を立たない。以下、この記事参考。閻魔様もインスパイアを受け、現在の地獄では来る日も来る日も新宿まで通勤特快に乗らされる。

新宿~東京間[編集]

新宿に着けば一旦はドアが開き、空気も入れ替わり乗客もかなり入れ替わる。ここからは停車駅も普段の快速と同じである。ちなみに旅客への案内は、新宿と四ツ谷では「特別」がついてもつかなくても「快速」と案内される。御茶ノ水駅では、単に東京行きとしている。

ところが神田では、次の駅が終点東京であるのにもかかわらず、「通勤特快・東京行き」と案内される。そもそも神田は、中央線だと特別快速も停まるのになぜか京浜東北線の快速が停まらないという、新橋に並ぶややこしい駅であるから仕方ない。なお、2015年3月のダイヤ改正で京浜東北線快速も神田に止まるようになった。

関連項目[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


この項目「通勤特快」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。