超女の子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

超女の子とは、萌えの象徴である。

概要[編集]

超女の子とは、男性が女性に対して感じる様々な「女の子らしさ」を抽象的な観念に統合した用語で、20世紀のヨーロッパにおいて発生した思想でもある。

超男の子[編集]

「超女の子」という概念は、「超男の子」という観念に対抗する形で派生してきた思想であり、男尊女卑的な文化の残っていたかつてのヨーロッパでは、男性主体の「超男の子」思想が先に発展した。

「超男の子」という思想は、ドイツ文学を代表する作家・詩人であるヘルマン・ヘッセ によって提唱された。超男の子は、超女の子より抽象的な概念であり、彼の著作のあらゆる男性の登場人物に見られる性格や特徴から生み出されたものなので、非常に複雑で、難解な思想体系になっている。そのため、ヘッセが逝去なされてしまった後も、様々な文学者・哲学者によって多角的なアプローチによる研究がなされているにも関わらず、未だにその思想の奥義はヘッセ以外に知るものがいないと言う事だ、チャンチャン。

ヘッセの「超男の子」思想における理想型[編集]

ヘッセの考える「超男の子」とは、以下のようなものである。

  • 超男の子は教師から神童と呼ばれると同時に、現実世界でも二次元セカイでも愚者でなければならない。
  • その顔は化粧を塗る以上の白さが維持されていなければならないが、同時にその額には常に血か泥が塗られて

いなければ成らない。

  • 「超男の子」以上に理想的な男の子が存在してはならない。
  • 超男の子は無口で頑固な気質である必要があるが、社交性のある男子のほうがより理想的である。
  • 超男の子は体力・気力が充実していなければならないが、運動は苦手である。
  • 超男の子はナイーブで繊細な面と理知的で粗雑な面とを併せ持つ。

超女の子の発生[編集]

「超女の子」はフランスの作家。フランソワーズ・サガンによって生み出された用語で、「女の子らしさ」をあらわす様々な語彙を集めそれらを一様に拡大することで

フランスの作家フランソワーズ・サガンは超男の子に対抗するような形で、「超女の子」という女性の理想像を提唱した。彼女は同時に「文学青年」というステレオタイプを、男性本位の思想に基づいているとして激しく非難した。

このような彼女の挑発的な態度に当時の文壇は少なからず反発したが、新しい文学思想の創出を志す当時の文学青年は同人誌などにおいて、「サガンちゃん 萌え~」「サガンちゃんは俺の」などといった発言を残していることから、彼女に対しては割と好意的な態度をとっていたことが伺える。

超女の子は、夏の海辺などを舞台に砂岩の近くでゴロゴロしているような、それなりに健康的でなおかつ可愛い女性を意味する言葉であり、特徴としては、

  • 遊びに絶対的価値を見出している。
  • よくわからないけどなんかブラブラしている。
  • ブラブラしていると男の子に声をかけられる。
  • テンで勉強してないのに頭がいい。
  • 狡賢く、自分の才能を策略に使うのがお好き。
  • 周りの人を煽動することにも長けている。
  • でもなんか憎めないんだね。
  • だから周りのひとが言うことを聞いてくれる。

などといったものがあるとされる。この思想は単純明快だが、同時に様々な解釈の余地を残しているため、 この思想はヒンニュー教やその他様々な思想や宗教の発展に寄与しているといえよう。

関連項目[編集]