転勤族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

転勤族(てんきんぞく)とは日本の少数民族である。移動型の生活を繰り返すことから「日本のジプシー」とも呼ばれる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「転勤族」の項目を執筆しています。

概要[編集]

転勤族は、日本においては少数民族として迫害されている。その証拠に転勤族が多くみられる職種は、銀行員や商社マンなど金銭と密接に結びついているものがほとんどである。士農工商で商が最も下位に位置づけられていたことからも分かるように、これら金銭を扱う職業は伝統的にいやしいとみなされ続けてきた。

特徴[編集]

彼ら転勤族は元来から商業がさかんである都市を渡り歩いており、あたりに何もないような辺境の地に移住することは少ない。その移動を繰り返す習性ゆえに、各都市の方言が入り混じった言語を用い、各都市の迷信の入り混じった宗教を信じている。そういったことから「どうやら彼らは転勤族であるらしい」とみられ、差別され、排斥される。移住する先々で迫害を受けた結果、元来の習性も相まって定住の地を得られないでいるのが現状である。これらの迫害は国会で議論されることはなく、国連人権理事会で取り上げられることもない。これらは国会議員の大半を非転勤族が占め、国外で転勤族差別の実態が知られていないことが要因である。

転勤族の待遇[編集]

彼らが主に金銭にまつわる職業についているのは前述のとおりだが、彼らに対する根強い差別意識のわりに彼らの待遇は劣悪なものではない。給与水準も非転勤族よりも良いとされている。しかし、給与水準が良いことは差別を受ける彼らにとって良い影響があると思われがちだが、実際にはそうとも言い切れない。彼らはかつて、身一つで移住することも珍しくなかった。ただ、現在会社に雇われている転勤族の多くはそうもいかない。移住にかかる費用・手間は彼らに重くのしかかり、多少給与水準が良いだけでは割に合わない。つまり、彼らはその所属する会社から体よく酷使されているだけなのである。以上も転勤族に対する差別の表れの一つと言えよう。

転勤族のこれから[編集]

金銭にまつわる職業、特に金融業においてはIT化が進展している。その結果転勤族も移住の必要がなくなる可能性があるが、元来の彼らの性格と彼らへの差別は変わらないため、どうなるのかは不透明である。いずれにせよ、彼らへの根強い差別意識があり続ける限り、転勤族は日本中、いや世界中を飛び回る運命にあるのだろう。

関連項目[編集]

  • 窓際族 - 転勤族と同じく、日なたを好むその習性からか根強い差別を受ける民族。