足が地面に付いていなくても手足をばたつかせることで数秒間空中に留まっていられるの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

足が地面に付いていなくても手足をばたつかせることで数秒間空中に留まっていられるの法則(あし-じめん-つ-てあし-すうびょうかんくうちゅう-とど-ほうそく)とは、主にアニメ走り幅跳びの世界で、手足をばたつかせることにより重力の大部分を打ち消し、空中に長時間留まることができるという簡単な法則である。

原理[編集]

一般に、人間は空中に留まることが出来ないということは既知である。では何故空中に留まることが出来るのか。

人間は空中にいる間、手足をばたつかせることで僅かながら空気を下へ下へと追いやることが出来る。 これは人間のかかとにある関節が空気抵抗を受け僅かに角度を変えるため、足を上げるとき、下ろすときにそれぞれ手足の形状が少し変化し、結果として上向きの力>下向きの力となるからである。 よって、作用・反作用の法則により自分は上向きの加速度を受け、下方向にはたらく重力の加速度の大部分を打ち消す。よってふわふわと落下するようになる。

証明[編集]

もし足をばたつかせても浮いていられないならば、走り幅跳びの選手が足をばたつかせる理由がなくなってしまう。したがってこの法則は正しい。

もし体重が十分に軽く、手足をばたつかせる速度が十分に速ければずっと浮いていられる計算になるが、常人にはまず無理である。常人が筋力を100%発揮して手足をばたつかせれば長時間浮くことが可能だが、筋肉の崩壊は免れられないだろう。また、常人でなくとも長時間浮いていることは出来ないが、それは主に4つの理由がある。

  1. 長時間足をばたつかせることにより、足の疲労により筋力が次第に発揮できなくなるため。
  2. 制限が無ければ、どこまでも高く飛んでしまうため。
  3. 神々が人類の夢を片っ端から壊しているため。
  4. ゲームの世界と現実の世界を区別するため。

    命は重い。

アニメキャラの手足をばたつかせる速度はそんなに速くないのに長時間浮いていられる。これはキャラクターの体重が非常に軽いということである。

傍証[編集]

  • でっていうと呼ばれている恐竜は足をばたつかせることにより、自分の身長の3~4倍の高さまで飛び上がることが出来る。
  • スキージャンプの選手は1980年代頃まで手をばたばたさせていた。実際スキージャンプでは数秒間浮いており、手をばたばたさせても同様の効果が得られることを示している。
  • カービィデデデ大王に至っては、空気を吸い込み手をばたつかせることにより、長い間空中に留まることが出来る。

足をばたつかせることで人間は浮いていられることが証明されたが、手足に限らず体のほかの部分をばたつかせても人間は一定時間浮いていられる。

  • マリオはしっぽをばたばたさせることで浮くことができる。しかし、しっぽの疲労により一定時間後には落下を始める。

結論[編集]

人は絶対、鳥にはなれない。

  • どうしても空を飛びたい人は 曲「翼をください」 を聞いて勝手に同情していて下さい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マンガ物理学」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「足が地面に付いていなくても手足をばたつかせることで数秒間空中に留まっていられるの法則」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


コピー_~_黒な奴.gif ホゥ…この「足が地面に付いていなくても手足をばたつかせることで数秒間空中に留まっていられるの法則」はどうやらこのわたしのデジョンで次元の狭間に送り込み加筆してもらう必要があるようだな…… (Portal:スタブ)