足利市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「足利市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「足利市」の項目を執筆しています。

足利市(あしかがし)は、栃木県の南西端、両毛の中央部にある半独立国。

足利市民は、両毛人としての誇りがあるためか、O市と違って凄まじく郷土愛が強い。しかし、中心街は空洞化の一途をたどっており、足利市民の誇りはズタズタに傷つけられている。

地理[編集]

栃木県に属しているものの、市民はそれを認めていない。それどころか、群馬県に属すると信じ込んでいる。それゆえに栃木県は、足利市に対する補助金を一切打ち切ることを表明したため、市内のインフラはどれもみなボロボロであり、これによる風評被害もあってか、人口は微減傾向にあるという。

お堅い百科事典によると、とくに両毛線足利駅前は廃墟的景観が卓越している。とのことである。

足利において「町」といえば、高崎市前橋市桐生市一帯を指す。足利が田舎であることの証といえる。宇都宮市日光市などは、足利にとって遠い存在であり、足利人はほとんど訪れることがない。むしろ、安足地区の佐野市や、群馬県にある桐生市太田市館林市との関係が深い。

足利の東地域は佐野市、西地域は桐生市、西南地域は太田市を慕っており、足利の求心力は極めて低い。両毛の首都ながら、なんだか残念な感じなのは否めない。

近隣の邑楽町大泉町ブラジル飛び地)から少しは慕われているが、近年太田市館林市佐野市に人気を奪われつつあり、やはり残念な感じである。

歴史[編集]

源静香の子孫である足利尊氏が作った別荘である。その後、紆余屈曲あって足利学校鑁阿寺などが創設されたりなんだりして、それなりに発展していたようである。

みんなのアイドルフランシスコ・ザビエルに「日本国中もっとも大にしてぇ最も有名なぁぁ゛坂東の大学であるっっ!」などと勝手に評価され、彼は勝手に昇天していった。しかし、過疎化はとまらない。

裏話になってしまうが、実をいうところ、足利は太平記の里ではないそうである。[要出典]

その後何百年も経って足利銀行を創設したが、餃子の街に引き渡すよう通達されてしまった。そのためか経済の縮小が顕著である。

文化[編集]

足利の南部には八木宿があり、そこが八木節発祥の地であるはずだが、どーにかこーにか理由をつけられて太田市八木節をかっさらわれている。

焼きそばにジャガイモを入れるのは足利が元祖なはずだが、ジャガイモを入れる文化が薄い栃木市の方が有名になっている。

イモフライは佐野市だけでなく足利でもあったものだが、気がつくと佐野市の地域食で有名になった。

佐野ラーメンは確かに佐野発祥だが、両毛全域で食されていたラーメンだった。「佐野ラーメン」と名が付いてからというもの、なぜか足利だけが反発し始めた。

総合すると、足利はアンチ文化の街である。

関連項目[編集]


あずにゃん こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章はすべて撤去すべきです!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです! (Portal:スタブ)