赤羽線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
鉄分過剰
このページは鉄分が過剰ですが、記事名が既に鉄分過剰なので鉄分を大量に摂取してから閲覧して下さい。

赤羽線は、池袋駅赤羽駅を結んでいると言われている、謎に満ちた幻の路線である。現在の最強線。

ミステリーに満ちた路線[編集]

JR東日本の路線図。赤羽線があるべき場所に無い。

池袋赤羽を結んでいるということで路線図を見てみると、ここには埼京線湘南新宿ラインというものが通っている。ところが「赤羽線」という表記は何故かどこにも見当たらない。赤羽線はこの区間を通っているはずである。というと廃線になったのかというと、このようにJR東日本の公式サイトにもあることから、今も現存しているようである。ところで昔はあったのかというと、数々の文献に赤羽線と書かれていることから、かつては確実に存在していたものとおもわれる。

このように実在するのかどうかが非常に怪しい。今も本当に存在するのかどうか、このページで説明していく。

赤羽線は山手線だったのか[編集]

「赤羽線」というのは、元々「山手線」の一部だった。1885年に民間の日本鉄道が品川~新宿~赤羽間を結ぶ鉄道を開業させ、この路線を「品川線」と呼び、品川で官設(国鉄)の東海道本線と直通した。1903年に同じく日本鉄道が池袋~田端間を結ぶ鉄道を開業させ、この路線を「豊島線」と呼び、田端で日本鉄道の東北本線と直通した。1906年に日本鉄道が国有化され、1909年に「品川線」「豊島線」ともに「山手線(やまのてせん)」と呼ばれるようになり、前者が本線で後者が支線となった。しかし、その後1919年の中央線との一時的な直通運転を経て、1925年に山手線は東北本線・東海道本線経由で環状運転を開始したが、環状線は品川~渋谷~新宿~池袋~上野~東京~品川というルートで走っていたため、本来「山手線」の本線である池袋~赤羽間は実質上支線のような状態であった。これに伴い、1972年に品川~池袋間を含め、池袋~田端間が正式に「山手線」の本線となり、池袋~赤羽間が「赤羽線」となった。現在でも地形上では池袋駅では赤羽線の方が直進しており、山手線の方がカーブしている。埼京線恵比寿延伸、遭難顰蹙ライン、りんかい線直通、となる度に山手線(快速)と称するべきだという声があがった。しかし、品川に行かないことから、大崎(恵比寿)到着時の案内放送が面倒だ、西大井ダッシュを防ぐようなダイヤを作るのは難しい、ということで実現していない。

赤羽線は埼京線なのか[編集]

赤羽線は現在も存在するようである。
赤羽線の駅。

最もよく言われる説で、右上の画像のように、今では埼京線と呼ばれているだけであって本当は赤羽線か、名前が変わったかという説である。これならば「赤羽線」の表記がどこにもないということにも筋が通る。ところが、右の画像の一枚目を見てほしい。JR東日本の運賃計算のページを見ると、埼京線とは表示されずに赤羽線と表示されるのである。なぜ馴染みの無い赤羽線を使うのか、さっぱりわからない。画像二枚目からも赤羽線というのが存在していることが証明されており、埼京線とはどこにも表記されていない。また、その赤羽線内には踏切が多数存在しており、高架化されていない。このことから、赤羽線は埼京線という説には疑問が残る。

赤羽線は既に死んだ[編集]

これもよく言われる説である。実際に赤羽線があるという池袋〜赤羽間を乗車してみても、どこにも赤羽線の表記は無い様である。つまり赤羽線はかつて存在したが、乙女ロード東京国際展示場に向かうオタク渋谷に行くナウな若者が急増したため埼京線は勢力を増し、赤羽線は埼京線に飲み込まれてしまったのである。赤羽線=埼京線という説とほぼ同じだが、赤羽線が今でもあるかどうかが異なる点である。しかし右上の画像を見る限り、未だ死んではいないようである。

赤羽線は異次元に飛ばされた[編集]

一見、ふざけた説だが十分ありえる。何故埼京線と同じ区間を走っているのに、まったく表に出てこないのか。これはそこをかつて赤羽線が通っており、今では埼京線が走っているが赤羽線は今も生きているということである。最も筋が通っているが、超常現象のようなものであり一般的には受け入れられていないのが現状である。

又、一部の人から「線路脇に赤羽線と書いてあった白い何かが立っていた。」「踏切に赤羽線という表記を見た」などという証言が出ていることから埼京線のどこかに赤羽線に行くための入り口がある可能性がある。が、線路内はJR東日本の敷地であり入ると逮捕される上に、エクストリーム・グモにも参加しなければいけないので生きて帰れる保障がないので調査結果は無い。それに赤羽線に行けたとしても帰ってこれるかわからないので、もしかしたら帰れずに困っている人がいるのかもしれない。

踏切から入ればいいという考えもあるが、毎日沢山の人・車が行き交っているのに何もおかしなことは起きていないので、踏切から異次元に行くことはできないようである。状況証拠はあるものの決定打に欠ける説である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤羽線」の項目を執筆しています。