近藤勇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近藤勇」の項目を執筆しています。

近藤 勇(こんどう いさみ、1834年11月9日(天保5年10月9日)-1868年5月17日(慶応4年4月25日))とは、江戸時代末期の国粋主義団体「新撰組」(しんせんぐみ)の局長として知られているが実際のところは土方歳三が殆どを仕切っていたため土方の操り人形だった。

生涯[編集]

試衛館時代[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「試衛館」の項目を執筆しています。

武蔵国多摩郡上石原村(現在の調布市あたり)の農民・宮川久次郎(みやがわ きゅうじろう)の三男として生まれる(幼名・勝五郎)。長男・音五郎(おとごろうorねんごろう)や次男・粂次郎(くめじろう)と違って、まっとうに働くことが嫌いだった勝五郎は、ガキ大将だった自信と腕っ節一つで武士になろうと志し、1849(嘉永元)年11月11日、天然理心流(てんねんりしんりゅう)の道場・試衛館(しえいかん)に入門する。が、その動機は至って単純なもので、後日隊士たちに「家から近かったし、道場主が弱そうでその気になれば乗っ取れそうな気がしたし、何より道場主の娘が美人[不要出典]だったから」と語っている。

ともあれ、弟子入りした勝五郎は生来の素質を生かして腕前を上げ、道場に入った空き巣を撃退するばかりか逆に身ぐるみを剥いでやるなど数々の手柄を立てたことから道場主・近藤周助(こんどう しゅうすけ、近藤周斎)に見込まれて養子に迎えられ、近藤周助の実家である島崎家の姓をもらって島崎勝太(しまざき かつた)と名乗るようになる。後に正式な養子縁組を結んで「勇」の名をつけてもらい、島崎勇(しまざき いさみ)から現在もっとも知られている芸名・近藤勇を名乗るようになったのであった。後の逃亡生活において、これらの文字をアナグラムした156の偽名を使いこなす事になるのであるが、奇しくも度重なる改名が役立ったとも言える。

その後1860(万延元)年には道場主の娘・近藤ぴーを捨てて、立身出世のために清水徳川家家臣・松井八十五郎(まつい やそごろう)の娘・つねと祝言を挙げた事で手がかりを掴んだかと思いきや、松井は家中の権力抗争に敗れた負け犬であり、もはや昔日の権勢に与かることは夢のまた夢となってしまっていた。さしあたって翌1861(文久元)年8月には府中六所宮にて天然理心流剣術宗家四代目襲名披露の野試合を行い、門下生らとの共謀による自作自演の結果、全勝という輝かしい成果を修め、晴れてバレずに流派一門の名跡を継ぐこととなった。さらにめでたいことに翌1862(文久二)年には性欲処理のためにレイプして孕ませたメスネコが人間との合いの子を産み、これを「たま」(瓊子)と名づけて育てる事にした。

天下が風雲急を告げ、近藤の元へ「浪士組」として京へ上洛する募集話が舞い込むのは、そんな退屈な平和な日々、と妻の顔に飽き飽きした頃の事であった。

浪士組時代[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「壬生浪士組」の項目を執筆しています。

1863(文久三)年、清河八郎(きよかわ はちろう)の献策によって江戸幕府が14代将軍・徳川家茂の上洛を警護する名目でホームレス支援組織「浪士組」が結成される運びとなり、関東近辺にいる男という男は士分格の者から竹竿を帯に差しただけのガキんちょにいたるまで、片っ端から声がかけられた。ちょうど現実に退屈していた近藤勇ほか試衛館の愉快な仲間たち(門下生だった土方歳三沖田総司井上源三郎山南敬助、居候だった永倉新八原田左之助藤堂平助斎藤一、その他もろもろ)は欣喜雀躍してこの退屈しのぎの旅に同行することとして(斎藤は「めんどくせぇ」とか言いつつも、結局ついて来たのだった)2月8日、意気揚揚と旅立ったのであった。

しかし、2月23日に京都に到着したかと思ったら言いだしっぺの清河八郎が、何を思ったか早々に「もう偉大なる将軍様の上洛は警護したんだから、もう浪士組は解散してもいいよね」などと口走り、周囲の反対を押し切って勝手に浪士組の解散宣言をしてしまい、寄せ集められた浪士たちはまた元のホームレスに戻るしかなかった。特にアテもなくただくっついて来ただけの近藤一味もまた路頭に迷ったが、壬生の郷士・八木源之丞(やぎ げんのじょう)の好意につけ込んでそのまま居座ることでとりあえず京都に居残ることだけは出来たが、何をやるかはまだ特に決めていなかったし、何をやりたいのか、何をやるべきなのかもよく分かっていなかった。きっと宇宙人とか未来人とか超能力者でも探し出して、辻斬りでもするつもり[不要出典]だったのであろう。

そんな中、同じく浪士組の仲間で水戸から来ていた尊王攘夷の急進派組織である水戸天狗党の残党・芹沢鴨(せりざわ かも)とその一味、ついでに根岸友山(ねぎし ゆうざん)その他のおまけ連中と合流して、何はなくとも「不逞浪士および反乱分子の一掃」を目的としてスポンサーを見つけ、それで何とか糊口をしのごう、それでも客がつかなければ、無理矢理にでも治安を維持してみかじめを徴収しよう、と言うからまるでヤクザである。ともあれ目的は決まったものの、今度は誰が仕切るかで大いに紛糾し、そのドサクサでただ古参であるだけでデカい顔をしていた殿内義雄(とのうち よしお)、阿比留栄三郎(あびる えいさぶろう)、家里次郎(いえさと じろう)などを存在ごとなかったことにし、老害以外の何ものでもなかったジジィ(根岸友山)と粕谷新五郎(かすや しんごろう)を永久追放の刑としたことにより、浪士組は近藤勇の率いる、いわゆる「試衛館派」と芹沢鴨の率いる、いわゆる「水戸天狗党派」に二分されることとなった。

かくして浪士組は暫くの間、近藤勇と芹沢鴨そして芹沢の腰巾着である新見錦(にいみ にしき)の三局長体制で運用することになったのだが、指揮系統の乱れは、組織にとって致命的な亀裂を刻み込んでいくのであった。

新撰組時代[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新撰組」の項目を執筆しています。

その後、京都政局から長州藩を排斥しようと中川宮朝彦親王(なかがわのみや ともひこしんのう)が会津藩薩摩藩と共謀して八月十八日の政変(いわゆる文久の政変)を起こした時(文久3年8月18日)、浪士組は御花畑門の警護を命ぜられ、その功績によって「新撰組」の名を下賜されたのであるが、実際のところはただお花の冠を編んで遊んでいただけなのである。が、どうせ誰も見ていない混沌の戦場におけるドサクサ、演習シナリオは当事者だけで勝手に作り上げるのが出世のセオリーというものであり、まずはめでたし[不要出典]と言ったところである。新しい組織名に気をよくした一同は旧体制を一掃するために水戸派のボスであった芹沢鴨を9月16日に暗殺、そのほか水戸派の手下ども(平山五郎野口健司ら)を次々と消し去り、ついに近藤勇は名実ともに組織のトップに躍り出たのであった。

その後、池田屋事件(1864(元治元)年7月8日)や禁門の変(蛤御門の変、同年8月20日)における武功を認められ、1867(慶応三)年には新撰組は正式に士分として取り立てられ、近藤自身は御目見得以上に遇せられ、晴れて無職の剣キチから武士になる念願を叶えたのである。この辺りが新撰組の活動ピークであり、それと連動するかのように近藤自身の人生もまた得意の絶頂にあった[不要出典]と言える。(ちなみにこの時期に総長であり、試衛館時代からの友である山南が切腹し果てるが、一時の悲しみで長くは続かない。)その頃有力隊士であったインテリ伊藤甲子太郎(いとう かしたろう)とその一味が御陵衛士(ごりょうえじ)を結成、新撰組を「剣を持った尊王攘夷ザルの集団」から「もっと洗練されたジャニーズ系愛国グループ」に生まれ変わらせようと試みたものの、心身ともに絶倫そのものであり、また実力十分であった近藤の前にはなすすべもなく、近藤の刺客・大石鍬次郎(おおいし くわじろう)らによってあっけなく葬り去られてしまった。が、イタチの最期っ屁とばかりに投げつけられた靴が近藤の肩に当たり、その傷が元となって後の鳥羽・伏見の戦い(1868(慶応四)年1月3日)に参陣できなかったのはここだけの話である。

甲陽鎮撫隊[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甲陽鎮撫隊」の項目を執筆しています。

鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に敗れた新撰組と近藤は幕府軍の軍艦に乗って江戸へと「転進」し、1868(慶応四)年3月に幕府より「大久保剛」(おおくぼ たけし)名義で甲府城の占領を拝命する。この時新たに結成したのが「甲陽鎮撫隊」(こうようちんぶたい)であり、一路甲府へ向けて出立するも、道中あちこちでハニートラップに引っ掛かり、ひたすら時間を浪費してしまった結果、甲府城を占領する前に新政府軍と衝突、甲州勝沼の戦いでも惨敗を喫してしまう。これに愛想を尽かした試衛館以来の戦友である永倉新八、原田左之助らの離反もあって、大幅に失ってしまった人員を補充するために五兵衛新田あたりで旧幕府軍の敗残兵を掻き集め、新政府軍の追討を逃れつつ下総国流山に立てこもって山賊になったが、間もなく新政府軍に包囲されてあっけなく降伏した。

この時に名乗っていた名前は「大久保大和」(おおくぼ やまと)であり、あくまでかの悪名高い新撰組局長・近藤勇などではないと弁明するも、かの有名なゴリラ顔は整形しようがなく、結局あれもこれも全部の罪を片っ端から被せられた挙げ句、同年5月17日(慶応四年4月25日)に中仙道板橋宿の刑場で斬首され、その首は京都の三条河原に梟されたが、その後どこに行ったのかは不明であり、一説には子供らがサッカーボール代わりに蹴飛ばして行ったか、もしくはカラスが骨までついばんだか、そのどちらかであるとされているが、実際のところ誰も気にしない

人物[編集]

  • サル目ヒト科ゴリラ属の類人猿
  • 学名 ゴリラゴリラ
  • 愛用していた虎徹は偽物だったといわれているが、ゴリラなのでそんな事は気付かないし気にしない
Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

組織
歴史的事件
その他