通信制高校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

通信制高校(つうしんせいこうこう)とは、1年中夏休み学校である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「通信制高校」の項目を執筆しています。

概要[編集]

元々は働きながら勉学を志す人(いわゆる苦学生)のために始まった学校制度であるが、近年ではそんな奇特な人たちは絶滅してしまい、1年中(むしろ一生涯)夏休みを充実したい人や引きこもりDQNが生徒のほとんど割合をしめている。日ごろの授業に出席しなくても、たまに開催する補習(スクーリング)に参加をすれば単位が取れてしまうため、優秀な自宅警備員を育成することが目標としている。学費は1年分を前払いする制度を採用しており、悪徳業者もビックリの手口である。

通信制高校の学習内容[編集]

所謂レポートというものである。教科書からの丸写しで非常に簡単だが、教員の気まぐれによってごくまれに再提出とされる可能性があるので、一部の文章表現をいじっておくくらいはしておいた方がよい。それと毎日5時間から9時間にわたって自宅を警備するという宿題がある。

卒業生の主な進路[編集]

卒業後、大学に進学する優秀?なやつもいるにはいる。

旧帝大などのまともな大学に進学するミラクルが起こる事も0.1%くらいで、ないわけではないがほとんどは卒業後Fラン大学に進学したり、就職できずにそのまま自宅警備員になる。

通信制高校の利点[編集]

通信制高校の欠点[編集]

  • 近所の人からの差別と偏見がある。
  • 自宅警備員以外の就職が困難。
  • レポートをやりとりするための郵便料金は15円切手がかかる。

通信制高校か高卒認定試験(大検)か[編集]

高校を中退したが、高校卒業の資格は欲しいという者はこの2つのどちらかを選択することになる。普通以上の学力があるのなら独学で高卒認定試験(以下、高認)を受験し大学に進学すべきであるが、高校中退者のほとんどが馬鹿であるため高認の8科目すべてを合格点取るのは不可能である。はじめは高認を取るつもりであったが何度も失敗して気づいた時には自宅警備員だったという例は枚挙にいとまがないので、学力が無い人は黙って通信制高校に行くべきである。ここはお金さえ払っていれば勉強しなくても卒業させてくれる。

主な通信制高校[編集]

  • 公立通信制高校
    • 47都道府県全て?に最低でも1校はあるが如何せん卒業が困難。レポートが難しい量も多い。なので入学するのは基本おすすめしない。
  • 日本放送協会学園高等学校
    • 私立通信制高校の中で最も卒業率が低い。
    • 放任主義である。
    • 担任が「退学しろ。」などと暴言を吐く。
  • 飛鳥未来高等学校
  • 鹿島学園高等学校
  • クラーク記念国際高等学校
  • 八洲学園国際高等学校
  • 池上学院高等学校
    • 「ピアスは脳細胞の減少を3倍加速する」「ピアスが一生を棒に振る」など理事長先生の教育論が有名。
    • ただし生徒たちがピアスをしていないかというと、そういう訳でもない。
  • 進研ゼミ

関連項目[編集]