近藤隆太

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近藤隆太」の項目を執筆しています。
「隆太の奴、また人を殺しおって」
近藤隆太 について、磯野波平

近藤 隆太(こんどう りゅうた 1938?年?月?日 - )は、『はだしのゲン』の実質的主人公。正確な生年月日は近日公開予定。

隆太の生い立ち[編集]

1945年に両親を原爆投下で失い、その直後に彼にソックリな弟を失った中岡元と出会い、元の舎弟となる。8歳くらい?で初めて賭場荒らしをして感化院に収容されるも脱走する。

10代の頃、孤児仲間のムスビを殺害したヤクザを射殺し逃げるように上京。その後、日本政府を相手に革命運動を開始した。

隆太の主な犠牲者[編集]

大場・三次
隆太が6歳の時、元と隆太が預けていた粉ミルクを売り飛ばした上、元に暴行したため、隆太の怒りを買い、殺されてしまった。
バー「マドンナ」のマスター、親分、親分の付き人
麻薬漬けにしてムスビを殺したのが隆太の怒りを買い、(ちなみに親分とその付き人はついでに)殺されてしまった。

勝子と夏江が作った服の料金[編集]

隆太はカープが大好きなので、カープが勝った時は割引セールをする。カープが負けたときは、機嫌が悪く料金は割増となる。カープが優勝した時は大変機嫌が良く、料金は半額以下となる。

関連項目[編集]

書きかけじゃ 隆太「ラわーん! あんちゃん、この近藤隆太はまだ書きかけじゃあー! シゴウしたるぞ!」
元「なんじゃと! くやしいのう、くやしいのう。お、おどりゃなんとかせんかい! 誰でもいいけえ、加筆してつかあさい。」 (Portal:スタブ)