赤狩り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

赤狩り(あかが-)とは、熟したイチゴを収穫すること。また転じて不都合な知識を覚えて熟してしまった人々を抹消すること。

概要[編集]

赤狩りは由来のイチゴの収穫に言葉があてはめられた造語である。その当時の日本はまだいわくのアカという存在を認知していなかった[1]。しかし大正時代になると第一次世界大戦でのロシア革命により共産主義・社会主義という制度が確立、資本主義の欠点となった不公平さから共産主義に傾倒してしまうことを当時のらは恐れた。そこで要らない知識を覚えてしまった人々を「赤く熟した人々」という名前をつけ、社会的に存在を抹消させる赤狩りが動き始めたのであった。

由来[編集]

そもそもの語源はイチゴの栽培に由来する。イチゴとは明治時代にオランダからオランダイチゴを輸入したことが始まりとされている。その中で赤狩りは作物としてイチゴが栽培されるようになって「どの時点で収穫すればいいか分からない」という日本人の愚直な質問に対し、オランダ人が赤いイチゴを狩ればいいよと説いたことが由来と考えられている。当時は赤くなってから収穫するという考えはまったくなかった[2]。そのため珍しがった研究者はこのような収穫方法、また収穫に対して赤狩りということばを用いるようになったのである。その後栽培されるトマトにもこの考えが生かされたために、イチゴとトマトが似ているという日本人にありがちな考えも赤狩りという言葉が繋げているからだと結論づけられている。

政治的背景への変化[編集]

さて概要でも述べた通りロシア革命後は資本主義の不公平さ、共産主義のユートピアさを売りに出したソ連のアピールが功を奏し、資本主義国のイギリス、フランス、アメリカや日本であっても共産主義者が蔓延することとなった。そこで共産主義的な知識を覚えた人々を赤く熟した人としてお灸を据えることとしたのが赤狩りである。日本では治安維持法が有名な赤狩り政策といえよう。だがこの赤狩りはまったく意味を為さなかったものばかりだったのだが、幸運かこの時共産主義の口のフタを締めきってしまった日本ドイツイタリアらは今後の国際情勢に多大な影響を及ぼす国となっていったことは何かの陰謀とされている。

その後、冷戦により関係の冷え込んだアメリカソ連は互いの国を拒否する姿勢を見せ始める。ソ連は粛清という名のもとに花粉症の人々をスギ林に連れ出し、何年も住まわせる拷問を執行した。アメリカは後世このことを批判するのだが、一方のアメリカも赤狩りという名のもとに役所のトップや部長をタクシーに連れ出し、田舎に帰らせることを行っていたために、批判も適度に無視されている。また赤狩りはアメリカ主導のもと日本から中国からと大規模に行われ、イチゴは狩れたものの残った茎のような謎をそのままに赤狩り自体を暗闇に溶け込ませたのもまた事実である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ そもそも世界のなかでも赤が共産主義に連想されることはなかった。
  2. ^ 参考までに琉球から既に珍野菜として持ち込まれていたゴーヤーも、未成熟の実を食べていたため、基本的に実の野菜は緑であるという印象を持っていたことがわかる。