赤穂市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤穂市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「赤穂市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「赤穂市」の項目を執筆しています。

赤穂市(あこうし)は、兵庫県西部の都市である。

赤穂の塩と赤穂浪士の町としてあまりにも有名だが、県内他市の威光にかき消されることが多いため、当八百科事典でも長らく赤リンクに甘んじていた。

概要[編集]

忠臣蔵の舞台の一つだが、松の廊下事件や吉良邸討ち入りなど物語の中核はあくまで江戸での出来事であり、赤穂城で流血沙汰があったわけではない。

赤穂義士祭」という名の、テロリストを顕彰する物騒な祭りが行われることで有名である。重罪人を賛美するとはけしからんという意見もあるが、命令もなしに主君の無念を勝手に晴らした彼らは本物の忠臣であり賞賛に値する。

兵庫県内の自治体を五十音順に並べた場合、赤穂がトップに立つことはまずない。相生市明石市が赤穂市のトップを防いでいるためである。明石市が神戸市に編入し、なおかつ相生市が赤穂市に編入すれば、八百科事典日本語版のカテゴリ「兵庫県の自治体」でトップに立てるだろう。

地理[編集]

兵庫県の西播磨に属するが、岡山県備前市と接しているため、岡山県の市であると勘違いされる。大昔は吉備国だったことから間違えられても致し方ない。

兵庫県の自治体であることを強調するため、わざわざ旧国名を冠して「播州赤穂」と表記することが多いが、長野県に赤穂(あかほ)という地名があるため区別する必要があった。長野の赤穂町は現在駒ヶ根市となっており、信州赤穂より播州赤穂の方が有名であると思われるが、播州赤穂駅の名前はそのままである。

真水の乏しい家島まで海底管によって水を送っていたが、家島町は赤穂市ではなく姫路市との合併を選択し、まんまと裏切られた形となった。

歴史[編集]

浅野氏の城下町であり、古くからの産地として知られる。かの有名な元禄赤穂事件は、赤穂のバカ殿で短気な浅野長矩が乱心もしくは遺恨を理由として、陰険な吉良義央を斬りつけたことに端を発する。浅野長矩は塩分の摂りすぎで血圧が上がり、怒りの沸点が下がっていたいう説がある。

即日切腹となった浅野に対し、吉良はお咎めなしであったことから、一部の家臣は不満たらたらであった。吉良邸への討ち入りを決行したことで一躍有名となった赤穂四十七士は、後世に誇張と創作が重ねられたことで「元禄のアイドル・AKO47」と呼ばれ、現代に至るまで持て囃されている。

吉良上野介義央ゆかりの地である群馬県藤岡市では、「吉良方が悪者とされるなら、赤穂方も極悪非道である」と主張しているが、兵庫県と群馬県との間で骨肉の争いが繰り広げられていることはなく、福島県山口県の関係のように捏造された構図に踊らされているわけではない。四十七士は、赤穂だけでなく笠間真壁の出身者も多い。したがって茨城県の住民も関心を持つべきである。

交通[編集]

山陽本線のバイパス線である赤穂線が通じており、赤穂線と山陽本線は「海線・山線」の関係にあたる。海側の赤穂線はいまだに単線であるなど、呉市を走る呉線と似たような境遇にある。

播州赤穂駅はぎりぎり大阪近郊区間に入るため、大阪方面から乗り入れる新快速の恩恵を受けている。播州赤穂行きの列車のお陰で、京阪神での知名度はそこそこ高い。でも播州赤穂から滋賀県の米原まで一日4往復することで車両側に立てばかなり重労働である。

関連項目[編集]

この項目「赤穂市」は、執筆者が職人だった可能性もありますが、このままでは未完です。究極の一品に仕上げて下さる同業者を求めています。 (Portal:スタブ)