軍靴の足音

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
労働新聞許可
親愛なる指導者、金正恩同志は見ている。
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として労働新聞思想委員会により認定されており、
全ての無産階級人民と朝鮮労働党員による閲覧が認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は社会安全省による再教育の対象とされます。
親愛なる指導者、金正恩同志は見ている。

軍靴の足音(ぐんくつのあしおと)とは、国家が大きな戦争に巻き込まれてゆく過程で聞こえてくる足音である。軍靴を「ぐんか」と読む間違いが多いが、「ぐんくつ」が正しい読み方。2chでは正しく読める人が多い。先の大戦の悲惨な記憶が薄れつつある現代日本は、すでに軍靴の足音だらけだ!

聞こえたら病院へ行きましょう。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「軍靴の足音」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

身近に迫り来る軍靴の足音[編集]

憲法改正
日本人が世界に誇るべき日本国憲法が、アメリカ傀儡極右の自民公明政権によって改正されようとしている。その動きに民主党までが賛同している様は、まさに戦前の体政翼賛会を連想させる。この改憲潮流は高まる一方であり、軍靴の足音に夜も眠れない日々が続く…。
ナショナリズム
韓国では独裁的大統領である朴槿惠、日本では安倍晋三を中心とした極右政治家の扇動によって、韓国と日本は今かつて無いほどにナショナリズムが高揚している。彼らは表面上は罵りあっているが実はの代からの親密な仲であり、韓日のナショナリズムを煽る事で両国の全体主義化を狙っている。軍靴の足音が日々大きくなってゆく…。
歴史問題
従軍慰安婦南京大虐殺について未だに反省の態度を見せない極右政治家達がいる。彼らの愚かな行動が、隣国への配慮に欠けた愛国主義的な若者を量産している。日本の若者に軍靴を履かせて戦場へ向かわせるような愚行は、二度と行ってはならない。

こんな所にも軍靴の足音が![編集]

オリンピック
平和の祭典であるはずのオリンピックが、自国の優秀さを誇示する場と化している。日本人選手の活躍に乗じて、ナショナリズムの勃興が起こる危険性がある。
クールビズ
クールビズと称して全職員がすべからく(原文ママ)ネクタイを締めていた前日から全員一斉にノーネクタイになる様子はまるで「軍隊的」!これは職場でネクタイを強制する国家社会主義的な精神とまったく変わらず大変危険である。
漫画・アニメ
巷にあふれている漫画の暴力描写が、子どもの感覚を麻痺させ、暴力を賛美し戦争を肯定するような人格が形成されてゆく。小林よしのりをはじめとする多くの漫画家は、既に自公軍国主義政権の手下だ!
監視カメラ
町中に設置された監視カメラを使って、公権力が国民生活を監視している。これによって、体制に批判的な国民は一人残らず逮捕されるであろう。その後に待っているのは、天皇賛美全体主義の危険な世の中だ!
原油高
世界の政情に敏感な先物市場が、今後世界的な原油不足を見越して高額で取引を行っている。燃料を大量に消費するのは大規模な戦争のときである。傾斜産業と言われた鉄鋼業が業績好調なのも、軍需製品の需要があるからに違いない。やがては「ガソリンの一滴は血の一滴」などと呼ばれ、戦時ムードが高まるに違いない!
自宅警備員
現在、たぶん200万人かそれ以上はいるとされている自宅警備員だが、供給過多により需要が大変に溢れかえっている状態。それなのに日本政府はまるで知らん顔。何故なら、いずれ処分されると分かっている自宅警備員達に赤紙を押し付ける計画を、着々と進行しているのだから!
パート労働者
労働組合も無い劣悪な環境下で働くパート従業員が増えている。現政権は、規制緩和を隠れ蓑にして、憲法に規定された労働者の権利を骨抜きにし、国家総動員法を復活させて戦争を始めようとしているのである。近い将来、労働者の権利は完全に剥奪されるであろう、知らず知らずのうちに!
ウィキペディア
ウィキペディアンは客観的なソースのある記事しか書かないが、このような態度は、(客観的であると偽装した)お上の出す情報を鵜呑みにすることにつながりかねない。つまり、権力に従順な若者が量産される恐れがある。
アンサイクロペディア
あらゆる事柄を斜に構えて見るアンサイクロペディアンの態度は、ニヒリズムに直結する。つまり、国家による抑圧に抵抗せずに、その状況に甘んじるような生き方につながる。アンサイクロペディアンの台頭は、近年の日本の保守化と無関係ではない。

なお、一部の人々の間では、なんでもない物事に戦争を関連付けるエクストリームスポーツも行われている。

関連項目[編集]


ミッキーマンソン.jpg この記事「軍靴の足音」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)