足利銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利銀行」の項目を執筆しています。
「織田銀行はないけど足利銀行はあるもんね。これが格の違いってやつぅ~?」
足利銀行 について、足利義昭
「そんな名前だから経営破綻するのだ!!」
足利銀行 について、織田信長

足利銀行(あしかがぎんこう)は、日本の金融機関であり、本来はアシカアシカによるアシカのための地方銀行である。

設立[編集]

新生代半ば、哺乳類の中でクジラ類・カイギュウ類に続く第三のグループとして海洋に進出したのがアシカ亜目である。知られている最古のメンバーはエナリアークトスで、北アメリカと日本で資料が見つかっている。

初代となったエナリアークトスは、足利に拠点をおいた。このことは、アシカ科に淡水域を生息地とする種がいない(ただしアザラシ科も含めればバイカルアザラシが淡水域に棲む)ことを考えると不思議なことだが、大昔のことでもあり当時の足利が海だったと考えれば辻褄が合う。また、後に足利氏が幕府を開いた地も同様に古には海だったことからもこの仮説は支持される。

発展[編集]

平安時代末になると保元の乱、平治の乱、治承・寿永の乱、奥州合戦などの戦乱が続くがどの戦いでも勝ち馬に乗るか不参戦を通しており、「石橋をたたいても渡らない」「逃げの足銀」と呼ばれることになる。これにより鎌倉幕府内で有力な立場を得て、代々北条氏と縁戚関係を結ぶなど、情報収集機能を強化した。また烏山銀行、益子銀行、栃木農商銀行、久下田銀行、黒羽商業銀行、那須商業銀行、下毛貯蓄銀行などを吸収合併し、栃木県内の金融的支配を確立した。

日本史上初の幕末が訪れ建武の新政がなされると、このときも足利氏は勝者につき、鎌倉幕府を打ち倒す。しかし、足利尊氏は続いて後醍醐天皇と対立。これを吉野に放逐すると、ついに足利銀行は東証一部上場を果した。

隆盛[編集]

足利銀行は県内全体の統治により相応しい宇都宮へ本拠を移し、いよいよ最盛期を迎える。

それまでの中央による支配から脱却し向江氏が頭取に就任すると、ともすれば堅実で陰険だった風はなりを潜め 華々しさを前面に押し出すことになった。中途半端な近代化が進んだためアシカの皮や脂の取引規模は大きくなり、同時に全国そして海外へと店舗を展開、融資も条件を緩めてどんどん拡大していった。

「地銀の雄」と賞賛され、「アシカが、よろしく。」というCMはこの時代を象徴するものとして有名である。向江氏は将軍を通り越して日王と呼ばれるまでになった。

衰退の予兆[編集]

しかし、その華々しさの裏で衰退の陰が忍び寄っていた。

皮と脂をとるために乱獲されたニホンアシカは減少していき、最後の生息地となった竹島は戦後韓国により占拠され、これがとどめとなって絶滅、日本に一年中棲む野生のアシカはいなくなった。織田信長が擁立した(つまり野生ではない)足利義昭も、その信長に追い出されて室町幕府は滅亡するのである。

この時期の海外展開はニホンアシカ絶滅から海外のアシカに目を向けざるを得なかったということであり、融資拡大にしても本来の顧客であるアシカの衰微による影響をカバーするためであった。「アシカが、よろしく。」という言葉とは裏腹にこの時期の足利銀行のアシカ離れは著しかったのである。また、足利将軍の庇護を失った不安は拭えず、韓国に対すニホンアシカ絶滅の恨みもあってか、北の将軍様と誼を通じている。

加えて、足利銀行への批判としては「そもそも宇都宮に移った時点で宇都宮銀行にならなきゃおかしい」という強硬論もあるが、後述するようにこれは妥当ではない。

経営破綻とその後[編集]

アシカ抜きの足利銀行が、破滅するのは当然にして必然であった。無理な拡大も祟り、アシカ達の親しんだ海は不良債権に埋め尽くされ、北の将軍様の支援など期待すべくもなく、むしろ風評被害を気にしなければならなかった。こうして、足利銀行はこの世からの消去を決定され経営破綻し、新生室町幕府により国有化されたのである。

足利銀行の周辺を取り巻く状況として、確かにニホンアシカは絶滅したものの世界的にはアシカは健在であり、日本国内でも各地の動物園水族館で多数飼育されている。飼育下にあるこうしたアシカはショーなどによる安定した収入を得ており、優良顧客となっている。実はトドやオタリアもアシカに含まれるため、経営のそもそもの土台は決して悪くない。

近年では宇都宮サブプライムショック(低所得者向けの宇都宮が殺虫剤に混入していた事件)の煽りを受けるが、影響は許容範囲に収まった。もし、宇都宮銀行に改名し、宇都宮の取引に特化していれば損益はこんなものでは済まず、確実に終焉を迎えていたと言われている。

現在は国有化を脱し、野村グループの子会社として再生へと歩んでいるため、いずれクライマックスシーズンに進出することも十分ありうるだろう。


Uporg659371.jpg 株式会社足利銀行は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)