跳躍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

跳躍(ちょうやく、Jumping)とは、いろいろな場所から飛ぶ行為である。

パズルも跳躍する

概要[編集]

人間は翼はないから空は飛べない。しかし、人類の進化によって足を使ってある程度の距離は飛び立つことができる。 飛ぶ、と言っても様々な飛び方がある。人間に備わっている力だけで飛ぶ方法、道具を使って飛ぶ方法。そして、現代では人間の力では絶対に飛べない距離も容易に飛べるようになっている。また、その影響も様々で、気持ちを高ぶらせたりするもの、はたまた警察のお世話になったり、人生を決定的に変えてしまうものまである。

跳躍は簡単にできることだが、使い方を誤ると取り返しがつかなくなることがよくあるので、注意が必要である。

跳躍の種類[編集]

素晴らしい跳躍

ここでは跳躍の種類を跳躍の方向で分類する。変な分類と思われるかもしれないが、これで大きく分けることができるのだ。

上方向への跳躍[編集]

走り高跳び棒高跳びが代表例。人間の限界を目指して、体を鍛え上げ、全身を使って跳躍する姿は、人々の感動を呼び、勇気やパワーを体の中から沸き上がらせる。

ただ、一部のノンケでも平気で喰っちまういい男の場合などは、体のごく一部が跳躍することもあるが、それは気にしてはならない。

上方向への小刻みな跳躍[編集]

これは野球場やサッカースタジアム。同じ衣装を着た大勢の人たちが同じように叫びながら跳躍するのは、端から見ていればどこぞの宗教団体の儀式に見えなくもない。事実、その集団の視線の先にいる人たちにパワーを与えているのだから、あながち間違っていない。

また、一部のコンサート会場でもよく見られる。派手な衣装を着たアーティスト(笑)の曲にあわせて、それ以上の派手な衣装を着て跳躍するのが典型的な例で、まちがってもさだまさしのコンサートではまずおこらない。こちらは先述の例よりも、さらに宗教的でぴーも同然になってしまう。

横方向へ短距離の跳躍[編集]

走り幅跳び三段跳びが代表例。これは上方向への跳躍とおなじだが、なぜか地味である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
Mariwo.gif

横方向へ長距離の跳躍[編集]

現代社会は人間を何百キロの距離を跳躍させることができる。日本中のどこにでも、はたまた海外へもひとっとびである。ここまでくると人間の力以上のものが必要になってくる。ここでは主な2例を紹介する。

エクストリーム・かくれんぼプレイヤーが得意とする跳躍[編集]

エクストリーム・かくれんぼのプレイヤーなら誰もが習得する跳躍である。これはその人の身体的な強さよりも外見がすべて物を言う。普段着ない服を着て、名前も偽り、必要ならば整形をすることで、誰にも気づかれずに大跳躍ができる。跳躍先としては地方が多いが、お金持ちならば海外へ跳躍することが多い。

ただ、この跳躍はおおきなリスクを伴うが、失敗すれば失敗した場所から刑務所に跳躍することができる。

セクハラ親父が得意とする跳躍[編集]

これはその人の力ではなく、会社がその人を本社から遠くに飛ばすことを指している。これは会社の規模が大きければ大きいほど、対象者の会社での行いがチョメチョメであればあるほど、長距離に飛ばすことができるが、海外に飛ぶことはなく、過疎の町や人もいない小島等に飛ばすことが多い。

似たような例は昔からあったが、昔は技術がなくて飛ばすことができなかった。しかし、現在は大跳躍が可能となっている。

下方向への跳躍[編集]

下方向に跳躍ってあるの? あるんです。むしろ現代ではこの跳躍がもっとも多いのだ。

ある意味遙か高いところの世界への跳躍[編集]

高いビルから下への跳躍、電車のホームから斜め下への跳躍、高い崖から下への跳躍等、様々な場所か下への跳躍が毎日のように行われている。この跳躍は下方向へ飛ぶわけだが、最終的には遙か上の場所への跳躍になっている。

この跳躍のメッカと呼ばれているところも多く、中央線のホームや東尋坊などは、確実に大跳躍ができるとして、まさに聖地とされている。最近では、なぜかこの跳躍を阻止しようとする人たちが駐屯しており、跳躍者との静かなる戦いが毎日繰り広げられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャンプ」の項目を執筆しています。