軽音楽部

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

軽音楽部(けいおんがくぶ)とは、頭の軽い人達が音楽をやるために作った部活である。通称騒音部軽音部。

「軽く捻ってやるか…。」
軽音楽部 について、惨敗フラグ
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「軽音楽部」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

詳細[編集]

バイオリンもどき丸太の集まりで遊んだりする部活であり、周波数を次々と変えた奇声を発する人などもいる。そんな人たちがゆずを目指して日々集まるような部活である。「ポップ音楽部」というのがより分かりやすい名称だろうが、それだと頭の固い先生方が納得しないので、何となく分かりにくい部活名になっている。「軽音楽」自体は「クラシック以外の音楽全般」、つまり「文学」に対する「エンタメ小説」的ポジションである。つまり、本人の主観で決まるため「不良の騒音」もまた軽音楽なのである。

ちなみに姉妹部(下記参照)にはある一定の日に「本番」とされるものがあるが、軽音楽部の「本番」は不定期で、部員の気が向いたら駅前で騒ぐ、といった体系をとる。また、部員の中でもいくつかのグループに属し、それらは「バンド」と呼ばれている。

バンドのなかには独自の色(個性)を出すために、いろいろな編成でバンドを組んでいるものもある。つまり、不良の溜まり場が軽音楽部だった。かつて「若者を不良化させる」と忌み嫌われたエレキギターをいち早く取り入れたのも軽音楽部である。

ちなみに恐怖のJASRAC警察が学校の部活の中で一番目を光らせている部活である。色々厳しいけど、守らないと著作権ヤクザ法の番人が飛んでくるので注意せねばならない。

姉妹部として「オーケストラ部」「吹奏楽部」「オルガン部」などがあげられる。とあるアニメの影響からか、もれなくオタクが増えていると思ったが、別次元の話だったぜ。

主な楽器[編集]

一般的にはバイオリンもどき丸太の集まりを使う。 また、異色のバンドとして下記のようなものがあげられる。下に行けばいくほど異色。

  • ベース1本、ギター2本、キーボード1羽、ボーカル1匹、ボイパ2匹
  • ベース1本、ギター2本、ボーカル1匹、ドラムセット1個
  • ギター1本、ボーカル1匹(こいつがドラムセットを兼ねる)
  • ボーカル2匹、ボイパ5匹、シンバル1本
  • コントラバス1本、バイオリン1本、ボーカル1匹、ピアノ1台、カホン1個
  • 和太鼓2個、締め太鼓2個、ボーカル1匹、琵琶2本
  • エアギター3本、コントラバス2本、カホン1本、ボーカロイド1体

有名な軽音楽部[編集]

そんなに有名になったらあの団体が・・・。私立桜が丘高校の軽音楽部なんかは有名だと思われる。過疎っぷりが。

関連記事[編集]

  • 吹奏楽部……軽くない音楽部
  • BECK……真に軽音楽部員を増やした音楽漫画
  • けいおん!……実は全く軽音部員を増やさなかった「音楽」漫画


あずにゃん こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章はすべて撤去すべきです!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです! (Portal:スタブ)