走ルンです

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。
ロゴ
基地で出番を待つ「走ルンです」

走ルンです(はしるんです)とは、JR東日本によって開発された通勤形電車・209系電車と、それ以降の同社の通勤型・近郊型・一般形電車の俗称あるいは蔑称である。また、これらの車両と類似する設計の私鉄電車やキハ120系気動車等もこのように呼称されることがある。

本家「写ルンです」が「レンズ付きフィルム」を名乗っているのに対し、「走ルンです」は「プレハブ付きモーター」と揶揄される。

概要[編集]

209系電車は、新系列と呼ばれ、JR東日本の主力として使用される車両の元祖にあたる鉄道車両である。

運転のしやすさとあぼ〜んのしやすさを求めて、車両の大部分をCUI化した。これにより、UNIXC言語を知らない者は自然と淘汰され、ベテラン運転士でも事故を起こす危険性が飛躍的にアップしたといわれる(40%/従来比・効能には個人差があります)。マイクロソフト製キーボードを装備。走行中、必死に運転命令のコードを書いてコンパイルを繰り返しながら運転を行うのだ。

企画には富士フイルムも協力しており、JR東日本と提携してインスタントカメラの使い捨て技術を応用したノウハウを提供している。設計は姉歯建築設計事務所、型づくりはグリーンマックス。車体はプラスチック製か、トラバントに習ってダンボール製であり、組み立ては接着剤で行いバラック小屋同様におおざっぱで、かつ適当であってもとりあえず動いてしまうのは仕様である(別名バラック電車)。公にされてはいないが川崎重工製の電車はレジン製であると言われており、歪みが顕著なのもそのためである。2次車以降は、大破を恐れてか、軽ステンレスが採用されており、ダンボールを挟む形式になっている。従来の鉄道車両は、何か問題があったらとりあえず列車を止めることにより安全確保を狙うため、ダイヤに多大な悪影響を及ぼしていたといわれる。塗装済みであるため、クーラへの墨入れ程度で運行できるのも製造過程の簡略化につながった。簡易金型を利用したため再生産が出来ず、部品がなくなったら即廃棄してよい構造のため、製造コスト半分寿命半分重量半分といわれた。2007年現在、登場から10年を優に超して運用されているが、ついに15年で京浜東北線の川崎重工製の車両があぼ〜んされる。よくここまで動いて来られたものだ。しかし暴走では改造された209系がまだ走ることになった。

関西では走っていないとしたいところだが、一部紛れ込んでいるらしい。

特徴[編集]

ダンボール製試作車

JR東日本としては初めて、WWFインバータ制御とかご形三相交流誘導電動機を本格使用し、乗客が交流を深めた。しかし行きすぎた交流により__問題が生じたことから、後継車のE231系ではトイレの設置がなされた(後述)。

前述の通り、Xboxを使用した901系(→900番台)と0番台では、幽霊のような起動時の騒音が耳障りとされた。 これは中の人白いNAのGTOサイリスタ(当然、HL制御ではなくAL制御;自動進段である)を使用したことが原因であり、IGBTによるVVVF制御が普及するまではこのような騒音はごく一般的であった。

試作車の一部を除き、窓の開閉が出来ない換気不足の仕様のため、事故などで車内に缶詰めになると乗客が窒息死する危険がかなりある。実際に病院送りになった事故もある。このため後付けで改造し、窓が開くようにされた。

その為後述のサハ208を含め、非常にかっこよく、更に清掃もきちんと行っている。ごまかしのため防音カバーを設置する話もあったが実現されなかった。のちに小田急電鉄にて実用化され、防音カバーと呼ばれている。

座席間に縦手摺が結構立っており、様々な体格の客が座る時にある区画で幅不足、或いはデッドスペースが生じやすい。特にデカイ客が座った時は・・・ご想像にお任せします。

カーテンが省略されており、炎天下では外からの熱を遮断軽減する事が出来ず、クーラーが熱に押され負けし、通常&弱冷だと本来吹出すはずの冷風が熱風に変換されてしまう。強冷設定にしなければ役に立たない。これじゃGSなんて出来やしない。エネゴリである。

電動車比率が低いことから空転・滑走が多い。

ブレーキにヒュルヒュル笛が装備されており、へたくそなブレーキ操作をすると乗客にばればれとなる。このため後述の千葉支社向け車両など、後期に生産された車両では防音ブレーキを装備している。

また、京浜東北線などでは205系で初めて導入された付随車・サハ208が連結されている。両開き6扉で、輸送力の増強に一役買っている。

登場から2か月後209系に2階建てのグリーン車を2両連結した列車を運転させたが、あるときポイント通過時の衝撃で外側の段ボールがはがれ、使い物にならなくなったため、長野市の某所でカッティング又は解体され、現在は公園でオッパッピーしている。

ウラ67編成のクハ209-69は、蒲田電車区構内で禁則事項ですした影響で段ボールが歪んだため、段ボールが代替新造された。禁則事項ですなどの一部は元の車体のものが再利用されているが、これは魔改造扱いで書類上廃車とはされていない。

初期トラブル[編集]

初期車では、電装系のXbox化という慣れない新機軸が行われたこともあり、電源から火を吹く(リコールとなる)、乗り降りの際に心に深い傷を負う(メーカーは、乗客同士の自然な摩擦によると公式回答、のちに改修)などの派手なトラブルが相次ぎ、乗客の顔がくしゃくしゃに歪むなどの問題がみられた。

また、操作系のCUI化が災いしてか、ペンギンを車内に連れ込むことができてしまう、車内で交わされた放送禁止用語を世界中にばらまいてしまうなど運用上セキュリティの問題もみられた。

派生車種(電車)[編集]

東北版走ルンです
暴走(はし)ルンです
長野の走ルンです。申し訳程度にちょこっとボックスがある。
走ルンですの最大勢力。

製造順に並んである。

  • 701系・・・東北の元祖走ルンです。鉄ヲタにも地元住民にも、挙句の果て沿線の自治体にまで嫌われている。しかも顔だけは田舎を馬鹿にしたような50系や103系のトレースで実に古臭い。客車列車を無くした張本人。早く消えろといっても無駄無駄。それに走行音はうるさい。
  • E217系・・・横須賀線総武快速線で酷使され続けたため、塗装がはげていたり(路線の帯が剥げたグリーン車の「ハゲサロ」は有名)ギシギシ怪しい音を立てているものもあるが、まだ使うらしい。
  • E127系・・・新潟、長野の走ルンです。かわいそうなことに外見が701系にそっくり。新潟のやつはほとんどがえちごトキめき鉄道に献上された。
  • E501系・・・ 走ルンです? 常磐線用だが、上野から追放された。そのせいか、自慢の歌を歌わなくなってしまった。←京急で聞けるよー←もう聞けなくなった・・・←2100は歌わなくなったがN1000のことを忘れないでくれぇ!!
  • E231系・・・一番ポピュラーな走ルンです。総武線では209系と共に暴走ルンですとして活躍(ちなみに、中央・総武線では60年前に三鷹駅で「暴走るんです」の試作車が本当に暴走してえらいことになった事件があった)。山手線の6ドア車は大人の事情で早いうちに検閲により削除されてしまった。
  • E531系・・・130キロ運転なんて無茶だ。空中分解しても知らんぞ。
  • E331系・・・京葉線に導入されたが、すぐ壊れて使い物にならなかった。しかも車両の長さが違う。台車音がやかましくて不評。今は車両センターでグレている。たまに車両センター内を徘徊している。2014年のある時、死神に誘拐され、お墓長野で重機に殺害された。
  • E721系・・・二代目東北版走ルンですで、E233系の同期。待望のセミクロスシート車だが、701系を駆逐する様子は無い模様。
  • 209系2000/2100/2200番代・・・何と、あの元祖走ルンですが帰ってきた!走ルンですの耐用年度を軽くスルーし、わざわざ日本各地の工場へ配給して改造を施してまで経費を切り詰めた編成。どうせ房総で塩害を受けるんだから、と廃車寸前の中古車を無理やり改造させた。座席が非常に硬い。ちゃっかり南武線にも導入されたが、わずか6年で重機の餌となった。
  • EV-E301系・・・烏山線用に投入された蓄電池電車。フルカラーLEDは採用されないなど相変わらずの手抜き様で、将来の電池劣化が懸念される。
  • E129系・・・新潟地区はJR東日本の車両製造工場が立地し、頻繁に首都圏向けに出荷される新車が通るにもかかわらずローカル運用は50年物の115系が平然と居座っていたため、JRが太っ腹になり新潟地区に投入した走ルンです。雪が100トン乗っても大丈夫なように作ってある・・・といいんだけど。
  • E235系・・・山手線用に2015年11月30日導入された噂の電子レンジ新型走ルンです。発表直後からダサいと評判である。そしてやっぱりE235は結構バグってますなぁ~。11月30日の15時18分、大崎駅を出発し、初ダイヤ運行開始わずか5分後目黒でオーバーラン、その後もドアが締まってもドア閉表示にならない、極めつけは22時頃電気系統のエラーで大塚駅で走れなくなるという…。12月1日~当面は運転中止。E235が受け持つダイヤは従来のE231で埋め合わせるとのこと。E235一連の不具合は、不具合の様子から定位置で自動停止させて、ホームドアと車両のドアを連携して制御するTASCとその周辺のシステムに不具合がある模様。まあ、ともかくE235も11月30日のアレを見ると、これじゃ1編成先行車出ただけでトラブル続きで廃車になった京葉線の「ニートレイン」ことE331の二の舞になるんじゃ…?

派生車種(私鉄)[編集]

派生車種(JR西日本他)[編集]

0番台車の終焉[編集]

国鉄103系電車など、新性能電車と呼ばれるグループの車両は、運転のしやすさにかけては、以前の爆音汚物車よりも優れていた。しかし耐久性の点では、むきだしのモノコック構造が災いして標準形電車にかなり劣ることが知られていた。その割に徹底的に使いつぶされた上、暑い地方ではまだ使われている。

209系初期車においては、新性能電車に輪をかけた、さらなる軽量化が災いした。寿命半分という予言通り、急激に老朽化が進みしわくちゃになってしまった。

このため0番台車は、南武線用を除いて数年で全廃される見通しであるが、何故か転用の噂が絶えない。先に離脱した試作車は予備としてしぶとく残っていた。また「京浜東北だけずるい」という批判も絶えないが、実験台にされているだけの話。

なお、一部の初期車は2100番台を名乗り動労千葉もろとも113系と211系を放逐。房総で猛威を振るうとみられる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本209系電車」の項目を執筆しています。
はしるんです この「走ルンです」は壊れています。修理をしていただく方を探しています。 (Portal:スタブ)