辞典

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

辞典(じてん)とは、物事やその用例などを書き連ねる本のことではなく、そのように見せかけたバーベルのことである。薄くて軽いものから厚くて重いものまで様々な種類があり、初心者から熟練者まで日々の筋力維持には欠かせない存在となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「辞典」の項目を執筆しています。

辞典の歴史[編集]

世界的には、最古の辞典は教典から始まったという。重くて文字が書かれているという意味では、教典もまた辞典の一つであるという解釈からだ。一番最初の辞典と呼ばれるのに等しいのは拝火教の教典アヴェスターか、はたまたユダヤ教においてモーセに与えられた十戒の石碑がそれの原型であるかという議論がなされることがあるが、どちらであるという決定的な証拠はない。ただし、本当の意味での『辞典』を考えるなら、ユダヤ教の旧約聖書は人々の為すべき言動について深く書かれているため、風俗辞典と考えることができる。そのため現在のところ、旧約聖書が一番最初の辞典であると考えられている。それ以前の辞典は紙を重ねただけのバーベルそのものであったが、旧約聖書ではじめて紙に文字を書くと言う利用法が考案された。

国内に辞典の考え方が持ち込まれたのは、比較的最近であるとされている。現存する最古の辞典は平安時代に作られたものである。ただし当時はまだ技術が発達しておらず、頭の固い平安人たちは幾つもの軽い巻物にして、その持つ数によって重さを調節していたようだ。その点現代版の辞典は薄い紙で何枚も紙を重ねているため、必要な重さまでページをちぎることができる。このことによって、数グラム単位まで自らの望む重さを出すことができる。

やがて室町時代になると紙の価格が下落、貴族の物であった辞典は広く一般の筋力トレーニングにも使われるようになった。特に農作業などで多大な筋肉が必要とされた時代なので、その普及率たるや一人に一冊と、当時としては驚くべきものであったという。また、庶民によって広く様々なアイディアが出された結果、巻物という形式は早くから衰退し始め、紐などにより片側を閉じた所謂本の形式として広く普及されたという。

安土桃山時代には、外国語が中に書かれた辞典や一般風俗について記された百科辞典など、これまで重さが大体一様だった(国語辞典しか存在しなかったため)辞典が、様々な種類の辞典によって、大体自分の望む重さの近くまで重さを変えることができるようになった。江戸時代になると寺子屋では何らかの辞典の購入が義務付けられ、購入できない子供については貸し出しが行われ、トレーニングが為されていたようである。後世ではこれを「読み、書き、算盤、辞典」といいその教育方法を称えた。

中京地区では辞典を「けった本」と呼ぶが、これは、当時海外から初めて輸入されたKetta社(イタリア)製の運動具である「けった」が、弱い尾張武士の体力トレーニング目的で大量に使用されたことによる。道路整備が未熟で地形が険しい日本では、交通手段としての「けった」は明治時代まで普及しなかったが、「けった本」の名称は残り、「けったマシーン」(=高級自転車、自動二輪車など動力付き自転車)などとともに派生語として定着している。

現代の辞典[編集]

体育倉庫にしまっているうちに虫などに食われやすい、落とすと破れてしまう、などの事柄が原因で紙の辞典の人気は急落、その座を金属を使ったバーベルに譲ることとなった。しかしその後古代から近代にかけて作り上げられた書籍としての利用が定着、大人気図書として読書感想文作文のテーマになり広く児童らに読まれることとなった。

紙以外の辞書[編集]

重いことが取り得、というか存在意義なのに、質量がなく筋力トレーニングに使えない辞典も存在するようになった。重いことに変わりはないが、ただストレスを与えるだけの上に、中毒になると逆に筋力が衰えてしまう。よって多用は禁物である。

  • 電子辞書 - これは幼稚園児を対象とした、筋力トレーニングを習慣づけるためのものである。スイッチがついていたり、よく分からないボタンがあったりと、子供の気を引くように最大限の配慮が為されている。
  • 頭の固い方アンサイクロペディアも辞典といえば辞典になる。ただし、頭の固い方はアンサイクロペディアと比べて(回線速度的な意味で)軽すぎるため、辞典と呼べるかは怪しいところもある。

特徴的な辞典[編集]

  • 広辞苑 - 国内最重量の辞典。逆引きや索引等と併用するとその重さは国内では類を見ない。熟練者でも取り扱いが厳しいというこの辞典は、筋力トレーニングをする上での最終目標に掲げられやすい。
  • ジーニアス英和辞典 - 某在阪球団が用例として使われていることで有名。球団のトレーニングルームにもあることが想像される。その名のとおり脳力をも鍛えられるとして注目を集めている。
  • 明鏡国語辞典 - 外部本として若者言葉を取り上げた辞典を有する。唯一ツンデレを記事に上げた辞典であろう。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「辞典」は何故か「辞書」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「辞典」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)