赤毛のアン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
「お掃除だ 今だ必殺 アッパーだ」
赤毛のアン について、花中島マサル

赤毛のアン(あかげの-)は、赤毛のアン主人公アニメ

解説[編集]

赤毛のアンは1979年に放送されたアニメだが、内容が当時としては先鋭すぎ、当時は一部の知識層以外には趣旨が理解されなかった。

デジタル通信[編集]

アンとダイアナの家はお互いに見える位置にあり、を使って通信を行っていた。ケーブルも不要で故障もない。唯一の欠点は、相手がこちら側のを見ていないと、いくら信号を送っても気づいてもらえないということである。「光る/光らない」で相手に意思を伝達する。一種のデジタル通信であった。

金融機関経営破綻[編集]

マシュー氏(農業・男性60代)は周りから危ないといわれているのに一つの銀行に全財産を預けていた。案の定、その銀行が倒産。全ての預金を失い、そのショックで心臓発作を起こし帰らぬ人になった。残された家族は家を手放す事になり、マシュー氏の養女(16歳半)は大学進学を断念した。当時はペイオフ制度がなく、預金は戻ってこなかった。
これは国民に資産の分散を呼びかける意味があったが、1979年の社会情勢ではその意義はほとんど理解されなかった。
資産分散の必要性や預金保護やペイオフが世の中で話題となるためには、さらに20年以上の歳月を必要としたのである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤毛のアン」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]